3487件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2026-09-18 09月18日-一般質問-03号

そして、不可欠な機能として防災備蓄避難場所等整備したいとする構想であります。 一方、県立病院跡地利活用基本構想と同じくして、本年4月に公表した庁舎整備基本計画では、昭和12年7月1日に建設した本庁舎旧館は、耐震性を確保し、保存、活用し、昭和33年5月1日に建設した新館は取り壊し、その場所庁舎機能を集約した総合庁舎を建設するというものです。 

会津若松市議会 2025-06-19 06月19日-一般質問-04号

特に東山地区での避難場所避難所指定になっている東公民館東山小学校は、土石流被害想定範囲に入っております。住民の多くが不安を抱えていますが、安心して避難できる避難場所避難所を示しておかなければならないと考えます。飯盛山団地町内会は、近くに避難場所がないため、土砂被害の起こらない町内会避難をすることとしております。

会津若松市議会 2020-12-11 12月11日-一般質問-04号

避難勧告発令の根拠と適否についての見解を示してください。 避難勧告発令湯川沿い地区に限定した理由を示してください。 阿賀川流域地区避難勧告を発令しなかったのはなぜか、理由を示してください。 次に、避難所についてです。今回自主避難所として開設した一時避難所は、一箕、南、大戸、東、湊の5つの公民館。そのうち湊公民館は、避難者がいないという理由で閉鎖。

会津若松市議会 2020-10-03 10月03日-委員長報告・質疑・討論・採決-06号

防災拠点としての利便性では、災害対策本部への対応観光客方々が一時的に避難できる多目的スペース計画するなど、拠点としての整備を図り、防災拠点としての機能を確保するとのことです。 次に、狭い敷地に50年、100年と使用する新庁舎を建設して、市民の生命、財産を守れるのかの質問には、防災拠点は多くの人が集まる場所であるかどうかは想定した災害によって違う。

会津若松市議会 2020-09-17 09月17日-一般質問-02号

また、災害によって避難を余儀なくされたとき、避難所での環境にも配慮していかなければなりません。特に子供や妊産婦、障がい者、高齢者など、安心して避難できる環境改善が求められます。私は、今まで何度も防災への取り組み重要性質問してまいりました。今回は子供防災教育避難所のあり方についてお聞きいたします。 中項目1、市の総合防災訓練

郡山市議会 2020-06-18 06月18日-02号

(4)避難所の環境について。 今回の水害では、避難所以外でもイオンタウン郡山市立美術館駐車場を開放し、車の避難所を設けました。子どもを持つ家庭からは、避難所では子どもが走り回り、避難されている方々へ迷惑かけないか心配などの声や、女性からは、避難所では周りからの視線を感じて精神面で不安になるなどの声があり、避難所ではなくイオンタウン郡山市立美術館駐車場で車中で一夜を過ごされた方もいました。

郡山市議会 2020-06-15 06月15日-01号

次に、指定避難所の整備については、災害時の電力確保等を図るため、湖南地区最大指定避難所である湖南小中学校太陽光発電・蓄電池を設置するとともに、屋内運動場等照明LED化に要する予算を計上しております。 次に、放課後児童クラブ施設整備については、民間施設を活用し、大島小第2児童クラブを増設するほか、行健第二小第2児童クラブ環境改善を図るため、トイレの洋式化に要する予算を計上しております。 

塙町議会 2020-06-12 06月12日-02号

◆2番(菊地哲也君) 次に、万が一、災害避難しなければならない場合の対策、特にコロナなどの感染症に対する備えは喫緊の課題だと思います。 備品などはかなりそろっているようですが、避難する人はもちろんのこと、避難所で面倒を見る、例えば区長さんはじめ、区役員の方、役場の人、消防団員など多くの人たちが関係します。密集をしないなど3密の問題を含め、避難所の感染症対策について伺います。

平田村議会 2020-06-09 06月09日-02号

歳入では、新型コロナウイルス感染症対応臨時交付金5,105万4,000円、福島避難所の新型コロナウイルス感染対策強化事業補助金100万円、財政調整基金繰入金2,638万3,000円を増額補正しております。 よろしくお願いいたします。 ○議長吉田好之君) 提案理由の説明を終わります。 ここで、10分間休憩いたします。場内の時計で、11時5分まで休憩といたします。

平田村議会 2020-06-03 06月03日-01号

村の地域防災計画は、さきの改定から5年が経過し、この間、全国各地で発生した災害の教訓と大型化している自然災害により、避難行動の考え方や要支援者への対応などを考慮した指定避難所の在り方など、国や県において細部にわたり改定されてきたのを踏まえ、村でも計画見直しを行い、4月に地域防災計画書を各関係機関に配付いたしました。

川内村議会 2020-05-19 06月10日-01号

次に、本年1月から4月末までの双葉郡内における火災発生救急出動について、火災建物火災4件、その他の火災が1件、このうち避難指示区域内での件数は2件となっております。また救急出動件数は382件で、主な種別は急病が219件、交通事故47件、一般負傷38件、労働災害が15件との行政報告がありました。 次に、監査報告があり、監査結果は適当及び良好との報告でした。 

塙町議会 2020-05-13 06月11日-01号

2項県補助金1,292万7,000円の増額、1目総務費県補助金は、避難所に係る新型コロナ感染症対応のための増額となります。4目農林水産業費県補助金は、交付内示に伴い農業費補助金及び地籍調査事業費補助金増額するものです。5目商工費県補助金は、福島地域創生総合支援事業補助金増額するものです。7目教育費県補助金は、新型コロナ感染症対策教育費補助金増額するものであります。

福島市議会 2020-03-25 令和 2年 3月定例会議−03月25日-07号

1 本市農産物及び観光地風評実態及び要因調査を実施し、引き続き必要な対策を講じること 2 本市から自主避難している市民に対する帰還環境整備及び必要な支援を講じること 3 放射能汚染について将来の健康不安を抱えることがないよう、本市健康増進に関する取り組みに対して特段の支援を講じること 4 復興再生事業については、本市及び福島圏域自治体も含めた地域の実情や特殊性を十分汲んだ上で、引き続き中長期的な