11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

郡山市議会 2020-02-19 02月19日-01号

また、雨水対策整備事業のうち、郡山中央工業団地内については、石塚樋門ポンプゲート整備に加え、その後の施策について検討してまいります。 交通体系整備については、乗合タクシーの運行を、西田、田村地区へ拡充してまいります。また、乗降客の多いJR安積永盛西口広場について、送迎スペース整備等一部改良を行い、駅利用者利便性の向上と安全・安心の確保を図ってまいります。 

郡山市議会 2014-03-24 03月24日-09号

次に、委員より、雨水対策整備事業に関し、110号雨水幹線管渠整備について完成予定をただしたのに対し、当局から、当該区間平成26年度、27年度の2カ年で完了する予定であるとの答弁がありました。 これに関し、委員より、雨水幹線排水路整備の違いについてただしたのに対し、当局から、下水道法上、排水区域が20ヘクタール以上の場合を雨水幹線として整備しているとの答弁がありました。 

郡山市議会 2014-03-10 03月10日-04号

なお、審査過程委員より、雨水対策整備事業に関し、107号雨水幹線整備状況についてただしたのに対し、当局から、107号雨水幹線については国の好循環実現のための経済対策による平成25年度補正予算を積極的に活用し、前倒しで実施することにより、平成26年度中に計画区間全てが完了する予定であるとの答弁がありました。その他下水道長寿命化事業について種々質疑が交わされました。 以上で報告を終わります。

郡山市議会 2011-03-02 03月02日-03号

平成23年度の拡充事業として、集中豪雨対策にかかわる公共下水道雨水対策整備事業合流式下水道緊急改善事業雨水流出抑制施設整備促進事業等が予算化されていますが、情けなく思うのは、市町村のこうした生活環境整備事業に対する思いやりに欠けた県の補助のありようであります。 国から2分の1の補助が見込まれてはいますが、県からは10分の0.1、わずか1%です。1%の補助とは何なのか。

郡山市議会 2008-06-23 06月23日-06号

なお、審査過程委員より、公共下水道管渠建設費に関し、雨水対策整備事業費の請差は1カ所なのかとただしたのに対し、当局から、1カ所ではなく複数の箇所にわたるものであるとの答弁がありました。 以上で報告を終わります。 ○宗像好雄議長 ただいまの委員長報告に対する質疑を許します。    (「なし」と呼ぶ者あり) ○宗像好雄議長 質疑なしと認め、質疑を終結いたします。 

郡山市議会 2002-09-11 09月11日-06号

しかしながら、将来向け、この問題について抜本的な解決を図っていくためには、全庁的な取り組みはもちろんのこと、国や県等関係機関と連携した総合的な計画が必要と考えられますが、現在、建設部郡山市第四次総合計画により実施している「浸水対策事業」をさらに推進するとともに、下水道事業としての「雨水対策整備事業などとの整合性を図るなど、全庁的に調整を図るとともに、国や県に対し、ポンプ施設建設河川改修

  • 1