127件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

須賀川市議会 2018-09-12 平成30年  9月 定例会−09月12日-04号

また、2年前に購入して、市で保有している小型除雪機活動状況についてお伺いしまして、壇上からの質問といたします。 ○議長佐藤暸二) ただいまの13番 五十嵐伸議員質問に対し、当局答弁を求めます。      (建設部長 永野正一 登壇) ◎建設部長永野正一) 13番 五十嵐伸議員の御質問お答えいたします。  

塙町議会 2018-08-17 09月06日-01号

そのほか、各種団体への補助金及び除雪機購入のため、地域団体団体への補助を行っております。 2目道路維持費1億4,960万5,000円の決算額でございます。町道維持管理に要した経費でございます。主な事業といたしまして、道路補修工事町道上福沢1号線を初め、ごらんの路線道路補修工事、そのほか道路改良工事町道鎌田線初め記載の町道維持工事等を実施して、道路通行の安全を確保しております。 

福島市議会 2018-06-14 平成30年6月14日建設水道常任委員会-06月14日-01号

道路保全課長 民間に委託している部分のいわゆる除雪機につきましては、国の補助は出ておりません。 ○大平洋人 委員長  よろしいですか。      【「なし」と呼ぶ者あり】 ○大平洋人 委員長  では、これで質疑を終結いたします。  続いて、自由討議、討論に移ります。ご意見のある方はお述べください。      

須賀川市議会 2018-06-13 平成30年  6月 定例会-06月13日-04号

昨年度、市当局の配慮で小型除雪機9台を配置していただき、歩道通学路除雪に対する実証になったのではないかと思いますので、2点ほど伺います。  1点目は、配置した小型除雪機利用状況と、配置先からの意見などについて。  2点目は、通学路安全対策を図るためにも行政区などの考えを聞きながら小型除雪機配置を推進すべきと思いますが、どのように考えているのか。  以上、伺います。

須賀川市議会 2017-12-15 平成29年 12月 建設水道常任委員会-12月15日-01号

さらに、小型除雪機9台、今年度配置予定しておりますが、9月の決算特別委員会でもちょっとお話し申し上げましたが、各公民館への配置というふうに当初は考えておりましたが、ちょっとなかなか課題等が実はございまして、保管場所、あるいは休日夜間の作業ということで課題が多く、現時点では配置できない状況でございまして、今年度におきましては、路線地区を限定いたしまして、町内会等作業主体といたしまして、市道愛護の一環

塙町議会 2017-09-14 09月14日-05号

8款2項2目14節使用料及び賃借料、11月から除雪機械の借り上げだということだったんですが、昨年度の、これに該当するかどうかわからないんですが、道の駅に除雪機がずっと、シーズンが過ぎてからもホイルローダーがダリアの絵のの描かった隣に、トラックの隣にずっと置いてあったような気がするものですから、駐車場が狭いんで、それはこっちの負担ではないのかもしれないんですが、駐車場が狭いんで、少しでも利用するためにその

会津若松市議会 2017-06-12 06月12日-一般質問-02号

ある学校では、昭和62年や平成3年、今から30年前に購入した除雪機をだましだまし使用しているのが現状でございます。今般質問通告をしたところ、教育委員会では各学校に慌てて調査をされたようですが、市内小中学校除雪機購入後の使用年数についての認識をお示しください。 また、今後市内小中学校への除雪機購入計画の有無、除雪機購入に対する認識をお示しください。 

福島市議会 2017-03-14 平成29年 3月定例会議−03月14日-07号

まず、市道除雪福島小型除雪機貸し出し制度の見直しについてお尋ねいたします。  平成26年2月15日、16日、発達した南岸低気圧による記録的な大雪により、通行どめや交通渋滞の発生、公共交通機関の運行の乱れが生じ、市民生活に大きな影響を及ぼしました。これを機に、除雪出動基準が見直されました。

塙町議会 2017-03-09 03月09日-02号

主なものとしましては、13節で、国有林内にある町道敷について、貸し付けの更新申請をするための測量業務委託料1,000万円、それから、19節におきまして、除雪機購入補助金150万円などでございます。 次に、2目道路維持費1億3,827万8,000円の計上でございますが、町道維持補修に係る経費でございます。舗装工事が主なものでございます。

二本松市議会 2017-03-02 03月02日-02号

道路除雪対策については、大雪に対する除雪路線の再検討、除雪業務委託方法除雪路線以外の生活道路歩道除雪貸し出し用小型除雪機の配備、ボランティア除雪協力等について改善をいたしました。また、県北地域における豪雪時の道路交通確保を図るため、国、県、市町村、県警、消防、東日本高速道路からなる福島北地域冬季交通確保連絡協議会によりまして、各団体との連携を図ってきたところであります。

本宮市議会 2016-12-08 12月08日-02号

通勤・通学時の積雪のとき、私のことなんですが、私は家庭用除雪機歩道の雪掃きを数年前くらいからやらせてもらっていますが、これは当然、市のほうでも、あした雪が降るときには雪掃きお願いしますよという、防災無線等で雪掃き等の放送が流れておりますが、もう少し回数をふやすという周知をしてみてはいかがかなというふうに思うんですね。 

須賀川市議会 2016-09-15 平成28年  9月 定例会-09月15日-05号

また、小型除雪機の貸出しについては、一部地区において実施しているが、公民館等への配置については今後検討するとの答弁をいただいています。  さて、平成28年6月20日付で、うつくしまの道・サポート制度を八幡町町内会、須賀川市、県中建設事務所合意書に調印し、除雪機貸与による歩道除雪が可能となったとの記事が掲載されていました。そのことに関連して質問いたします。  

伊達市議会 2016-09-06 09月06日-02号

それから、次、大雪があった際に、その後は各小中学校配置された除雪機があったと思いますが、その運用規程や、万が一の事故があった際の保険についてお伺いいたします。 ○議長安藤喜昭) 答弁を求めます。 建設部長。 ◎建設部長佐藤博史) お答えいたします。 除雪機配置でございますが、現在、伊達市管内において27校に配置してございます。

塙町議会 2016-08-09 09月08日-01号

なお、草刈り機は肩かけ式や背負い型の草刈り機が主流であるが、トラクターに装着するハンマーナイフモア(ロータリー型)やアーム型ハンマーナイフモアガードレール越しにも草刈りができる)等、高額の機械があるので、除雪機同様に補助事業考えるべきではないか。 また、駆除隊員高齢化人数等も減ってきているので、駆除隊員をふやす意味でも、わな等免許取得にも補助金考えるべきではないかとの意見が出た。

泉崎村議会 2016-06-17 06月17日-03号

1点は8ページになりますが、コミュニティー助成事業除雪機2台購入するという事の説明でありましたけれども、この除雪機どのように活用をされるのかということが1点。 それから10ページになりますけれども、白河地域ものづくり高度化海外展開促進事業、これ4町で、4市町連携で産業をサポートしていくということのようでありますが、今後具体的にはどう展開をされていくのか、ということ。