353件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2021-03-03 03月03日-一般質問-04号

同時に、規模縮小や離農を希望する農家などの所有地農業機械などの資源のリスト化を進め、併せて農業経営農作物づくりのノウハウも指導していただくことにより、新規就農者設備投資を抑えるとともに、速やかに営農活動ができる仕組みを構築する必要があると考えますが、認識を示してください。 次に、農家所得向上を目指す取組について伺います。県は、令和年度主食用米作付面積の目安を示しました。

矢祭町議会 2021-02-26 03月08日-01号

こちらは農業機械使用料等でございます。 4目商工使用料77万6,000円。こちらはバンガロー使用料舘山ランド施設使用料等でございます。 5目土木使用料1,797万6,000円。こちらは1節道路使用料NTT電話柱及び東北電力柱、2節の町営住宅使用料等でございます。 6目教育使用料764万4,000円。こちらは3節のスインピア矢祭使用料等でございます。 2項1目総務手数料273万6,000円。

南相馬市議会 2020-12-16 12月16日-06号

加えて、貸与する経営体の中でも、いろいろな考えに基づいた農業機械の納入という考えはあるのかただしたところ、農業者の意向に沿った形で導入を進めている。例えば、機械とかであれば格納ハウスパイプハウスが納入されてからのほうがいいという団体であれば、極力農業者要望に沿う形で導入を進めたいと考えているとの答弁がありました。 審査の結果、本案は原案のとおり可決すべきであると決しました。 

二本松市議会 2020-12-07 12月07日-02号

それから、農業経営安定化対策ということで、一つの大きな目標のカテゴリーで申し上げますと、従来これまで実施いたしておりました、先ほど申し上げましたとおり認定農業者育成事業、これ機械補助でございますが、こちらの方、それから農業機械保守点検補助、こちらの2点につきましては、経営安定化のための、あまり他市町村では見られない市独自の事業であるというふうに認識をしております。

いわき市議会 2020-12-03 12月03日-01号

・ 令和元年東日本台風等により被害を受けた農業者農業機械農業施設復旧費用などを補助するため、第6款農林水産業費、第1項農業費、第3目農業振興費について、4,153万1,000円を計上。 ・ 市管理河川のうち、大雨による護岸崩落が頻繁に発生する河川について、護岸工事を実施するため、第8款土木費、第3項河川費、第2目河川維持改良費について、3億円を計上

棚倉町議会 2020-09-25 09月25日-03号

確かに5年間という、150万円という数字でございますけれども、その後、どうしようかというものでありますけれども、町としては、昨年から始まりました担い手農家支援対策支援農業機械等の購入、そこで現在は50万円ほどございますけれども、そういった支援等考えております。あと、今後の支援につきましても、県、それから国のほうにできるだけ要望などをしていきたいと考えております。 以上です。

福島市議会 2020-09-10 令和2年9月10日経済民生常任委員会-09月10日-01号

(2)の農業施設設備整備でございますけれども、周年生産体制の確立と生産性及び品質の向上省力化を図るために、ハウスなどの農業施設整備農業機械導入を促進したところでございます。  実施した事業でございますが、産地パワーアップ事業で、昨年度は米の地域集約農業を推進するためのライスセンター整備事業支援したところでございます。  

郡山市議会 2020-06-22 06月22日-04号

この経営継続補助金により、新たな販路拡大や最新の農業機械導入などを通じて事業の改善を図る農家支援する方向です。少子化に伴い、農家就業人口の減少と高齢化が続いております。 そこでお伺いします。 ①販路拡大対策について。 一部の農畜産物が供給過剰になったことを受け、市ではこれまでにどのような施策を実施してきたのかお伺いします。 ○田川正治議長 品川市長。 ◎品川萬里市長 お答え申し上げます。 

いわき市議会 2020-06-09 06月09日-03号

台風被災後、関係各位の御努力により、農業被害に対する支援については、農業機械修繕・再取得をはじめ、種子や苗の導入、洪水で流された稲わら撤去などの支援を行い、農地農業用施設復旧につきましては、早期に機能が回復できるように、優先順位をつけながら、早急な復旧工事に取り組んでいただきました。執行部をはじめ、関係各位には、その御尽力に心から敬意を表する次第であります。

二本松市議会 2020-06-08 06月08日-02号

1件、二本松市農業機械保守点検事業補助金について。 1点目、平成30年度令和年度補助事業利用件数は何件か。 2点目は、2ヘクタール以下、2ヘクタール以上5ヘクタール以下、10ヘクタール以下、10ヘクタール以上は何件あったのか。 3点目は、令和元年台風19号被害での秋収穫においてのコンバイン修理状況を把握されているのか、お伺いいたします。 ◎産業部長荒木光義) 議長産業部長

矢祭町議会 2020-06-05 06月15日-01号

款農林水産業費、1項農業費農業機械施設復旧事業1,311万9,000円。 5款1項農業費台風19号被害による農地等土砂撤去支援事業1,356万6,000円。 5款2項林業費、ふくしま森林再生事業2,095万3,000円。 5款2項林業費林業専用道戸塚線開設事業1億771万8,000円。 5款2項林業費林道小田川山下線舗装工事480万円。 5款2項、林道西原線測量設計業務275万円。 

南相馬市議会 2020-03-12 03月12日-05号

令和年度については、新規就農者は1名、農業機械は3件という形で予算要求させていただいておりますので、400万円のマイナスとなった要因でございます。 続きまして、6款農林水産業費、1項農業費、3目農業振興費、59チャレンジ作物支援事業補助金でございます。これについては、前年比90万円のマイナス要因と前年度実績についてということでございます。

郡山市議会 2020-03-11 03月11日-08号

実際に地域住民や知人と話をすると、今後の農業は、「私の体が壊れるか、農業機械が壊れるか、どちらかが壊れれば農業はできない」といった声が多く聞かれます。また、農家を廃業にするか迷っている方からは、息子や娘さんから、「農地は負の遺産だから、今から考えておいて」と言われたという話も聞きました。 このように、1次産業農業経営は非常に困難な状況になってきていると認識しているのは私だけではないと思います。 

本宮市議会 2020-03-10 03月10日-04号

令和年度事業といたしまして、地域担い手の一層の支援を図るため、農業機械等の補助購入という場合について、補助率を20%から25%に拡充をするというようなことでご提案をさせていただいているところでございます。 この制度につきましては、団体申請を行う場合には、認定農業者がこの団体の中に1名いれば、全てのほかの農業者の方は、この制度を使って、この制度を活用できるというようなことになってございます。

須賀川市議会 2020-03-09 令和 2年  3月 産業建設常任委員会-03月09日-01号

3の農業用施設農業機械等の修繕更新でございますが、農業機械につきましては、申請が235名からありまして、件数は1,996台というふうになってございます。ハウス等施設につきましては、50人から申請があり、324棟、合計延べ数ですが285人、2,320件ということになっておりまして、復旧状況復旧方針につきましては、現在、こちらの申請書類を県に提出しているところでございます。  

棚倉町議会 2020-03-04 03月04日-01号

するため、年度内完成が困難であることから、翌年度に繰り越して実施しようとするものであり、次の4款1項保健衛生費の瀬ケ野仮置場原形復旧事業費2,068万円につきましては、仮置場進入路災害復旧工事に時間を要するため、年度内完成が見込めないことから、翌年度に繰り越して実施しようとするものであり、次の6款1項農業費農業災害対策補助事業費5,760万4,000円につきましては、台風19号において被災した農業機械