5471件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

須賀川市議会 2019-06-17 令和 元年  6月 生活産業常任委員会-06月17日-01号

今後、産業会館の道の駅との整合性等につきましては、これまでの産業会館の利用状況でありますとか、あとまたその役割、こういったものを踏まえながら、今後その道の駅の整備は予定されておりますが、道の駅施設の内容、あとは機能、こういったものを踏まえながら、今後公共施設産業会館も含めてでございますが、公共施設の在り方を位置付けいたします公共施設施設個別管理計画、こちらの内容を検討する中において、そういった

福島市議会 2019-06-14 令和 元年 6月定例会議−06月14日-05号

  31番  粕谷悦功            32番  山岸 清   33番  真田広志            34番  宍戸一照   35番  渡辺敏彦 ───────────────────────────────────────────── 説明のため出席した者   市長        木幡 浩       副市長       紺野喜代志   副市長       山本克也       政策調整部長

須賀川市議会 2019-06-13 令和 元年  6月 定例会−06月13日-05号

直近での2時間を超えた駐車場利用料金の収入額、今年度の駐車場利用料金の見込額について、また、市民の皆さんの声で、貸館使用者の方の無料措置として乗り合わせが実施されておりますが、利用の現状について及び駐車場利用の推移をどのようにお考えかお聞きをいたします。 ◎市民交流センター長(佐久間貴士) ただいまの御質問にお答えいたします。  

福島市議会 2019-06-07 令和 元年 6月定例会議−06月07日-03号

政策調整部長(川村栄司) 議長政策調整部長。 ○議長(半沢正典) 政策調整部長。 ◎政策調整部長(川村栄司) お答えいたします。  福島駅東口地区市街地再開発事業に係る本年度予算につきましては、事業主体である福島駅東口市街地再開発準備組合施行する再開発事業に対して、現況測量や既存建物調査、基本設計など、必要な業務に対する支援を行うものであります。  

福島市議会 2019-06-06 令和 元年 6月定例会議−06月06日-02号

早速質問でございますけれども、本市におけるサポートが終了している、または来年サポートが終了する予定のOSを利用している情報通信関連機器の台数について、ネットワークへの論理的な接続の有無も含めてお伺いいたします。 ◎政策調整部長(川村栄司) 議長政策調整部長。 ○副議長(粟野啓二) 政策調整部長。 ◎政策調整部長(川村栄司) お答えいたします。  

福島市議会 2019-05-31 令和 元年 6月定例会議−05月31日-01号

  31番  粕谷悦功            32番  山岸 清   33番  真田広志            34番  宍戸一照   35番  渡辺敏彦 ───────────────────────────────────────────── 説明のため出席した者   市長        木幡 浩       副市長       紺野喜代志   副市長       山本克也       政策調整部長

福島市議会 2019-04-26 平成31年4月26日議会運営委員会-04月26日-01号

次の端末の利用環境、こちらにつきましては前回の報告書ですとクラウドと庁内にサーバーを確保する、両方の方法が想定されるような記載になっていたのですが、現時点で議会運営委員会といたしましてはクラウドのみにデータを保存して、それを運用するという前提でございますので、そちらの運用に沿った項目に変更させていただいているところでございます。  

喜多方市議会 2019-03-26 平成31年第3回臨時会(1日目) 本文 開催日:2019年03月26日

9款1項1目地方交付税1億8,858万5,000円の補正でありますが、普通交付税の本算定時の調整額の復活計上分、3月交付分の確定による特別交付税1億6,293万8,000円、震災復興特別交付税1,270万9,000円の追加の計上であります。  なお、普通交付税の総額は86億2,155万8,000円となり、前年度と比較しまして2億9,400万3,000円の減額となっております。

福島市議会 2019-03-26 平成31年 3月定例会議−03月26日-08号

  31番  粕谷悦功            32番  山岸 清   33番  真田広志            34番  宍戸一照   35番  渡辺敏彦 ───────────────────────────────────────────── 説明のため出席した者   市長        木幡 浩       副市長       紺野喜代志   副市長       山本克也       政策調整部長

福島市議会 2019-03-22 平成31年3月22日予算特別委員会全体会−03月22日-01号

                   川村栄司   政策調整次長                  野田幸一   政策調整課長                   後藤孝信   政策調整地域創生係長              深谷 淳   総務部長                     羽田昭夫   総務部次長                    信太秀昭   総務課長                     

福島市議会 2019-03-20 平成31年3月20日総務常任委員会−03月20日-01号

◆宍戸一照 委員  きょう中というふうなあれだと、例えば前回も政策調整部で、土地開発公社の買い戻しというのがあったのよ。きょうになって出てきたわけだ。本来なら、こういう図面というのは資料に添付されてくるべきものなのよ。どこもわからない。そして、添付されて、見てみたらば、ここの田中前5の5のわずかな平米数については、公衆道路の市道の隅切りの角地なのだよ。

福島市議会 2019-03-20 平成31年3月20日予算特別委員会文教福祉分科会−03月20日-01号

◆小熊省三 委員  24ページのところの軽費老人ホーム事務補助金というのがあるのですけれども、その中に利用者の利用料減免の補助を行うということですが、具体的にこれどういうことなのでしょうか。 ◎長寿福祉課長寿福祉係長 低所得者である入所者が支払う利用料、生活費、事務費、管理費のうち事務費の一部を階層区分に応じて減免した場合、その減免分を補助することとなってございます。

福島市議会 2019-03-20 平成31年3月20日予算特別委員会経済民生分科会−03月20日-01号

今後さらに進行する高齢社会に対応するため、平成31年度からバリアフリー改修枠を新設しまして、補助対象事業費の額をこれまでの30万円から3万円に大幅に引き下げるとともに、10年間の再補助制限期間についてはこれを撤廃し、利用対象を広げ、より利用しやすい制度となるよう見直しを図ったところであります。

福島市議会 2019-03-19 平成31年3月19日予算特別委員会建設水道分科会−03月19日-01号

◆粟野啓二 委員  その予算の中で多分松川の下川崎の乗り合いタクシーの運行費も入っていると思うのだけれども、これは利用状況というのはどうなのですか、まず。 ◎交通政策課長 経費として実質的に利用者から運賃として回収している部分につきましては、1割程度の利用状況でございまして、1便当たり約お二人の方の利用という状況でございます。 ◆粟野啓二 委員  これも事業年数長いですよね。