72件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島市議会 2020-12-07 令和 2年12月定例会議-12月07日-03号

第3波では、福島市の場合においても感染者が増えており、今後も近隣市町も含め感染拡大が懸念されています。病床の占有率について、今後の入院の受入れ体制も含め伺います。 ◎健康福祉部長山田準) 議長健康福祉部長。 ○副議長尾形武) 健康福祉部長。 ◎健康福祉部長山田準) お答えいたします。  

伊達市議会 2020-09-10 09月10日-04号

ただ、本市におきましては、妊娠が分かって、それから1歳、2歳、3歳となっていく段階で、近隣市町医療機関をご利用いただくことにならざるを得ない状況でありますが、ただ妊娠中の方が不安なく出産に臨めるように、伊達市版ネウボラ事業、専門のネウボラ保健師が1人、常時、携帯電話で連絡を取れるような体制で取り組んでおりますので、妊産婦の相談に当たって対応できているというのが、現在のところでございます。

伊達市議会 2020-06-18 06月18日-05号

したがって、伊達市議会は阿武隈川の河川による水処理のみにとどまらず、全国各地で取り組まれている、河川改修以外に分水・隧道等を掘削して水を処理する方法の実現に向け、近隣市町、宮城県は丸森町、角田市、県内は桑折町、国見町、福島市、二本松市、本宮市、郡山市、須賀川市等精力的に働きかけ、実現を図りたいと考えていることから、市当局におかれましても、ご理解の上、共に実現に向け行動されることを切望する。 

伊達市議会 2019-09-12 09月12日-04号

それでは次に、デマンド交通での近隣市町相互乗り入れを拡大していくことなども利用促進につながる。実際にデマンド交通事業に取り組んでいるところで、そういったことを取り入れて利用促進につながっている事例もあります、恐らくご存じでしょうけれども。このことに関しても、市当局としてどう考えているのか、見解についてお示しください。 ○議長高橋一由) 直轄理事。 ◎直轄理事谷米博成) お答えいたします。 

福島市議会 2019-03-12 平成31年 3月定例会議−03月12日-05号

福島松川スマートインターチェンジについては、本市近隣市町、松川地区自治振興協議会のほか、国、県、ネクスコ東日本等関係機関で構成する地区協議会において、車長12メートル以下に対応するスマートインターチェンジへの改良に向け、パーキングエリア内の施設改修アクセス道路改良など、課題の整理を行っているところでございます。 ○副議長粟野啓二) 渡辺敏彦議員

伊達市議会 2018-06-14 06月14日-04号

近隣市町だとやはり歯科検診をやっているところは少ないのですよ。 また、障がい者施設の方から聞いたのですけれども、例えば、では障がいのある方たちが施設歯科検診を受けたくても、市のほうに問い合わせると、それぞれ歯医者で個別にお願いしますと、その費用がやはりばかにならなかったりします。

相馬市議会 2018-03-09 03月09日-03号

それぞれの事情があり、転出していることとは理解しますが、現在の近隣市町への転出状況及び抑制施策について伺います。 次に、3点目ですが、近年、市内に新築住宅が多く建設され、相馬市で新たに生活する方々がおります。相馬市に転入している方ももちろんおりますが、中にはもとの住所を残したままで転入されていない方もおります。 

伊達市議会 2018-03-08 03月08日-04号

◆3番(佐藤清壽) 住宅面的除染を希望する世帯除染は、やはり近隣市町と同じく公平に除染に対処すべきと、前の市長には訴えてきましたが、かないませんでした。 新市長須田市長キャッチコピー、“須田は変えます”です。Cエリア除染を希望する世帯への除染検討、または追加除染について考えを市長に伺います。 ○議長安藤喜昭) 答弁を求めます。 市長。 ◎市長須田博行) お答えいたします。 

伊達市議会 2018-03-06 03月06日-02号

あわせて、これがなるべく東北中央自動車道が開通するのと同じくらいの時期に本当はできるとインパクトもありましょうし、非常にあの地区にとってもメリットがあるのかなと思いますので、今後とも、そういった、今、近隣市町並びに県との協議の中でご理解をいただくように取り組んでいくという話ですけれども、一層力を入れて取り組んでいただきたいというふうに思います。お願いしたいと思います。 

本宮市議会 2017-12-07 12月07日-02号

〔18番 国分勝広君 登壇〕 ◆18番(国分勝広君) 公共工事入札でありますが、最近の入札結果、多世代交流施設落札率が99.86%、平成28年の本宮第二中学校グラウンド、これも99.8%、その質問に対して近隣市町でも同様の傾向が見られると。これは近隣市町はどこを指しているんでしょうか。 ○議長渡辺由紀雄君) 総務部長。 ◎総務部長渡辺正博君) 答弁をさせていただきます。 

伊達市議会 2017-12-06 12月06日-03号

ですから、近隣市町ではきちんと政府の言う1ミリシーベルトに向かったり、半沢直轄理事の口をかりればスポット除染もあったとかと言いながらも、きちんと1ミリシーベルトに向かっておやりになっているということだと思うのです。そういう意味では甚だ残念でありましたけれども、Cエリア除染をしていただけなかった事については裏切られたという気持ちがいっぱいなのだというふうに思っています。

伊達市議会 2017-12-05 12月05日-02号

ましてや、近隣市町村伊達市とは違う取り組みをして、伊達市がもっとその近隣市町よりもきめ細かな市民に寄り添った除染がなされているなら問題ありませんが、近隣市町村がやっていることもできていない状態ですよ。 そして、前の答弁では、伊達市が正しくて近隣市町村が間違っているというふうな、そのような答弁をいただきました。

伊達市議会 2017-06-14 06月14日-03号

◆15番(高橋一由) 私は、市民の健康を守る立場の放射能対策課の方が大丈夫だろうみたいな話の中で除染をしない、近隣市町は全部やった、0.23マイクロシーベルトを超すところは恐らく空間線量ではない状況になっているだろうというときに、先ほど示しました、すぐその近くで、あるいは例えば今回情報開示請求をしていただいたいわゆる伊達市が宮崎・早野論文先生方に渡した資料と同じものを情報開示してくれた方がいらっしゃいます

伊達市議会 2017-03-02 03月02日-04号

また、観光の充実という部分につきましては、これも先ほどと同じでありまして、近隣市町村と連携しまして、この辺も伊達市単独という部分では、やはり範囲的な問題も、あと魅力的な部分についても薄い点もあるかと思うので、近隣市町と連携して、満足していただけるような観光ルートを今後検討してまいりたいというふうに考えております。 ○議長安藤喜昭) 答弁を求めます。 市長

伊達市議会 2016-12-08 12月08日-04号

近隣市町は全て実施されている中にあって、伊達市のみCエリア面的未除染市民にとってどのように幸せと健康維持につながるのか、わかりやすく納得できる詳細説明を求める。つまり、やらないやらないと言っていますけれども、健幸都市を標榜していて、やらないという決断をしたという背景には、これで十分市民は幸せなのだということがあってのことなのだろうと。