31件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

会津若松市議会 2021-03-02 03月02日-一般質問-03号

今後担い手の農業経営拡大に伴う農業用施設農家住宅等の建築が見込まれる中、農業振興地域整備に関する法律に基づく手続が不要な農地転用については、住民サービスの向上はもとより、地域農業集落活性化につながるものと考えられることから、権限委譲について県等と協議を行ってまいります。 次に、田園集落ゾーンに対する認識についてであります。

郡山市議会 2020-09-10 09月10日-04号

このことから、農地付き空き家農家住宅分家住宅等の場合には、都市計画法における用途変更許可手続が必要となります。ただし、農地付き空き家市街化調整区域に指定された昭和45年または昭和59年以前から存在する住宅の場合については、都市計画法手続は不要となります。 以上、答弁といたします。 ○田川正治議長 栗原晃議員。    〔23番 栗原晃議員 登台〕 ◆栗原晃議員 次の質問をします。 

須賀川市議会 2020-03-09 令和 2年  3月 産業建設常任委員会-03月09日-01号

都市整備課長山寺弘司) 今の農家住宅の件でございますが、都市計画区域内の調整区域に関しましては、国のほうから、今後、利活用にできるだけ利活用するということで、マスタープラン等の中に盛り込むようなことで、調整区域に関しましては可能なこととなってくると思います。区域外につきましては、今までどおり都市計画上の許可が必要でございますので、あと農業関連の法令に沿ったような形で可能となると思います。  

南相馬市議会 2019-12-10 12月10日-03号

ただ、農家住宅のように広い敷地や玄関、縁側、勝手口など有効遮水壁が機能できないような広い土地もありますので、その部分部分を考えながら今後検証してまいりたいと思います。 ○議長今村裕君) 19番、志賀稔宗君。 ◆19番(志賀稔宗君) 今の提案は、現実にはもう実はやっている市民の方がいらっしゃいます。自力でできる人はそうやって自分でもうポンプを用意して、雨がきたらやるようにしています。

伊達市議会 2019-06-12 06月12日-03号

◆8番(菅野喜明) 例えば、今言いました農家住宅は多分一般の、農家でない方は基本的に買えないはずなので、そういった住宅等はやはり取引もある程度制限されてくるかと思うので、今ここでどうのこうのではないのですが、そういったことも含めまして、一番情報が集まる部署が市役所、あるいは農業委員会とかJAとかなので、それについても不動産的なのも含めてご紹介のほうをしていただければと思いまして、この項目を載せていただきました

福島市議会 2018-03-09 平成30年 3月定例会議-03月09日-04号

しかしながら、農家住宅分家住宅居住者日常生活を営むために必要な店舗や食堂など、一定の要件を満たせば市街化調整区域においても建築が可能となっており、これらの既存の開発手法により、自然環境と調和した中で秩序ある土地利用が進められるものと考えております。 ◎教育長本間稔) 議長教育長。 ○議長半沢正典) 教育長。      

会津若松市議会 2018-02-28 02月28日-一般質問-04号

集落内での農家住宅ですから、その点改めてお尋ねしたいと思います。 それから、ICTオフィス環境整備事業についてでございますが、例えば入居候補に挙がっている企業数及び社員数については、確かに同僚議員質問答弁されまして、この答弁では、基本計画にリストアップした企業を初め約40社と相談を行ってきており、そのうち数社と具体的な交渉を行っている。

福島市議会 2017-09-07 平成29年 9月定例会議-09月07日-02号

平成27年度では、面積で多く占めたものとしてパークゴルフ場の設置と、件数として多かったものとしては分家住宅農家住宅建設であり、これらにより25件、約4ヘクタールとなってございます。平成28年度では、主に分家住宅建設により13件、約0.7ヘクタールとなってございます。 ◆20番(阿部亨) 議長、20番。 ○副議長粟野啓二) 20番。

福島市議会 2016-06-08 平成28年 6月定例会議-06月08日-03号

また、果樹等生産農家など、一部住民の皆様のご意向を踏まえた日程の調整農家住宅など敷地面積の広い住宅除染に時間を要したことなどにより、5月の完了となったものでございます。 ◆14番(萩原太郎) 議長、14番。 ○議長高木克尚) 14番。 ◆14番(萩原太郎) いろいろな要因はあるというふうに思います。

伊達市議会 2015-06-17 06月17日-03号

それから、ちょっと問題点というか課題なのですが、伊達市は県北都市計画区域という部分がございまして、詳細な部分についてはまだわからないところもあるのですが、売買賃貸は可能でありますけれども、その後、建てかえ等々が、用途変更等もできないとか、そういう農家住宅の問題とか、そういう部分がまた明確になっていないという部分がございますので、その辺の弾力的な運用が求められるという部分でございます。 

福島市議会 2015-03-12 平成27年 3月定例会議−03月12日-06号

原発、震災による避難者本市農業をしたいというふうに希望され、農地農家住宅土地を求める需要が多いと聞き及んでおります。避難の長期化する中で避難者向け農地売買はどのように推移しているのか、お伺いいたします。 ◎農業委員会会長守谷顯一) 議長農業委員会会長。 ○副議長中野哲郎) 農業委員会会長。 ◎農業委員会会長守谷顯一) お答えします。  

須賀川市議会 2013-12-10 平成25年 12月 定例会-12月10日-02号

なお、既に事業が完了したいわせニュータウンでは、1戸当たり平均8立方メートル程度、現在実施しています農家住宅では平均30立方メートル程度であります。 ◆16番(佐藤暸二) 事業費という聞き方と行政区が13ですので、今までの24年度と25年度の予算を振り分けして3分の1というふうな考え方の予算と推定いたします。  あと廃棄物ですね。

須賀川市議会 2013-07-11 平成25年  7月 震災復興及び放射能汚染対策特別委員会−07月11日-01号

あと、第2点の1平米当たりということなんですが、これについては最初はいわせニュータウンが始まったときの一般的な住宅については1軒当たり約200万円程度というふうに見ておりましたけれども、今後、こちら農家住宅が大きくなるということで、1軒当たり250万円ぐらいを見込んで25年度ある程度進めてきたところでございます。

須賀川市議会 2013-04-11 平成25年  4月 震災復興及び放射能汚染対策特別委員会−04月11日-01号

まず、1戸当たり平均単価というようなことでございますが、今のところ、ことしについては岩瀬、長沼等、特に農家住宅さんの面積、建物が広い、多いというようなことで、まだ実際的には発注して実績があるわけではないですけれども、約1戸当たり250万円程度はかかるのではないかなということで見込んでおります。  

  • 1
  • 2