運営者 Bitlet 姉妹サービス
814件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-11 福島市議会 平成30年12月定例会議−12月11日-04号 TPP11、日欧EPA、日米FTAのいずれにおきましても、規制の緩和、撤廃による新たな国際貿易経済システムを構築し、輸出拡大や市場開拓によります国内産業の国際競争力強化と成長を目指し、関係国が相互に繁栄を共有するという意義を持つ一方で、今ご指摘ありますように、農林水産業をはじめとしまして国民生活や経済活動に大きな影響を及ぼすことが懸念されております。 もっと読む
2018-12-07 福島市議会 平成30年12月定例会議−12月07日-02号 また、反対に農産物の輸出についてでありますが、まだ福島県では風評被害の影響で受け入れてもらえない国もありますが、農業の進展には農産物を輸出拡大することも重要な課題と考えます。相手国の関税のあり方について本市でどのように認識されているのかお伺いをいたします。 ◎農政部長(斎藤房一) 議長、農政部長。 ○議長(半沢正典) 農政部長。 ◎農政部長(斎藤房一) お答えいたします。   もっと読む
2018-09-13 須賀川市議会 平成30年  9月 定例会-09月13日−05号 農産物輸出関連事業の取組についてであります。  原子力災害による本県農産物への風評被害は、いまだ払拭されず、関西方面では特に米によるものがあります。そんな中、輸出の話はいかがかという向きもありますが、現在、国では農水省が農林水産物促進の輸出拡大に向けた新たなプロジェクトを立ち上げ、生産者などによる輸出産地づくりを目指す目的で、実現に向けた課題や支援策を探る輸出診断の仕組みを設けました。   もっと読む
2018-09-10 福島市議会 平成30年 9月定例会議−09月10日-03号 しかし、何せ暑いところへの輸出というものになるため、流通の過程ではかなり質が劣化し、廃棄されているものがあるとのことであります。また、値段が高いということも、ある程度問題にはなっておると聞き及んでおります。これが欧米等への輸出となれば、長時間の輸出コストや品質管理等を考えると、現物輸出というものはかなり困難なのかなと思われます。  そこで、お伺いをいたします。 もっと読む
2018-09-10 会津若松市議会 平成30年  9月 定例会-09月10日−一般質問−02号 私は、平成30年2月定例会一般質問において、農業分野においても農家所得を向上させるための農産物の輸出は今後必要不可欠なものになっていくことは明白、輸出と同時に国内での販売力の強化も求められる、本市の農業者に広くこれらの経済効果を波及させるためには、多くのすぐれた農産物を大きなロットで東京、名古屋、大阪の3大都市圏を初め大都市に供給するシステムが必要ではないかと考え、大都市圏に供給する考えを聞き、平成 もっと読む
2018-06-20 会津若松市議会 平成30年  6月 定例会-06月20日−一般質問−04号 スマートアグリは農業革命と言われ、IT農業の先進国であるオランダでは、農作業の効率化、一定化、標準化を実現する新しい技術が農業生産を飛躍的に向上させ、狭い国土ながら農業輸出はアメリカに次いで世界第2位であり、日本の約30倍であります。オランダの農場では、どこにいてもスマートフォンやタブレットで作物を把握できるインフラが整備され、24時間いつでも監視、制御できる体制が整っております。 もっと読む
2018-06-19 会津若松市議会 平成30年  6月 定例会-06月19日−一般質問−03号 韓国はアジア各国にイチゴを輸出しており、日本のイチゴが五年間で最大二百二十億円分の輸出機会を失ったと推計されるとの報道があります。花や農作物などの植物の新品種を育成した人に独占的な権利(育成者権)を与え、その新品種を保護する制度があります。海外では「植物新品種の保護に関する国際条約」があり、育成者権は国ごとに取得しないと保護されません。 もっと読む
2018-06-15 白河市議会 平成30年  6月 定例会-06月15日−02号 なお、今、風評被害の問題がまだ継続をしておりますが、しかし、県知事が県産農産物をどんどんと海外に今輸出をする努力をしております。 もっと読む
2018-03-09 福島市議会 平成30年 3月定例会議-03月09日-04号 農林水産省は、ことし2月に2017年の農林水産物食品の輸出額が前年比7.6%増で8,073億円になり、過去最高を更新したと発表いたしました。5年連続の増加で、8,000億円を超えるのは初めての結果となりました。牽引したのは、和食ブームなどを背景に、牛肉や緑茶の輸出が好調だったほか、円高も追い風になり、農作物の中で最も伸びたのはイチゴで、前年比59%増、日本酒や米も増加する結果となりました。 もっと読む
2018-03-08 福島市議会 平成30年 3月定例会議-03月08日-03号 原発事故に遭ってしまった私たち、そして福島市の役割は、原発事故を二度と起こさない、そのためには再稼働や輸出も許さない、そのためにも原発事故を風化させない取り組みをしていくことが大切ではないでしょうか。  2020年の東京オリンピック時には、福島に国内外から多くの方が訪れることになると思います。 もっと読む
2018-02-28 白河市議会 平成30年  3月 定例会-02月28日−01号 さて、世界経済は、米国や欧州では雇用や企業収益の改善により個人消費や設備投資が堅調であること、輸出の増加により安定的な成長をしている中国、さらには好調な製造業を背景に高い成長を示している東南アジア諸国など、全体としては景気回復が進んでおります。   もっと読む
2018-02-27 会津若松市議会 平成30年  2月 定例会-02月27日−一般質問−03号 まず先生は、インバウンドは地域から動かせないもの、すなわち自然や文化、伝統、おもてなしなどによって外貨を獲得することで地域サービス産業が輸出の効果をもたらすとインバウンド観光の経済効果について話されました。また、インバウンド観光には鉄板原則、動かしがたい原則があることをデータをもって示されました。 もっと読む
2018-02-26 会津若松市議会 平成30年  2月 定例会-02月26日−一般質問−02号 会津特産物の大都市への販売促進と海外輸出の促進。会津よつば農業協同組合では、2008年から東南アジアを中心に会津地方特産の会津身不知柿の輸出を開始しました。 もっと読む
2017-12-19 白河市議会 平成29年 12月 定例会-12月19日−04号 あるいは全体的なグローバル経済、あるいは新自由主義的な経済、いわゆる輸出によって外需型の経済で成り立っている日本のような国の場合には大きな影響がいろいろ出てくるというような見方も成り立ってくるわけでありますので、私は、市長もこの前の答弁というか、私、発言を求めたわけじゃないんですけれども、市長のほうから手を挙げて発言があって、つまり今、私が申し上げました経済の指標が示す状況、つまり好景気が続いているということと もっと読む
2017-12-15 白河市議会 平成29年 12月 定例会-12月15日−02号 その内容によると、福島県産農産物は不安だとした回答の結果は、イギリスで29.3%、アメリカで35.7%であったのに対し、規制が続く震災まで主な輸出先だった台湾が81%、韓国が69.3%、中国が66.3%となっており、こうした動きが波及効果につながることを期待するものでございます。   もっと読む
2017-12-14 会津若松市議会 平成29年 12月 定例会-12月14日−総括質疑−05号 ◎教育部長(菅井隆雄) 効果を含めて時系列的にどのような考えを持っているかということでございますけれども、効果といたしましては当然このホストタウン、事前キャンプの事業を契機としまして国際交流でありましたり、インバウンド、農産物の輸出、さまざまな経済効果、あるいは一般質問でもご質問いただきましたが、都市セールス、シティーセールスの効果も発揮できるものと思っております。 もっと読む
2017-12-12 会津若松市議会 平成29年 12月 定例会-12月12日−一般質問−03号 3、GAP取得後、農産物の輸出拡大に市としてどのようにかかわっていくのか、考えをお示しください。  次に、農業委員会の業務。本市を含め全国的にも農村では都市部に先駆けて高齢化や人口不足が進行し、農業就業者が高齢化、減少するとともに、農村集落を構成する人々も減少しており、農地の荒廃、いわゆる遊休農地の発生が懸念されているところであります。 もっと読む
2017-12-11 会津若松市議会 平成29年 12月 定例会-12月11日−代表質問−02号 また、昨年度は地元企業から輸出促進といった要望に応えるため、私のトップセールスにより、アジア市場の玄関口に当たる香港での商談会や販売会も地元企業の方々とともに実施いたしました。 もっと読む
2017-11-10 いわき市議会 いわき市議会 会議録 平成29年 11月 産業建設常任委員会-11月10日−01号 企業の参入による輸出中心の農業であります。逆に国内には外国産農産物が大規模に入り、今でさえ価格低下にあえぎ、利益も薄い農家に大打撃を与えようとしております。そして、アメリカ抜きのTPP推進をしようとしていますが、農業就業者の減少にさらに拍車がかかり、農業が一層弱体化しかねません。そうなれば食料自給率は向上するどころか、国の試算どおり20%代に落ち込みかねない懸念が残るのであります。 もっと読む
2017-09-13 会津若松市議会 平成29年  9月 定例会-09月13日−一般質問−04号 本市の清酒蔵元からつくられる会津清酒の販売促進や海外への輸出拡大を図るため、市が果たすべき役割をどのように考えているのか見解をお示しください。   もっと読む