801件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島市議会 2019-06-12 令和元年6月12日経済民生常任委員会-06月12日-01号

17款県支出金、2項県補助金、4目農林水産費県補助金、1節農業補助金、地籍調査事業費補助金追加397万5,000円であります。  次に、10ページ、11ページをお開きください。歳出になりますが、こちらも一番下の段になります。6款農林水産費、1項農業費、5目農地費の地籍調査事業費、調査事業費を530万円追加するものでございます。  

須賀川市議会 2019-05-30 令和 元年  6月 定例会−05月30日-01号

次に、6款農林水産費1,375万6,000円の補正でありますが、その内容は、1つには、15ページ上段、中山間地域の活性化を図ることを目的とした地域をつなぐ農村交流活動事業に要する経費180万円、2つには、森林環境譲与税基金積立金747万8,000円でありますが、森林環境譲与税を原資とする基金に本年度交付額の全額を積み立てるものであります。

福島市議会 2019-03-19 平成31年3月19日予算特別委員会経済民生分科会-03月19日-01号

まず初めに、農業振興室でございますが、歳入合計が1億7,896万9,000円、歳出合計が4億7,933万8,000円となっておりまして、前年度と比較した場合にその増減、その主な理由でございますが、歳入におきましては5,600万円余の減額となっておりますが、これは農林水産費県補助金などの減によるものでございます。

須賀川市議会 2019-03-14 平成31年  3月 予算常任委員会-03月14日-01号

次に、198ページから199ページまでの6款農林水産費、1項農業費、1目農業委員会費であります。  当局の説明を求めます。 ◎農業委員会事務局長(須田俊弥) それでは、6款農林水産費、1項農業費のうち、1目農業委員会費について御説明をいたします。  198ページ、上段を御覧願います。  本年度の予算額6,103万6,000円は、前年度に比べ779万5,000円ほどの減額となっております。  

喜多方市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(7日目) 本文 開催日:2019年03月11日

今回の補正の内容についてでありますが、国の平成30年度一般会計補正予算(第2号)に対応するものが主なものであり、まず、農林水産費の農業振興対策経費におきまして、担い手確保・経営強化支援事業補助金1,510万9,000円を計上いたしました。次に、土木費の道路橋梁維持経費におきまして、工事請負費2,250万円を追加計上いたしました。  

須賀川市議会 2019-02-21 平成31年  3月 定例会-02月21日-01号

次に、6款農林水産費1億5,807万円の減でありますが、そのうち増となる内容は、1つには、39ページ中段、農地庶務事務105万4,000円は、藤沼湖下流域公園用地の土地開発基金買戻しに要する経費、2つには、県営かんがい排水事業の新安積2期地区、白河矢吹地区に対する市負担金240万4,000円でありますが、そのほかは、事業費確定見込みなどによる減であります。  

須賀川市議会 2018-12-18 平成30年 12月 予算常任委員会−12月18日-01号

次に、16ページから19ページまでの4款衛生費、6款農林水産費、7款商工費及び10款教育費について質疑ありませんか。 ◆委員(溝井光夫) 19ページ下段の鯉のぼり掲揚事業について伺います。  この事業は、確か1980年代後半に始まったと記憶していますけれども、現在のところワイヤーとか滑車はどのような状態なのか。また、危険な状態と指摘されたので、今回補正ということになっているのか。

福島市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会議−12月11日-04号

TPP11、日欧EPA、日米FTAのいずれにおきましても、規制の緩和、撤廃による新たな国際貿易経済システムを構築し、輸出拡大や市場開拓によります国内産業国際競争力強化と成長を目指し、関係国が相互に繁栄を共有するという意義を持つ一方で、今ご指摘ありますように、農林水産をはじめとしまして国民生活や経済活動に大きな影響を及ぼすことが懸念されております。

喜多方市議会 2018-09-21 平成30年第9回定例会(7日目) 本文 開催日:2018年09月21日

歳出は、農林水産費で、歳入と同額で、前年度に比較して156.6%の増となっております。  次に、工業団地造成事業特別会計でありますが、歳入は、繰入金で3,885万円であり、歳出は、事業費で、歳入と同額であります。  次に、都市計画事業塩川駅西土地区画整理事業特別会計でありますが、歳入は、繰入金及び財産収入等で5,563万6,079円であり、歳出は、公債費及び土木費で、歳入と同額であります。

須賀川市議会 2018-09-21 平成30年  9月 決算特別委員会−09月21日-01号

(当局答弁者入替え) ○委員長(大寺正晃) 次に、290ページから293ページまでの6款農林水産費、1項農業費、1目農業委員会費に入ります。  質疑ありませんか。      (「なし」の声あり) ○委員長(大寺正晃) なければ、次に進みます。  次に、292ページから311ページまでの6款1項2目農業総務費、3目農業振興費に入ります。  質疑ありませんか。

福島市議会 2018-09-19 平成30年9月19日決算特別委員会経済民生分科会−09月19日-01号

主な内訳といたしましては、2段目、16款県支出金、2項県補助金、4目農林水産費県補助金決算額が1,099万3,000円です。これは、農業委員会等に関する法律に基づく交付金でございます。  次に、3段目、21款諸収入、4項受託事業収入、2目農林水産費受託事業収入決算額が157万7,600円です。これは、独立行政法人農業者年金基金からの業務受託に伴うものでございます。

須賀川市議会 2018-09-19 平成30年  9月 予算常任委員会−09月19日-01号

(当局答弁者入替え) ○委員長(安藤聡) 次に、20ページから23ページまでの6款農林水産費、7款商工費及び8款土木費について質疑ありませんか。 ◆委員(大倉雅志) 23ページの最上段の道路環境の整備について伺います。  この整備対象というのは、どういったものが対象になるのか。例えば舗装とか、側溝とかというふうなことで、その対象になっているものはどのようなものなのか、まずお伺いをいたします。

福島市議会 2018-09-14 平成30年9月14日建設水道常任委員会-09月14日-01号

6款農林水産費、1項農業費、5目農地費のうち、説明欄の一番下の農業集落排水事業経営費等補助金は、農業集落排水事業会計に支出するものですが、38万9,000円を追加するものでございます。  次に、24、25ページをごらんください。8款土木費、4項都市計画費、8目公共下水道費、下水道事業経営費等補助金は、下水道事業会計に支出するものですが、1,225万7,000円を追加するものでございます。  

福島市議会 2018-09-13 平成30年9月13日経済民生常任委員会-09月13日-01号

6款農林水産費、1項農業費、3目農業振興費でございます。一番右側の説明の欄をごらんください。農業経営基盤強化費1,812万7,000円を追加するものでございます。内訳は、経営体育成支援事業費383万3,000円、産地パワーアップ事業費1,344万4,000円、第三者認証GAP取得等促進事業費85万円でございます。  次に、その下でございますが、園芸奨励費550万円を追加するものでございます。