運営者 Bitlet 姉妹サービス
1068件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-26 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月26日-08号 次に、保育支援員の資格取得支援についてでありますが、本市においては、保育支援員雇用支援事業として、保育士をサポートするために保育士資格を持っていない方を保育支援員として雇用する保育施設に対して、経費の一部を補助しております。   もっと読む
2018-09-20 福島市議会 平成30年9月20日決算特別委員会経済民生分科会-09月20日-01号 続いて、20節原子力損害賠償金448万3,330円でございますが、東京電力福島第一原子力発電所事故に伴い、平成23年度に本市が行いました休日電話対応業務等にかかった人件費の損害賠償に係る東京電力との合意により支払われた賠償金でございます。  次に、歳出についてご説明いたします。資料の8ページをごらんください。 もっと読む
2018-09-20 福島市議会 平成30年9月20日決算特別委員会文教福祉分科会−09月20日-01号 2目児童措置費、支出済額116億8,297万5,042円は、公立保育所の給与及び公立、私立保育所の保育実施費、認定こども園費、地域型保育事業実施費、待機児童解消促進事業、資料の12ページのほうに記載となっております児童手当、児童扶養手当、子育て世帯応援に係る手当、復興事業として実施しております保育所給食まるごと検査事業、ふくしま保育元気アップ支援事業などに要した費用です。   もっと読む
2018-09-14 福島市議会 平成30年9月14日文教福祉常任委員会-09月14日-01号 資料の2ページのほうになりまして、(3)、第5条に規定しております休園日につきましては、日曜日、国民の祝日に関する法律に規定する休日及び12月29日から翌年1月3日までとなります。  (4)、第6条に規定しております使用料につきましては、特定教育・保育に通常要する費用の額を勘案して内閣総理大臣が定める基準により算定した費用の額に相当する額となります。   もっと読む
2018-09-12 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月12日-05号 女性の就業率が高まることで幼稚園のニーズは減少するが、その一方で保育所ニーズは増加する。児童生徒の減少に伴い小中学校、高校の小規模校や廃校が増加することから、空き教室や廃校施設が発生する。また、統合による教員の減少と児童通学のための費用が発生する。   もっと読む
2018-09-06 須賀川市議会 平成30年  9月 定例会-09月06日−02号 現在の基本計画については、東日本大震災により被災した中心市街地の再生、活性化を図ることを主たる目的として公共施設等の再建をはじめにぎわいの回復や、安心して過ごし暮らせるまちづくりなどに取り組んでまいりましたが、第2期計画におきましては、現基本計画において整備しました市庁舎、市民交流センターなどを活用しながら、休日に着目した回遊性の向上や民間による様々な活動促進など、発展期に合わせた魅力あるまちづくりが もっと読む
2018-06-19 会津若松市議会 平成30年  6月 定例会-06月19日−一般質問−03号 とりわけ今年度は、本市で働き、生活することの魅力を発信し、地元企業への就職を促進する取り組みとして、市政だより8月1日号において市内の企業で働く若手社員の方々の仕事や休日の様子などを紹介する特集記事を予定しているところであります。 ○副議長(清川雅史) 教育長。 ◎教育長(本田樹) お答えいたします。  地域のよさを知る機会の提供についてであります。 もっと読む
2018-06-18 須賀川市議会 平成30年  6月 生活産業常任委員会-06月18日−01号 悪いところには集まらないという、悪い労働条件しか設定していないから、人が集まらないというふうなことになっているだけの話であって、この間、テレビでやっていましたけれども、福島の待機児童でやっぱり保育士が少なかったと、だけれども、労働条件を少しよくしたらば集まったというふうなことがあるわけですから、そういう意味では、人が少ないということの問題よりも、全体的な労働条件の問題だというふうに考えるべきだろうと もっと読む
2018-06-18 白河市議会 平成30年  6月 定例会-06月18日−03号 財政負担の増加を前提とした今後の運行に関する利用者の意見としましては、平日のみの運行にしたほうがよいということが16%、休日の運行を充実させたほうがよいが37%、平日の運行を充実させたほうがよいというのが23%、休日も平日同様に運行すべきであるといった回答を含むその他の項目としまして23%となっておりました。 ○筒井孝充議長 佐藤正則議員。 もっと読む
2018-04-23 須賀川市議会 平成30年  4月 教育福祉常任委員会-04月23日−01号 続きまして、休日夜間急病診療所の運営支援であります。当診療所は須賀川地方保健環境組合が市の保健センターにて運営しており、休診することなく365日診療しております。インフルエンザ流行時には医師を2人に増員し、患者増に対応したところでございます。なお、昨年7月からは医師の高齢化等の理由により診療時間が短縮されましたが、大きな混乱はございませんでした。   もっと読む
2018-03-19 本宮市議会 本宮市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月19日−05号 委員が、国際交流員の休日等の勤務に伴う給料の割り増し規定はないのかとただしたのに対し、執行部からは、勤務時間の上限があるため、超過勤務が発生しないよう勤務日程を調整することとなるとの答弁がありました。  次に、陳情第2号 待機児童解消、保育士配置基準の見直しと処遇改善を求める意見書の提出を求める陳情書について、執行部の出席を要請し、説明を受け、審査いたしました。   もっと読む
2018-03-12 郡山市議会 郡山市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月12日−08号 国が実施した平成27年度全国都市交通特性調査でも休日の若者、特に男性の外出回数が30年前と比較して約半減しており、こうした理由には気軽に自宅で買い物ができるインターネット通販の利用がふえていることも大きな要因と考えられるところであります。   もっと読む
2018-03-12 須賀川市議会 平成30年  3月 予算常任委員会(1)-03月12日−02号 幼児フッ化物うがいむし歯予防事業の委託業務についてでございますが、民間の保育所、こども園、幼稚園に対する業務を委託しているものでございます。  以上です。 ○委員長(安藤聡) よろしいですか。 ◆委員(丸本由美子) 165ページの子育て世代支援センターの運営についてなんですが、先ほどの窓口の体制については理解いたしました。   もっと読む
2018-03-08 白河市議会 平成30年  3月 定例会-03月08日−04号 健康・福祉・医療プロジェクトでは、単独事業は、保育士等賃金改善、保育士確保対策、母子健康支援、白河っ子すくすく赤ちゃんクーポン券支給、医療機関新規開業支援となっております。 もっと読む
2018-02-01 会津若松市議会 平成30年  文教厚生委員会-02月01日−02号 ◆原田俊広委員 幾つか質問させていただきますが、1つはただいま説明があったこの資料、この中身についてなのですが、平日長期休日等も対象については小学生だけというふうに考えてよろしいのでしょうか。 ○委員長(鈴木陽) こども保育課長。 ◎こども保育課長(山口勝彦) 学校の中で実施することになりますので、城西小学校のほうの児童というふうに考えております。 ○委員長(鈴木陽) 原田委員。 もっと読む
2017-12-18 須賀川市議会 平成29年 12月 教育福祉常任委員会-12月18日−01号 休日、祝日と重なった場合につきましては、その翌日以降ということで、祝日は開館すると、第3火曜日と祝日が重なった場合は開館するという規定であります。更に年末年始、12月29日から翌年の1月3日までは休館と。  開館時間でありますが、平日は午前9時から午後10時まで。日曜、休日、祝日につきましては午後8時までとしてございます。   もっと読む
2017-12-15 会津若松市議会 平成29年  文教厚生委員会-12月15日−06号 ◆原田俊広委員 今こども保育課長の答弁にもあったように、夕方までなのです。 もっと読む
2017-12-15 郡山市議会 郡山市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月15日−06号 初めに、委員より、職員給与費に関し、職員の超過勤務の減少理由についてただしたのに対し、当局から、主な理由としてマイナンバーカードの休日交付を月2回から月1回に減らしたこと。電子入札等に伴い事務の効率化、軽減が図られたことなどによるとの答弁がありました。   もっと読む
2017-12-15 須賀川市議会 平成29年 12月 建設水道常任委員会-12月15日−01号 実施箇所が大型遊具周辺でのアンケートであったため、子供連れのお母さんが多く、30代女性が家族と一緒に休日に利用することが多い結果を得ることができました。また、住まいでは、市外の方の利用も3割見られました。  今回のアンケートで得られた結果としては、チラシを作成したことにより、初めて大型遊具を利用した方が1割いるなど、イベント等に対する効果も確認することができました。 もっと読む
2017-12-13 会津若松市議会 平成29年 12月 定例会-12月13日−一般質問−04号 本市において人工呼吸器をつけた医療的ケア児が保育所等や学校教育において安心して過ごせるよう取り組まなければならないと考えますが、認識をお示しください。  今年度厚生労働省は、看護師の保育所への派遣や保育士がケアを学ぶ研修に要する費用の補助など、全国でモデル事業を展開しています。本市において医療的ケア児が同世代の子供と触れ合うことにより刺激になり、子供の成長にもつながるよい機会になっています。 もっと読む