14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

二本松市議会 2020-06-10 06月10日-04号

次に、水田復旧状況につきましては、農家の皆様が自ら施工できる農地小規模災害復旧事業補助活用し、崩落した畦畔盛土復旧河川の氾濫に伴い、蓄積した土砂などの撤去作業に取り組んでいただいたことにより、公共河川災害復旧箇所に隣接する一部の水田を除いては、概ね作付に間に合ったものと認識しております。

本宮市議会 2020-03-10 03月10日-04号

白沢総合支所長移川善弘君) 市単独の本宮市農地小規模災害復旧事業補助につきましては、国庫補助対象外事業費が10万円以上40万円未満ということの事業費の範囲でございます。対象者につきましては、被害を受けた農地などを所有する農業者となっているところでございます。この補助率につきましては30%ということとしているところでございます。 以上です。

二本松市議会 2020-03-03 03月03日-04号

3点目の農地小規模災害復旧事業補助現時点での申請件数と今年度末までの進捗状況につきましては、2月20日現在で申し上げますと、市内全域で計312件の申請を受け付け、現地調査を行い、事業費の算出を進めております。地域内の内訳につきましては、二本松地域20件、安達地域22件、岩代地域110件、東和地域160件となっております。

二本松市議会 2020-03-02 03月02日-03号

2点目の農地等災害復旧作付けに間に合うのかについてでありますが、農地災害復旧につきましては、農家皆さんが自ら施工できる農地小規模災害復旧事業補助の積極的な活用をお願いし、現地確認や協議のうえ、今年の作付けに間に合うよう、多くの農家皆さんと連携を図りながら、復旧事業を進めているところであります。 

二本松市議会 2016-06-07 06月07日-01号

災害復旧費で、農地小規模災害復旧事業補助の増270万円などであります。 また、歳入においては、歳出に関連する特定財源をそれぞれ精査のうえ計上し、余剰財源については、年度内調整財源として予備費に留保することといたしました。 以上の結果、現計予算総額歳入歳出それぞれ1億7,497万9,000円を追加し、予算総額を483億4,316万4,000円とするものであります。 

二本松市議会 2016-03-03 03月03日-02号

なお、農地小規模災害復旧事業補助により対応いただいた箇所は概ね完了しておりますが、県河川災害復旧工事と隣接する農地等について、一部今後の申請も見込まれるところであります。 次に、昨年7月と9月の関東東北豪雨等災害復旧につきましては、道路河川関係では、岩代東和地区公共土木施設災害復旧道路災25ヵ所、河川災6ヵ所の31ヵ所であります。 

本宮市議会 2013-09-20 09月20日-05号

◆11番(渡辺秀雄君) 11ページの農地災害復旧費なんですが、ここで農地小規模災害復旧事業補助今回計上されているわけなんですが、今般の議会の一般質問等で多くの議員皆さん農地災害に対しての支援あり方等が議論になったところですが、これは補助金に関する規則によって補助が交付されると思うんですが、詳細はこの事業補助金要綱とか規定とかをつくるようになると思うんですが、一番はこの復旧事業費の積算

二本松市議会 2011-03-08 03月08日-03号

先の定例会にお答えいたしました二本松農地小規模災害復旧事業補助交付要綱事業実施に係る必要機器の賃借、オペレーター料金等補助事業対象額とすることが可能であります。 次に、二本松有害鳥獣捕獲隊設置要綱は、平成23年4月1日施行でありますが、捕獲隊員の身分は、有償ボランティアの位置づけとしております。捕獲隊必要経費については、今年度同額計上をいたしております。

二本松市議会 2010-12-14 12月14日-03号

次に、イノシシによる農地流亡等被害に対して、復旧支援策を講じる考えはあるかとのお質しでありますが、被害農地流失等に対する復旧支援要望現時点で出されていない状況にありますが、支援制度としては、二本松農地小規模災害復旧事業補助交付要綱により、復旧事業費の10分の3以内の補助を行うことが考えられますので、所管課へ相談をしていただきたいと思います。 以上、答弁といたします。

  • 1