5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

南相馬市議会 2019-06-20 06月20日-04号

日本においてドローン飛行させるための免許のようなものはございませんが、例えば空港等周辺上空空域、150メートル以上の高さの空域人口集中地区上空飛行禁止等のルール国土交通省から示されております。 ○議長(今村裕君) 12番、田中一正君。 ◆12番(田中一正君) 大変難しいいろいろな部分を御答弁いただきました。ただ、市民にそういった部分をなかなか周知していないと思うのです。

伊達市議会 2018-09-06 09月06日-04号

政府、自治体といいますか、私ども公共部門においても、インフラ点検等活用公共測量への活用次世代農業生産基盤技術の開発、物流、無線中継活用(通信)、災害対応等活用が期待できるところであろうかと思っておりますけれども、現在のところ、日中での飛行であること、目視の範囲内であること、飛行距離が150mを超える場合には許可が必要である、あとは催し場所での飛行禁止、危険物輸送禁止物件投下禁止等でまだ

須賀川市議会 2017-12-14 平成29年 12月 定例会−12月14日-05号

花火大会松明あかしでのドローン飛行禁止措置につきましては、観覧者等安全確保を最優先と考え、市をはじめ警察署、消防署など関係者で構成するそれぞれの実行委員会において決定したものであります。  なお、その法的根拠といたしましては、多数の者が集合する催しが行われる場所上空での飛行を規制した、航空法第132条の2第4号であります。  以上であります。

いわき市議会 2016-12-07 12月07日-04号

消防長草野正道君) ドローン飛行につきましては、航空機の飛行に関する基本的なルールを定めた航空法により、飛行禁止区域として、地上面や水面から150メートル以上の高さの空域、それから人口集中地域と定められた市街地の上空空港やヘリポートの周辺では規制を受けることになります。また、飛行ルールとしまして、人や建物の間に30メートルの距離を保つこととされております。

いわき市議会 2015-06-16 06月16日-03号

そこで、県では、6月5日に県有施設や公園で、原則としてドローン飛行禁止使用自粛を求めることとしたとの報道がありました。現在、国においてもこれらの対策等について検討をしておりますが、我がいわき市においても、今後、特にこれからの夏祭りに、さまざまな大規模なイベント等も開催されることから、ドローン対策についても早急に検討していただくことを要望し、次の質問に移ります。 

  • 1