127件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

郡山市議会 2020-03-09 03月09日-06号

発生後、急速に発達し猛烈な勢力となった台風第19号は、強い勢力を維持したまま、10月12日午後7時頃に静岡県伊豆半島に上陸し、関東地方甲信地方にも甚大な被害をもたらしながら、福島県から東北地方を縦断しました。本市においては10月11日午後3時、自主避難者を受け入れるために総合福祉センターなど計5か所の避難所を開設しました。

会津若松市議会 2020-03-02 03月02日-一般質問-02号

しかし、平成24年から関東地方関西地方など都市部において、20代から40代の成人男性中心患者が増加し、平成25年には1万4,000人を超える患者と32人の先天性風疹症候群の赤ちゃんの出生が報告されています。ここでは都市部とありますが、今年1月には福島県いわき市で生まれた男児が先天性風疹症候群と診断されました。人が動くことによって地方でも発症する可能性が高くなっていると判断することができます。

郡山市議会 2019-12-10 12月10日-04号

去る10月6日に発生し、12日に日本に上陸した令和元年台風第19号は、関東地方甲信地方東北地方などで記録的な大雨となり、甚大な被害をもたらしました。当時、台風の接近に伴い警戒のレベルが上がり、特別警報が発表されるころには、テレビやラジオ等のメディアで気象庁職員気象予報士、ニュースキャスターが「直ちに命を守る行動を」と何度も訴えていました。

伊達市議会 2019-11-29 11月29日-02号

また、国土交通省出先機関であります関東地方整備局も、異例の記者会見を開き、河川の状況などの情報発信をしておりました。 こうした、次第に日本に接近する台風19号に備えての伊達市の事前対応は、10月12日からの災害対応の経過が示されておりますが、その事前対応について、市として警戒体制に不備はなかったのか。

須賀川市議会 2019-10-11 令和 元年 10月 総務生活常任委員会−10月11日-01号

そして、それが関東地方に直撃すると。あと、915hPaで進んでくるというふうなことを踏まえまして、現在、生活課において各準備のほうを進めてございます。また、関係部署についても準備を進めておりまして、きょうの午後、臨時の市政経営会議、そちらでそれぞれの準備状況についての確認を行うと。そういうふうになっております。  以上です。 ○委員長本田勝善) よろしいですか。ほかにありませんか。  

南相馬市議会 2019-09-10 09月10日-03号

原子力発電所事故が起こった2011年の夏に関東地方では特に節電の取り組みがふえまして、クールシェアという言葉が普及しました。例えば東京都品川区では、ことしで9年目になりますが区内の62カ所の公共施設避暑シェルターという名前で開放しておりまして、施設にのぼり旗を立てて気軽に涼んでいってください、涼みにきてくださいと広報しています。

伊達市議会 2019-03-05 03月05日-02号

伊達蚕種は、関東地方などを中心に広く諸国に販売されることとなり、全国蚕種生産を牽引した地域でありました。 明治には、日本近代化を目指す中、生糸生産主要産業に位置づけられ、伊達地方蚕種生糸は、横浜から海外へ輸出されております。幕末の開港時、横浜港輸出の約4割が奥州産の生糸であったという記録もあるようでございます。 以上でございます。 ○議長(高橋一由) 池田議員

いわき市議会 2018-12-06 12月06日-05号

関東地方中心に、風疹感染患者数が急増しております。11月21日現在の全国風疹患者数は2,032人となり、昨年の93人からしますと、約21倍以上の広がりとなっているとの新聞報道がありました。大変心配です。1,000人を超す全国的な風疹流行は2012年、平成24年から2013年、平成25年以来ということです。この2年間は、風疹患者全国で1万6,000人を超える流行でした。

福島市議会 2017-12-19 平成29年12月定例会議−12月19日-03号

今申し上げたコンテストに、関東地方の34大学学生中心となって組織されておりました学生団体が特別参加しておりました。この団体は、小、中、高、大の縦の連携、あるいは大学間、産学官、そうした横の連携を図り、一人でも多くの人がかかわれるオリンピック、パラリンピックをつくるとの目的で結成されていたようであります。  

喜多方市議会 2017-09-13 平成29年第6回定例会(4日目) 本文 開催日:2017年09月13日

ところが、関東地方原料本部があるのですが、そこの方がわざわざ来てくれて、そしてそこにモデル圃場をつくって、これは喜多方市の若い農業者でありますが、その方が代表になって、今やっておりますが、雄国地区についてもそういう未利用地がいっぱいあるのです。それで、一つはまず試作しましょうとなりました。ところが、ポテトハーベスターなど機械がないのです。