28件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

郡山市議会 2019-12-11 12月11日-05号

畠中秀樹上下水道局長 駅前周辺対策についてでありますが、駅前周辺地区浸水被害を軽減するため、郡山ゲリラ豪雨対策9年プランに位置づけられた3号幹線放流管は2022年度までを完成予定とし、下水道管理センターから郡山駅前に南北に布設した3号幹線増補管までの総延長974メートルを整備するもので、進捗状況につきましては今年度末で星総合病院前までの延長513メートル、52.7%を完成予定としております。

郡山市議会 2019-12-10 12月10日-04号

さらに商店街等団体が、みずから利用者安全確保犯罪抑止を図ることを目的として、これまで駅前周辺地区商店街など本市が補助金を出した11団体、124台を含め合計138台の防犯カメラ設置しております。また警察署における交通監視カメラをはじめコンビニエンスストア、事業所一般家庭等にそれぞれ管理するカメラが多数設置されているところであります。 

郡山市議会 2019-06-20 06月20日-04号

このことから、合流区域においては、2010年7月6日に記録した10分間最大雨量23ミリに対応した対策として、駅前周辺地区、静御前通り地区麓山地区ゲリラ豪雨対策9年プランに位置づけ、時間当たり74ミリを対象降雨とし、雨水貯留施設等ハード対策及び地域住民による土のう・止水板設置等ソフト対策等により、浸水被害を最小限にする計画で、2022年度完成を目指しているところであります。 

郡山市議会 2018-03-07 03月07日-05号

このまま駅前周辺地区空き店舗がふえていくことは、将来の郡山市にとって有益とは思えません。幾らICTを使っても、AIなどを開発をする企業を呼んできても、そもそも人がいなければ、にぎやかな商店街はつくれません。企業労働人口をふやすといいますが、今では大規模工場で働く人は少数で済みます。さらにIoT、AI、ロボットの導入等が進めば、ますます人手が要らなくなります。

棚倉町議会 2014-06-20 06月20日-02号

企画情報課長須藤俊一) 中心市街地活性化対策事業として、駅前周辺地区計画がございました。策定時とは違いまして、棚高の統廃合とかJRバス営業所の統合により大きく状況は変わっているということでございますので、計画自体の見直し、あるいは別な取り組みというものも必要になってくるんじゃないかということは考えております。 

会津若松市議会 2010-12-07 12月07日-一般質問-03号

会津サティ跡地を含む駅前周辺地区につきましては、平成21年6月に地権者の皆さんによる会津若松駅前地区開発協議会が設立され、市も特別会員として参加しております。この協議会は、当該地区にふさわしい土地利用と必要な機能の調査、研究を行い、あわせて関係する地権者合意形成を図りながら、再開発に向けた可能性を検討することを目的としております。

会津若松市議会 2009-02-26 02月26日-議案提案説明-01号

また、会津若松駅前大型店撤退表明を受け、市といたしましても駅前周辺地区の再開発可能性を検討する協議への参画と円滑な運営に必要な支援を行うとともに、商店街事業主体となり、各地域の特色を生かした空き店舗への出店を促進する事業に対し、会津若松中小企業振興条例に基づく補助を継続して実施することにより、商店街活性化を支援してまいります。 

本宮市議会 2007-03-13 03月13日-03号

駅前周辺地区目標を「交流の結節地区」「駅機能強化東西の一体化」と定めました。本宮駅をまち玄関口として位置づけ、まち顔づくりとしてのシンボル空間整備東西間の連携強化を含む交通結節点としての強化を図る地区として位置づけをされたところであります。 この本宮駅を中心とした駅前周辺地区整備につきましては、東西自由通路計画とあわせて取り組む必要があります。

南相馬市議会 2004-12-13 12月13日-02号

現在、市は平成19年度完成目標として、図書館建設に向けて取り組んでこられておることと承知するところでありますが、駅前周辺地区建設場所として検討されているようであります。図書館建設事業については、大きな予算を必要とする根幹事業でありますし、市民にとっても非常に重要な事業であると認識するところであります。

南相馬市議会 2002-02-27 02月27日-02号

                      ① 中心市街地拠点施設整備対策事業経過について                      ② 中心市街地商業拠点施設跡地利用及び公共事業参加について                      ③ 核テナント及び公共事業参加について                      ④ 地方公共団体の関わりについて                   (4) 駅前周辺地区

郡山市議会 2001-06-15 06月15日-04号

それから、今までの経過でございますが、昭和57年当時から地元商店街とか関係する方々で構成します「郡山駅前周辺地区放置自転車対策委員会」等をつくりまして、今まで放置されている自転車撤去作業を行ってきたと。それでやってきたにもかかわらず、なかなか解消がされないということで、やはり放置自転車対策強化を望む声が非常に多かったと。

郡山市議会 2000-12-07 12月07日-03号

また、放置自転車等撤去についてでありますが、放置自転車等撤去については、昭和57年郡山駅前周辺地区放置自転車対策委員会地元商店街組合地元町内会道路管理者等の公の機関、高校の組織であります県南地区高等学校生徒指導連絡協議会などの教育機関JR福島交通などの公共交通機関の代表の方々協力により組織され、放置自転車等撤去作業を実施してまいったところであります。 

郡山市議会 1998-12-14 12月14日-05号

次に、郡山南拠点土地区画整理事業につきましては、南東北地方中核都市にふさわしい発展を図るため、旧郡山操車場跡地を活用し、本市の中心地区である駅前周辺地区を補完する副都心として位置づけ、整備を図るものであり、既に「ビッグパレットふくしま」がオープンしておりますが、平成14年度完成をめどに事業の推進を図っているところでございます。 

  • 1
  • 2