7件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

二本松市議会 2007-03-15 03月15日-05号

農業従事者の減少や農家経営高齢化が進む中、担い手の皆様には大いに意欲ある農業者として、農業技術地域営農等などで後輩のご指導等を含め、ご奮闘いただければ、大変ありがたく、また、団塊の世代の皆様の就農も大いに歓迎をいたすものでございます。 しかし、機械導入にあっては、経費負担軽減等から、過大な投資にならないよう配慮する必要があると考えております。 

南相馬市議会 2001-12-17 12月17日-02号

この件を踏まえますと、やはり私たちの50歳、55歳以上の方々の農家経営が過ぎますと、そのあとの後継者につきましては、ほとんど農業をしない傾向にあるのではないかと推測されるわけであります。 私たちの周りを見ましても、ほとんど農業に携わっている経営者はいないのであります。その点から踏まえまして、やはりもう少し何か支援策というものがあってしかりではないのかと思います。

南相馬市議会 1995-12-12 12月12日-03号

そしてなおかつ、実質強制減反には6割が不満というデータが出ておりまして、この辺の問題点地域農業の政策の中で、国の施策を受けて私たちは進めなければならない、法的なかかわりとの問題と、現実、稲作に取り組む農家経営との不満吸収については、随分と苦労どころが今後重なってまいるのではないかと率直に考えているところでございます。 ○議長(石川幸道君) 経済部長

いわき市議会 1969-09-26 09月26日-03号

いわき市の農業稲作にベースにおいた山間にあっては畜産と山林を、山ろくから市街地にかけては養蚕、たばこ蔬菜、園芸、促成作物のいずれかと組み合わせ、市街地にあってはサラリーマン、小売商業、漁業、自由労務等と組み合わせた零細農業で、後継者に悩むばかりでなく農業の将来性に自信をなくして農家経営後継者に対する指導者としての資格を失いつつあります。市もその点をくみ取っているのか。

  • 1