39件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

喜多方市議会 2019-06-11 令和元年第5回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年06月11日

具体的には、主な河川として阿賀野川日橋川危険水位基準値と市民への避難基準について伺います。  (2)河川増水における対策について伺います。  水害危険区域での排水ポンプ配備とその能力について伺います。具体的には市で指定、設置している水害危険区域での排水ポンプ配備とその能力について伺います。  消防ポンプなどで排水するに当たって、どの程度排水能力があるのか伺います。  

喜多方市議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年03月05日

まず、阿賀川日橋川の現在実施されている河川改修状況及び今後の河川改修計画についてでありますが、河川管理者である国土交通省阿賀川河川事務所に確認したところ、平成28年度に策定した阿賀野川水系河川整備計画に基づき整備を行っており、河道整備については流下能力の向上として堤防整備下流狭窄部改修河道掘削及び樹木伐採堤防浸透対策などを実施しており、今後も継続していくとのことであります。

会津若松市議会 2018-12-10 12月10日-代表質問-02号

その前段として、阿賀川会津河川を1つにして日本海へと流す唯一の水路であり、新潟津川から日本海までは阿賀野川と称し、経済的には会津越後を通して上方との交易には欠かすことのできない水路でありました。特に津川から塩川までの区間は勾配がきつく、難所が幾つもあって、舟運に困難をきわめたそうであります。一部は陸路を利用しながらも、舟運整備に巨額の費用と労力を投じてきたそうであります。

喜多方市議会 2018-09-10 平成30年第9回定例会(2日目) 本文 開催日:2018年09月10日

◯24番(佐原正秀君) 4番目のプッシュ型情報発信関係でございますが、これにつきましては、先ほど阿賀野川については、山科観察所、それから坂下地区宮古観察所などに入っているということでありますが、これは警戒周知型水位計の設置なのでしょうか。どういうものが入っているのですか。その辺について伺います。

いわき市議会 2017-06-13 06月13日-03号

日本で初めて山間地での海洋教育を行うこととしたその理由として、人口4,600人の只見町が、23年後の2040年には40%減の2,600人になると予測されたことを踏まえ、少子化高齢化過疎化地方創生まちづくりなどは全て教育の課題だと捉えた上で、グローバルな視点の醸成のため、只見町の川や沢を源流とする恵みが阿賀野川に注ぎ、世界につながる海、日本海へと流れていくという自然のサイクルの視点と、海洋教育

喜多方市議会 2017-02-27 平成29年第2回定例会(2日目) 本文 開催日:2017年02月27日

このようなことを含めて、今回の川サミットのメンバーを見てみますと、国の国土交通省から、水管理国土保全局河川課長環境課長北陸地方整備局河川部長北陸地方整備局阿賀野川河川事務所長北陸地方整備局阿賀川河川事務所長福島県からは喜多方建設事務所長サミットには出席しませんでしたけれども、後ほど県の副知事と県の土木次長も参られたようでございます。  

喜多方市議会 2016-06-09 平成28年第4回定例会(5日目) 本文 開催日:2016年06月09日

開催日場所及び本市に訪れる参加者予定総人数と参加団体についてでありますが、ここ最近の全国川サミット開催地は、一昨年は利根川香取市、昨年は信濃川阿賀川阿賀野川新潟市、ことしは喜多方市、来年は四万十川の四万十市であり、喜多方での川サミット開催日及び場所につきましては、11月4日金曜日と5日土曜日の2日間にわたり開催したいと考えております。

喜多方市議会 2016-06-08 平成28年第4回定例会(4日目) 本文 開催日:2016年06月08日

4月13日及び22日に県から情報提供のあった阿賀野川臭気についてと駅周辺の強い土臭、土のにおい刺激臭に関連はないのか伺うものです。  次に、2つ目JR利用者から臭気に関する声を聞きますが、把握をしているかということで、喜多方駅を利用している方や近隣の方から強い土のにおい土臭刺激臭がするとの声があることを市では把握しているのか伺うものです。  

喜多方市議会 2016-06-06 平成28年第4回定例会(2日目) 本文 開催日:2016年06月06日

一昨年は、東京都を初め首都圏水源として日本国内経済活動上で重要な役割を果たしている利根川流域である千葉県香取市、昨年は越後平野を潤す日本最長の美しき大河であるところの信濃川、本県を源流として新潟県を流れ、そして日本海へ注ぐ阿賀野川流域である新潟新潟市、そして来年は高知県の西部を流れ太平洋に注ぐ日本三大清流の一つと呼ばれる四万十川流域である高知県四万十市で開催されます。  

白河市議会 2015-09-15 09月15日-02号

室井伸一議員 福島県は、阿賀野川水系阿武隈川水系を代表とする1級河川が数多く流れる水力資源に恵まれています。県では、福島再生可能エネルギー推進ビジョンにおいて、2040年ごろをめどに、県内エネルギー需要の100%に相当する再生可能エネルギーを生み出すという目標を掲げており、小水力発電に関しては、2020年時点で2009年比1.5倍、2030年時点で2.8倍という導入目標を定めています。 

郡山市議会 2015-06-23 06月23日-05号

阿賀野川水系水利用、これ許可をもらうのに、もう飲料水で終わってしまっているわけですから。だから申請をきちんと出して、国土交通省にもう一回出して、こういう利用で、環境利用ですというもので、もう一回書類出し直さなければ使えないんです。雨水しか入ってこないんですよ。 あとは、今言った雨水でなくて今度は浸水雨水のあれですね。

会津若松市議会 2015-06-08 06月08日-一般質問-02号

三本松地区に建設された住宅団地である水季の里は、近隣病院があり、阿賀野川を渡れば日常必要な物品は全て調達することができる商業地帯があることで完売を果たし、旧北会津地区においては真宮新町に次ぐ人口密集地に発展しております。このように両市村合併における新市建設計画に掲げられた事業については一定程度の実現をしているものと評価できるものであります。

喜多方市議会 2014-11-27 平成26年第6回定例会(1日目) 本文 開催日:2014年11月27日

また、同日、阿賀野川水系直轄砂防地すべり対策事業整備促進について、国出先機関に要望いたしました。  次に、去る10月24日、大規模災害時における代替路線となる道路網整備のほか4項目を、県選出国会議員等に要望いたしました。  また、同日、平成25年及び26年に発生いたしました豪雨災害に係る財政支援について、関係省庁に要望いたしました。  

喜多方市議会 2014-09-08 平成26年第5回定例会(2日目) 本文 開催日:2014年09月08日

新潟市とは、歴史的にも深く、この会津、それから喜多方、特に喜多方につきましては舟運といいますか、新潟は海と、喜多方は陸でございますから、阿賀野川そして阿賀川塩川町を中心としてそういった交通の関係舟運の効果という歴史的な背景がありまして、物資等についても、これは本当に新潟とのかかわりは深いわけであります。

喜多方市議会 2013-12-10 平成25年第9回定例会(3日目) 本文 開催日:2013年12月10日

それは、喜多方藤樹学、お上も庶民も武士も町民も人間はみんな平等で、大いに競い合って財をなすことは卑しいことでも何でもなく、むしろ奨励されることだということで、多くの喜多方商人は、会津藩塩川の港から阿賀川阿賀野川、越後へ、そこから海を渡り、若狭湾、敦賀湾から陸路でサバ街道ブリ街道と呼ばれるそれらの街道を通って、喜多方会津の産物を京都、名古屋、大阪に卸して、逆にそちらの地域の方々も喜多方に市を

郡山市議会 2013-06-24 06月24日-06号

なお、猪苗代湖を含む阿賀野川水系での水力発電開発はその後も積極的に進められ、1914年に設置された猪苗代第一発電所では東京への送電に成功し、福澤桃介浅野総一郎ら、当時の有力水力発電事業者に大きな影響を与えるなど、日本水力発電史を語る上で欠かすことのできない存在となった。以下略します。 以上のように、政府経済産業省も高く評価しております。

会津若松市議会 2012-12-11 12月11日-一般質問-03号

さらに、新市建設計画策定の際に国県への重点実施要望として、河東地域分として統合福島県立病院整備をはじめ9事業北会津地域としては阿賀野川新橋梁の整備事業重点要望事項として挙げられております。統合福島県立病院整備事業は、会津医療センターとして平成25年5月に開院の予定であることは承知しております。他の事業進捗状況について示していただきたいと思います。 

  • 1
  • 2