15件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

いわき市議会 1974-03-20 03月20日-06号

さらに処理補修には完全な基準にまで達成するよう配慮する、などの当局の態度が明らかにされたのであります。 なお、先般来からのじん芥収集実態調査の集計結果が提示されたのでありますが、この結果表は、本日、議員各位のお手元に当局からの配付を要請したのであります。当委員会としても、この実態調査の結果から判明した問題点を的確に把握して、収集業務改善方につとめられるよう付言しております。

いわき市議会 1974-03-02 03月02日-01号

第6目南部し尿処理場建設費でございますが、現在の処理老朽化し、処理能力限界を来たしているため、本年度から3カ年継続事業で総額7億2,300万円を投じ、1日150キロリツトルの処理能力を有する処理場建設することとし、本年度はその初年度分事業費とし2億1,800万円を計上し、し尿処理対策の万全をはかろうとするものであります。 次の第5款労働費についてご説明いたします。 

いわき市議会 1973-08-20 08月20日-01号

また第2項清掃費のうち第5目し尿処理費につきましては、処理搬入道路舗装工事並びに処理施設改善整備をはかるために、これが経費1,860万円を計上いたしました。 次に、第3項上水道費の第1目上水道施設費につきましては、矢田川運動公園整備等給水管布設工事費に対する上水道会計への長期貸付金といたしまして、200万円を補正計上いたしたものであります。 

いわき市議会 1973-06-14 06月14日-04号

第3点、処理改築について、6月5日に福島民報が報道した問題もありますが、老朽化していることが最大の問題です。内部清掃センター稼働後の改築ではあまりにもおそ過ぎますいまから改築にかかる内部清掃センター稼働と同時くらいには供用開始できるような方途を講じられないかどうかお伺いいたします。 現在における問題点として、1つ、敷地内に穴を掘って汚物を埋めざるを得ない状態にある。

いわき市議会 1973-03-07 03月07日-03号

第2点として南部し尿処理センター建設についてでありますが、現在は処理で処理している現状でありますが、この施設は合併前の施設老朽化もはなはだしく、規模も小さく、ごみ焼却場と併設となっております。南部地域の開発が急速に進んでいる現在、当然処理能力限界が生じております。かような観点から早期実現を必要と思いますが、その考えをお尋ねいたします。 第3点として野外投棄についてお伺いいたします。

いわき市議会 1972-06-13 06月13日-03号

そして、その3番目は、現在の処理をいかに活用していくかという問題でございます。 そのうちの処理活用につきましては、ブルドーザーを購入し、整地をして十二分な活用を現在のところはやっております。したがって、今後もこのことについては十分に活用していきたい。 それから2番目の、他の焼却場への持ち込みの問題でございますが、このことは距離的にかなりの問題はあります。

いわき市議会 1971-09-17 09月17日-03号

なお、この際お聞きしておきたいのですが、1つは、処理に行ってときに、大型トラックにまっ黒くといってよいほどハエがついているのです。よく見ると野積みになっているごみの山にも一面に群がっております。以前にもただしたことがありますが、このことで処理場近辺市民もたびたび強い苦情があり、このことに対する処置がなされておりません。処理場に対する昆虫駆除剤の予算が十分とれないものなのかどうか。

いわき市議会 1971-07-06 07月06日-03号

第2番目は、処理の問題でございますが、これはちょっとと混同しているんではないかと思いますが、市長が答弁申し上げましたのは、いわゆる屎尿処理場の問題でございます。このことは、要するに2,300万円をかけますと、年限にして大体4年ないし5年はもつということになっております。

いわき市議会 1970-12-04 12月04日-01号

第4目屎尿処理費におきましては、内郷処理場消石灰購入及び処理光熱水費不足分の追加、平処理場脱硫機の取り付け、内郷処理場補修工事収集業務に要する車の修繕その他の経費を計上いたしたものでございます。 第3項上水道費の1目上水道施設費27万4,000円は、四倉薬王寺簡易水道事業資材単価上昇によりまして、一般会計より繰り出す金額でございます。 

  • 1