4300件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

須賀川市議会 2019-03-19 平成31年  3月 定例会-03月19日-06号

また、水道事業は御承知のとおり、独立採算制を建前として経営される公営企業によるものであり、その事業経営の安定化を図るためには消費税の基本的性格を踏まえ、円滑かつ適正な転嫁を行わなければなりません。  さらに、水道事業者は消費税法の規定により、納税義務者となっておりますので、その法律を遵守しなければならないのは当然のことと言えます。  

福島市議会 2019-03-14 平成31年 3月定例会議−03月14日-07号

我が国の多くの都市においては、今後急激な人口減少及び高齢化のさらなる進展が見込まれ、さらに市街地の低密度化の進行に伴い、日常生活に必要な医療、商業などの都市機能の低下や地方財政状況の悪化も懸念されることから、今後におけるまちづくりは、高齢者や子育て世代にとって安心できる健康で快適な生活環境を実現すること、財政面及び経済面において持続可能な都市経営を可能とすることが大きな課題であります。  

福島市議会 2019-03-13 平成31年 3月定例会議−03月13日-06号

受動喫煙防止の環境整備、ウオーキングコースや健康レシピの開発、地域における推進的な役割を担う健康づくりリーダーの養成、健康経営モデル事業所の設定、福島市生活習慣病重症化予防プログラムの運用による医療と保険者との連携強化など、市民総ぐるみで健康づくりに取り組んでまいります。 ○議長(半沢正典) 梅津一匡議員。 ◆7番(梅津一匡) 意見として申し上げます。  

平田村議会 2019-03-12 03月12日-02号

震災後、生活習慣や環境の変化が大きな要因となり、メタボリックシンドローム該当者や喫煙率(男性)、子供の肥満・虫歯が多いのが全国ワースト1位、2位と、さまざまな課題から、福島県は全国に誇れる健康長寿県を目指すために、健康づくりに向けた取り組みの拡大を図っています。 

福島市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会議−03月12日-05号

林業の成長産業化と森林資源の適切な管理を両立し、新たな森林管理システムの構築のため施行されます森林経営管理法に基づきまして、自治体が間伐、除伐などの森林整備のための経営管理権集積計画を作成するため、新年度におきましては、森林の実態調査や経営管理意向調査などを実施するとともに、境界が不明確な森林の境界明確化事業を行います。  

須賀川市議会 2019-03-07 平成31年  3月 定例会-03月07日-05号

また、職員の有給休暇については、ほぼ5割以上を取得しており、ストレスチェックや健康診断も行うなど、健康管理に留意しながら施設運営に当たっております。 ◆5番(横田洋子) 現在、世界的に福祉、教育、介護などの分野での一般的な教育方法として、スーパービジョンの体制を確立することが求められています。

福島市議会 2019-03-07 平成31年 3月定例会議−03月07日-02号

基本方針3の持続可能な水道経営では、本市の風評被害払拭と水道利用促進を図り、持続可能な水道経営を目指し、配水管布設工事助成制度により水道加入促進を図るとともに、新たな漏水防止対策として、道路工事に合わせて老朽給水管の取りかえ工事を行い、有収率の向上に努めてまいります。  

喜多方市議会 2019-03-07 平成31年第2回定例会(5日目) 本文 開催日:2019年03月07日

平成29年度は1社から100万円の寄附があり、寄附対象事業は、市内の中小企業が取り組む新製品・新技術の開発や産業人材の育成に対して支援等を行う「ものづくり企業等経営基盤強化支援プロジェクト」であります。平成30年度については、ものづくり企業等経営基盤強化支援プロジェクトに対して1社から300万円の寄附を受ける見込みとなっております。  

須賀川市議会 2019-03-06 平成31年  3月 定例会−03月06日-04号

指定期間につきましては、指定管理者の安定したサービスの提供と創意工夫と自主的経営努力効果を発揮するため、5年間を指定期間の標準としたところであります。 ◆3番(大河内和彦) 総務省の調査によりますと、平成27年4月1日時点で、指定管理者制度が導入されている施設が7万6,788施設中65.3%の施設が、5年間の指定期間との結果が出ています。

喜多方市議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年03月05日

内堀知事は、健康づくりを県民運動に高めて日本一の健康県を実現するには県、各市町村、教育機関などの連携強化が必要だと訴えており、推進組織を今年度内に設け、医療、福祉、食生活、運動などの幅広い分野の団体や専門家と連携して、県民の健康づくりの機運を一層高める方針を示されました。  そこで、本市における健康長寿に向けた取り組みについてお尋ねします。  (1)食を通した健康づくりについて。  

須賀川市議会 2019-03-05 平成31年  3月 定例会-03月05日-03号

そして、理想は無借金経営です。しかし、現実はなかなかそんなに甘いものではありません。売上げを上げようとするには、設備投資や人材確保に翻弄し、当然金融機関からの融資を受けることもあります。公立岩瀬病院において、平成29年度末の企業債の未償還残額と構成市町村からの他会計繰入金を除いた過去3年の医業収支について、お伺いいたします。 ◎健康福祉部長(水野良一) おはようございます。  

喜多方市議会 2019-03-04 平成31年第2回定例会(2日目) 本文 開催日:2019年03月04日

次に、水源の里に対して今後どのような振興を図るのかについてでありますが、水源の里における農林業の振興につきましては、農業においては小規模でも経営が成り立つ高収益園芸作物や冷涼な気候条件に適したソバ、花卉等の振興と地域資源を生かした6次産業化等の推進により、担い手の育成・確保を図るとともに、集落ぐるみによる農地保全や営農の取り組みを推進してまいります。  

福島市議会 2019-03-01 平成31年 3月定例会議−03月01日-01号

議案第 24号 福島市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例制定の件       議案第 25号 福島市保育士等奨学資金貸付条例制定の件       議案第 26号 福島市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例制定の件       議案第 27号 福島市専用水道に係る水道技術管理者の資格基準に関する条例の一部を改正する条例制定の件       議案第 28号 福島市歯と口腔の健康

喜多方市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(1日目) 本文 開催日:2019年02月28日

請願者の住所氏名は、喜多方市松山町大飯坂字東高儘1926-39、喜多方生活と健康を守る会、会長、酒井宏和氏でございます。  請願要旨を読み上げて提案にかえさせていただきます。  日ごろから、住民の暮らしと健康を守るためにご尽力をいただいていることに敬意を表します。  生活保護基準が2018年10月1日から引き下げられました。さらに2019年、2020年にも引き下げられる予定となっています。

須賀川市議会 2019-01-21 平成31年  1月 教育福祉常任委員会−01月21日-01号

(「なし」の声あり) ○委員長(生田目進) なければ、健康福祉部長、長寿福祉課長、健康づくり課長以外の当局の皆様にはここで退席いただきます。  御苦労様でした。      (当局退席) ○委員長(生田目進) 次に、具体的調査項目の医療・介護の充実及び地域コミュニティの形成について調査を進めます。