1458件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

郡山市議会 2020-12-11 12月11日-05号

文化施設整備につきましては、音楽堂の整備を訴えてきましたが、全く前進しないために、既存施設整備について伺います。 けんしん郡山文化センターの音響につきましては、多くの音楽関係者から指摘されているのが反響の問題です。現在の通路は、カーペット仕上げであり、音を吸収してしまいます。また、座席も狭く、背中に当たる部分と座面仕上げも柔らかい素材で音を吸収してしまいます。

会津若松市議会 2020-12-07 12月07日-一般質問-02号

小学校教科担任制度の導入、教科ごと指導員が替わる教科担任制は、文部科学省の2018年度調査で、全国の公立小学校のうち、音楽で55.6%、理科47.8%が6年生に教科担任制を配置しています。児童学習環境の向上と教員負担軽減により、教職員の働き方改革につながると評価を得ています。今後児童生徒への情報端末整備が進められていくに当たって、より一層の教科担任制が必要となってくると考えます。

白河市議会 2020-12-07 12月07日-01号

しかし、制限された日常が続いているからこそ、「まち」に潤いや元気をもたらす文化芸術活動の継続がより大事であるとの考えの下、「福島ビエンナーレ 風月の芸術祭」や「まちなか音楽・スリーデイズ」「芭蕉 白河関俳句賞」などを開催してまいりました。 中でも「しらかわ音楽の祭典」では、仮称ではありますが「白河市民オーケストラ」による演奏が披露され、奏者と聴衆が一体となり、大きな感動に包まれました。

平田村議会 2020-12-02 12月02日-01号

10月23日から3日間開催されました第44回平田村文化祭では、感染症対策を踏まえ、作品展示中心の催しとなりましたが、最終日には音楽祭が行われ、各団体とも発表の場に喜びを感じ、日頃の練習の成果を存分に披露していました。 十分な感染症対策を行っての文化祭でしたが、延べ1,000人を超える来場者があり、実施の意義を感じました。 

福島市議会 2020-11-30 令和 2年12月定例会議-11月30日-01号

あわせて、休館中も音楽堂や旧中合福島店2階への移動展示など、来訪者を飽きさせない工夫を凝らします。  さらに、古関メロディーが流れるメロディーボックス古関裕而ストリート等に3台設置するほか、スマートフォンで読み取ることで映像と古関メロディーが流れる場所を町なかに複数配置するなど、来訪者が回遊して楽しめる仕掛けを用意いたします。  次に、待機児童解消に向けた取組について申し上げます。  

福島市議会 2020-09-18 令和 2年 9月定例会議−09月18日-05号

また、参考人として、本市音楽文化総合アドバイザーである三浦尚之氏を招致し、古関裕而氏を活かしたまちづくりの将来像や音楽、芸術を生かしたまちづくりがもたらす効果や魅力などについて聴取いたしました。  さらに、先進地として、音楽によるまちづくりに取り組んでいる静岡県浜松市、ジャズの力で地域活性化に取り組んでいる愛知県岡崎市、連続テレビ小説、半分、青い。

白河市議会 2020-09-17 09月17日-04号

芳賀祐司教育長 小中学校合唱、吹奏楽の練習大会参加に当たっては、手洗いや咳エチケットなどの基本的な感染症対策の徹底に加え、全日本合唱連盟、それから、クラシック音楽公演運営推進協議会が作成したガイドラインに基づいた感染防止対策を実施しております。 主なものとしては、合唱では、児童生徒の距離を前後2メートル以上、左右1メートル以上を確保し、児童生徒同士が向かい合う配置を避けるようにしております。

福島市議会 2020-09-15 令和2年9月15日決算特別委員会経済民生分科会-09月15日-01号

13目1節古関裕而音楽賞基金繰入金1,389万800円は、古関裕而記念音楽祭の開催にあたり、事業費の全額を基金から繰入れしたものです。  その下、14目1節スポーツ振興基金繰入金2億5,517万円は、十六沼公園サッカー場整備事業信夫ヶ丘球場改修事業中央市民プール改修事業及び南体育館雨漏り修繕工事を実施するにあたって、基金から繰入れしたものです。

白河市議会 2020-09-15 09月15日-02号

振り返ると、東日本大震災のときにも、避難所を慰問した音楽家の演奏や、あるいは復旧作業傍らラジオから流れてくる音楽これは歌謡曲も含めて、そういったものに人々は心を癒やされ勇気づけられたものであります。その経験から、我々は、特に福島県民は、非常時の生活の中にこそ文化芸術が必要であると身をもって感じたはずであります。

福島市議会 2020-09-11 令和2年9月11日経済民生常任委員会-09月11日-01号

音楽堂大ホール空調設備である冷温水発生機は、昭和59年の開館時に設置したもので、昨年7月頃から経年劣化による不具合が多発しております。また、35年前の製品であることから、構成している部品の大半が製造終了となっております。万一故障し、作動しなくなった場合、長期間大ホール空調設備が使用できなくなり、施設利用者に多大な影響を与えることから、緊急に更新工事を実施するものです。

郡山市議会 2020-09-09 09月09日-03号

そこで、このまちづくり基本指針も含めまして、音楽コンクールでは課題曲自由曲とありますが、それぞれの部が自由曲に加えまして、このコロナ感染症対策をいわば課題曲として組み込むと。そして、既に各種長期計画もございますが、その中にコロナ感染症対策を共通のテーマとして組み込むように、8月17日、庁議で指示してございます。 以上、答弁といたします。 ○田川正治議長 佐藤市民部長