運営者 Bitlet 姉妹サービス
1090件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-12 福島市議会 平成31年 3月定例会議−03月12日-05号 さて、広域農道からこの清水観音方向に向かい、清水地区、富山地区の集落を通り、林道北山線に入ります。本来静かな地域で、そのよさを気に入り、引っ越してこられた方もいらっしゃいます。しかし、近年状況が変わってきました。  そこで、質問です。 もっと読む
2019-03-08 須賀川市議会 平成31年  3月 建設水道常任委員会-03月08日-01号 それから、市道の維持管理ですが、これは今まで主な生活道路と言われているところを管理、整備されてきているかと思いますが、農道に近いような市道、そこに家が1軒しかない、2軒しかないといわれているようなところの整備も、今後は復興からの発展期ということであれば力を入れていくべきではないかなというふうに提言をします。  以上です。 もっと読む
2019-03-06 須賀川市議会 平成31年  3月 定例会−03月06日-04号 そこで、農道や用水路に関わる維持管理についてどのように行っているのか。また、維持管理に対する市の補助事業などがあれば、本年度の実績について伺います。  さらに、維持管理に農業従事者以外の地域住民が協力するような事例はあるのか、お伺いをいたします。 ◎産業部長(石堂伸二) ただいまの御質問にお答えをいたします。   もっと読む
2019-01-21 須賀川市議会 平成31年  1月 建設水道常任委員会-01月21日-01号 あと、市道の整備については、非常にこの農村部に来ると都市部と違って、我々から見ると農道と思っているんだけれども、実際それが市道になっちゃっているわけね。そうすると、同じ市道という捉え方されちゃうと、どうしても農村部の市道については手が付けられないというのが現状なんだよね。   もっと読む
2018-12-14 須賀川市議会 平成30年 12月 建設水道常任委員会-12月14日-01号 具体的には、敷地が幅員4m以上の農道、その他これに類する公共の用に供する道、ここでは道路と道の用語を使い分けしております。この場合では、道路ではなく道の表現を用いております。 もっと読む
2018-12-14 福島市議会 平成30年12月14日経済民生常任委員会-12月14日-01号 ◎農業振興室長 当初農道空港として整備した当初の目的は、やはり農道飛行場として新鮮な野菜類を首都圏のほうに運搬してというような目的があったわけでございますけれども、やはりどうしてもそういった需要が余り見込めなかったということで、これまでの経過の中で、農道空港、農業振興はもちろんあるのですけれども、そのほかに多面的な活用を考えていきましょうという中で、観光の視点とか、そういったものを入れながら、この農道空港 もっと読む
2018-09-21 須賀川市議会 平成30年  9月 決算特別委員会−09月21日-01号 多面的機能支払交付事業につきましては、集落ごとに農用地や水路農道、ため池等の供用施設の維持管理を支援する制度となってございます。  以上です。      (「了解しました」と呼ぶ者あり) ○委員長(大寺正晃) ほかにありませんか。 もっと読む
2018-09-20 会津若松市議会 平成30年  建設委員会-09月20日−03号 その条件で優先順位を決めておりますので、中身的にはまず幅員がどの程度あるかということ、それから家屋が連檐しているか、それから利用度、公益度ですね、農道的道路なのか住宅内の道路か、歩行系なのか車道系なのか、もう一つが公共公益施設に接続しているかどうかなどなど9項目についてある程度点数を割りつけまして、その合計点によって優先順位を決めておる状況でございますので、その点数が高いほど次の年にやるべきだというような もっと読む
2018-09-19 福島市議会 平成30年9月19日決算特別委員会経済民生分科会−09月19日-01号 これは、所管する農業用用排水路、農道、水門などの施設整備を目的とし、自治振興協議会要望を基本に緊急度の高い施設の工事等を行ったものでございます。  2番、農業基盤整備促進事業費4,076万2,000円は、須川堰地区、熊ノ田地区で農業用水利施設を整備したものでございます。   もっと読む
2018-09-18 会津若松市議会 平成30年  建設委員会-09月18日−02号 ◎陳情者(星幹雄) 農道の補修ですね、砂利敷いて補修とか。それは、今は農道はやっています。ただ、市道3級は今のところやっていません。 ○委員長(佐野和枝) 髙梨委員。 ◆髙梨浩委員 国の政策としてほ場整備やって道路広げたときは、昔の道路の幅しか原形復旧しないのです、国は。どこの集落も困っている状況なのです。 もっと読む
2018-09-14 福島市議会 平成30年9月14日建設水道常任委員会-09月14日-01号 あと、(2)のほうにつきましては、建築物を建てる際には敷地と道路は接していなければならないのですけれども、例えば間に水路が入っているとか、あるいは基準法で定義している道路ではないのですけれども、実態上道路になっているようなものと接しているとか、そういったものがあるのですが、そういった場合、安全上支障がなければ許可をする形でやっているのですけれども、今回道路状になっているもの、いわゆる農道、そういったものは もっと読む
2018-09-13 福島市議会 平成30年9月13日経済民生常任委員会-09月13日-01号 【「農道空港」と呼ぶ者あり】 ◆山岸清 委員  農道空港。ただ、それは要するに国体用の道路のそれにちょっとくっつけた農林省からのあれでなったのかなと思って、いいのだけれども、ただあのとき大分フライト農業に期待していたのだよ。ところが、実際はだめなのだよね。 もっと読む
2018-09-13 喜多方市議会 平成30年第9回定例会(5日目) 本文 開催日:2018年09月13日 いわゆる農道だったものを市道に振りかえる場合ということでよろしいでしょうか。済みませんが、質問の要旨をもう一度確認させていただきたいのですが、お願いします。 ◯議長(佐藤一栄君) それでは、もう一度質問をしてください。時間はとめておいてください。   もっと読む
2018-09-11 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月11日−一般質問−03号 土地改良施設の代表的施設である農道や用排水路、とりわけ排水路の維持管理は重要であると考えます。しかし、近年のたび重なる豪雨は、河川につながる末端の水路ほど許容量をはるかに超えるものとなっているため、低い土地の浸水により農地や家屋までがその被害を受けることがたびたび起こっています。 もっと読む
2018-06-15 喜多方市議会 平成30年第6回定例会(6日目) 本文 開催日:2018年06月15日 ただ、私は、仮称田原・熊倉線、いわゆる広域農道関係なのですけれども、ここの箇所の今回の走行中の車両に損傷が、穴ぼこが生じたということで、詳細にわかれば穴ぼこの大きさ、深さ、あるいは1カ所だけにはまって損傷が生じたのか。次に、この穴ぼこは以前補修したのか、あるいは道路の老朽化によって新たに生じた穴ぼこなのか。3つ目は、ここの管理、西田原橋から西のほうは旧喜多方になるわけです。旧喜多方の慶徳町です。 もっと読む
2018-06-12 喜多方市議会 平成30年第6回定例会(3日目) 本文 開催日:2018年06月12日 事業着手前の当該地区では、圃場や農道が未整備のまま利用されており、また水資源に乏しく、用水系統が複雑であるため、未利用の山林・原野等の開畑と、既に利用されておりました公地の区画整理とあわせて、農業用用排水施設の新設・改良等が行われたものであります。  総事業費といたしまして228億円であり、事業期間といたしましては、昭和45年度から平成4年度にかけて実施されたものであります。   もっと読む
2018-06-12 福島市議会 平成30年 6月定例会議−06月12日-05号 事業の成果といたしましては、今年度において平成19年度の事業開始時より約2倍の取り組み面積となっていること、また本市の農振農用地面積の38%をカバーしていることから、地域住民の皆様が共同で農地を守っていく仕組みが広がり、水路、農道等の農業施設の良好な維持管理が図られているものと考えております。 ○副議長(粟野啓二) 尾形武議員。 ◆26番(尾形武) 非常に効果がある事業だなと思っております。   もっと読む
2018-03-12 須賀川市議会 平成30年  3月 予算常任委員会(1)-03月12日-01号 (4)多面的機能支払交付事業1億6,869万4,000円は、農道、排水路など農業用施設の保全の取組に対する交付金であります。  (5)水田フル活用推進事業9,699万6,000円は、平成29年度までは米需給調整対策推進事業としていたものでありまして、農家所得の向上と経営の安定を図るため、地域の特性を生かした米の需給調整に取り組む農業者への助成並びに事務的経費であります。   もっと読む
2018-03-08 福島市議会 平成30年 3月定例会議-03月08日-03号 また、ふくしまスカイパークは、農産物を消費地へ空輸するための農道空港として開設されましたが、平成18年度の指定管理者制度導入を契機に、指定管理者であるNPO法人ふくしま飛行協会により、多目的に利用する施設として再生されました。 もっと読む
2018-03-05 喜多方市議会 平成30年第3回定例会(2日目) 本文 開催日:2018年03月05日 次に、総合支所の産業課と建設課の統合による住民サービスの向上についてでありますが、現在、各総合支所産業課では7人から9人の職員により、主に支所管内における農林水産業及び商工観光業の振興、農道、林道の保全、農林業施設等の維持管理等の業務を行っており、また総合支所建設課では3人から4人の職員により、主に道路、橋梁、公園、市営住宅、その他施設の新設、改良及び維持管理、法定外公共物の管理、冬季間の道路除雪、 もっと読む