26件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

須賀川市議会 2020-09-09 令和 2年  9月 定例会-09月09日-04号

本市温室効果ガス排出量削減の対応としましては、第3次須賀川市環境基本計画において、市管理施設二酸化炭素排出量を指標とし、2022年度までに排出量目標値7,840t-CO2以下を目指し、LED照明など高効率機器導入電気自動車導入環境に配慮した製品の購入などにより、温室効果ガス削減に努めております。

いわき市議会 2020-02-27 02月27日-04号

再生可能エネルギー利用につきましては、環境負荷の低減に資する設備導入を促進するため、太陽光発電システムへの導入支援に加え、平成28年度より定置用リチウムイオン蓄電システム家庭用燃料電池コージェネレーションシステム導入支援を実施するとともに、今年度より燃料電池自動車及び電気自動車、並びに電気自動車充給電設備V2Hへの補助制度を創設したところであります。 

郡山市議会 2019-09-24 09月24日-02号

本市においても、環境への配慮に加え、災害時の電力確保につながる電気自動車普及を官民挙げて進めていくべきと考えますが、当局の見解を伺います。 ○七海喜久雄議長 渡部生活環境部長。 ◎渡部義弘生活環境部長 電気自動車普及についてでありますが、電気自動車環境に優しい上に災害時の電力確保においても有効な、自立した電源供給機能も有しております。

須賀川市議会 2019-06-14 令和 元年  6月 総務常任委員会-06月14日-01号

次に、5番目の附則第16条、軽自動車税税率特例、第2条及び第3条による改正についてでありますが、軽自動車税グリーン化特例軽減課税は、取得の翌年度分のみ軽減されるもので、環境性能割導入契機に、現行特例措置令和年度から令和年度まで2年間延長した上で、適用対象電気自動車の75%軽減車両に限定して、令和年度から令和年度までに新車新規登録を受けた軽自動車に適用されることとなっており

福島市議会 2019-06-07 令和 元年 6月定例会議-06月07日-03号

なお、防災用途としての有効性もあり、本市において補助制度を設けております住宅用太陽光発電システムや、必要なときには車から電気を供給することのできる電気自動車普及すれば、非常時の電源確保にもつながるものと考えております。 ○副議長粟野啓二) 以上で石原洋三郎議員質問を終わります。  暫時休憩します。                 

須賀川市議会 2019-03-08 平成31年  3月 総務常任委員会-03月08日-01号

次に、3番目、軽自動車税グリーン化特例軽減課税)に係る見直しについてでありますが、グリーン化特例は所得の翌年度分のみ軽減されるもので、環境性能割導入契機に、現行特例措置平成31年度から2020年度まで2年間延長した上で、適用対象電気自動車の75%軽減車両に限定して、2021年から2022年までに新規登録を受けた軽自動車に適用されることとなっております。  

いわき市議会 2018-09-10 09月10日-02号

環境に配慮した水素自動車電気自動車、ガソリン車に代わる自動車普及が大いに進展すると言われております。そうなれば水素ステーション電気ステーション設置も進むことになり、本市の産業や経済にも大いに影響してまいります。 こういったことも視野に入れて、市は、今後バッテリーバレー構想の具体的な展開をどのように考えているのか伺います。

伊達市議会 2018-06-15 06月15日-05号

今後、ガソリン車から電気自動車への普及は進むと思いますが、今すぐに変わるとは考えられません。国では、全国8,000カ所のガソリンスタンドに対し、自家発電用設置費用等補助するようであります。 そこで、次の点について質問をいたします。 質問の1は、現在の伊達市のガソリンスタンド設置状況についてでありますが、最初に旧町ごとの件数、従業員数についてお伺いをいたします。

いわき市議会 2018-03-02 03月02日-06号

いわゆるこういったまちづくりに関しても、とにかくこういう方向性都市づくりをしていくべきというような考え方で、特に駅前の駐車場事情とか、交通事情、さらに将来的には、今盛んに話題になっております高齢者の免許の早期返還等効果があるのではないかと思いますので、ぜひ電気自動車エコカーカーシェアリング設備システム導入を市として、ぜひ推奨してみてはどうかと考えておりますが、御所見をお伺いします

会津若松市議会 2017-12-13 12月13日-一般質問-04号

最後に、電気自動車普及に不可欠な充電スタンド設置について伺います。EV普及が飛躍的なスピードで進むと予想される中、観光都市を掲げる本市において今後直面するであろう課題は、その充電インフラの少なさです。EV電気を供給する充電インフラ整備早期に取り組み、大きく国内外に向けて発信することが必要と考えます。

須賀川市議会 2016-06-17 平成28年  6月 総務常任委員会-06月17日-01号

初めに、電気自動車及び平成32年度燃費基準プラス10%達成の車は、自家用営業用とも非課税となります。  次に、平成32年度燃費基準達成の車は、自家用が1%、営業用が0.5%となります。  次に、平成27年度燃費基準プラス10%達成の車は、自家用が2%、営業用が1%となります。  上記以外の車は自家用営業用とも2%となっております。  

郡山市議会 2015-06-22 06月22日-04号

さらに、今年度から新たにエネルギーの創・蓄・省をより一層推進するため、蓄電池電気自動車充給電設備等普及に向けたエネルギー3R推進事業及び電力使用量や料金を表示する機器市民へ貸し出し、節電への意識向上を促す省エネナビ見える化事業を実施するとともに、本庁舎敷地内に電気自動車充電設備であるEVステーション設置を予定しております。 

須賀川市議会 2015-05-28 平成27年  6月 定例会−05月28日-01号

これは、平成27年度中に新規取得した新車軽自動車のうち、排出ガス性能及び燃費性能のすぐれた環境負荷の少ないものについて、平成28年度分限り税率を軽減する特例措置、いわゆるグリーン化特例を講じることとするものであり、具体的には、各税率について、電気自動車につきましてはおおむね75%、平成32年度燃費基準値プラス20%達成車につきましてはおおむね50%、平成32年度燃費基準値達成車につきましてはおおむね

  • 1
  • 2