3583件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

矢祭町議会 2021-06-18 06月18日-04号

◆7番(鈴木正美君) 教育課長のほうにいくつかの事業でお尋ねいたしますが、23ページの下から4つくらい上、需用費消耗品費、これは説明の中でモバイルルーターの貸出だというふうなことでお聞きをいたしました。80台だか90台とか、それで幾らでしょう。     〔「50台」と言う人あり〕 ◆7番(鈴木正美君) 50台というような話です。

会津若松市議会 2021-03-22 03月22日-委員長報告・質疑・討論・採決-07号

以上の4つの理由から、本案に反対するというものであります。 以上のような反対の意見がありましたので、本案は表決に付された結果、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決せられました。 なお、本案については第1分科会におきまして市有財産の総括的な管理について要望的意見が取りまとめられたところであります。 

棚倉町議会 2021-03-16 03月16日-04号

以上、4つ質問にお答えください。 ○議長須藤俊一) 町長。     〔町長 湯座一平 登壇〕 ◎町長湯座一平) ただいまの大学生への支援、高校生の交通費奨学金助成について問うについてでありますが、まず、補助金申込件数につきましては、本町では新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金活用した事業として、棚倉町学生応援特別定額給付金を創設したところであります。

矢祭町議会 2021-03-12 03月12日-04号

4つ目として、中小・地場企業に対する支援策等強化し、最低賃金の引き上げを行う環境を整備すること。 5つ目として、一般労働者賃金引上げ時期を踏まえ、福島最低賃金改定諮問時期を可能な限り早め早期の発効に努めること。 以上の事項について、地方自治法第99条の規定により、内閣総理大臣厚生労働大臣福島労働局長意見書を提出するものであります。 以上でございます。どうぞよろしくお願いいたします。

福島市議会 2021-03-11 令和 3年 3月定例会議-03月11日-06号

それらの観点から伺いますけれども、今回の再編により第一小学校、第四小学校清明小学校も含めた再配置実施校については、学校の在り方検討委員会からの答申に記された教育環境改善に向けての4つの視点も含め、教育機能改善は図れるのか、それぞれお伺いをいたします。 ◎教育長古関明善) 議長教育長。 ○副議長尾形武) 教育長。 ◎教育長古関明善) お答えいたします。  

南相馬市議会 2021-03-10 03月10日-04号

その際に、再生利用については、「再生利用についての法整備」、「需要の確認」、「再生資材の品質の確認」、「受容性の高まり」の4つ前提が示されたということは、これまでも答弁しているとおりであります。 再生利用については4つ前提を満たすことを方針としており、現時点ではこの前提条件が満たされておりませんので、再生利用を実施する考えはありません。これも同じであります。 

福島市議会 2021-03-09 令和 3年 3月定例会議-03月09日-04号

福島市ゼロカーボンシティ宣言において、目標達成に向けた4つ基本方針が出されました。省エネルギー、省資源に向けたライフ・ワークスタイルシフトについて、家屋の気密性を高めるためのリフォーム助成は有効な手段であり、実施すべきと考えますが、市の見解を伺います。  再エネの地産地消率は現状で30%とのことですが、早急に達成することが温暖化防止につながります。

平田村議会 2021-03-09 03月09日-02号

100%取り崩しているところも4つ自治体であるし、管内のことを、まずは管内の26番目が古殿で、37番目が玉川で、50番目が石川、57番目が浅川ということで説明をしていただきましたけれども、古殿は確かに平田村よりは金額が高いですけれども、59.5%取り崩していますし、石川に至っては97.1%、6.1%の値下げです。浅川に至っては62.5%で、5.3%の値下げになっています。

須賀川市議会 2021-03-09 令和 3年  3月 文教福祉常任委員会-03月09日-01号

改正の主な内容は、表の中ほどにあります改正要旨のとおり、1つとして、共通事項でございますが、感染症対策強化感染症発生時の取組強化、2つとしてテレビ電話等によるICTの活用ができるようになる、3つとして高齢者虐待防止推進4つとして職場におけるハラスメント対策強化5つとして書類関係電子化を認めるなどであり、そのほかにも各種サービスの種別によって基準が定められております。  

福島市議会 2021-03-08 令和 3年 3月定例会議-03月08日-03号

4つの柱、すなわち感染防止対策市民生活支援地域経済対策コロナ後を見据えた変革を掲げ、これまでの経験と実績を踏まえ、必要性の高い事業を中心に当初予算において92事業、13億900万円余の事業費を計上し、その一般財源所要額10億2,600万円余に臨時交付金を充当し、最大限活用を図ったところであります。  

南相馬市議会 2021-03-08 03月08日-02号

2020年9月日本原子力学会東京電力福島第一原発の廃炉作業を完了し、敷地を再利用できるまで100年以上かかるとする報告書をまとめ、その中で敷地の再利用を見据えた4つのシナリオを提示してございます。そこでこの報告書を本市としてどのように捉えているのか伺っておきたいと思います。 ○議長中川庄一君) 復興企画部長

会津若松市議会 2021-03-05 03月05日-総括質疑-06号

原田俊広議員 ぜひそういう方向で今後の取組検討、私求めたいと思うのですが、これ一般質問ではないので、そこまでにしますが、この条例令和元年度から施行されていますが、大変意義ある条例ではないかというふうに思っているのですが、この条例そのものでの質疑はしませんが、1つだけ紹介すると、この条例を紹介した市のホームページには市の責務というのが4つ出ているのです。

福島市議会 2021-03-05 令和 3年 3月定例会議−03月05日-02号

目標に向けた第一歩として、4つ基本方針の下、市民事業者、市が危機感を共有し、各主体における取組推進、また主体間の連携により大きなうねりを生み出し、持続可能な未来を創出していくことを目指しておりますとあります。  そこで、質問です。福島環境基本計画案福島市脱炭素社会実行計画案はとてもタイムリーだと思っております。