47件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

いわき市議会 2017-03-16 03月16日-08号

かつての自衛隊は、憲法解釈上の論争があったにせよ、専守防衛、すなわち防衛上の必要があっても相手国先制攻撃を行わず、攻め入ってきた勢力を自国領域軍事、政府はこれを防衛力というわけですが、これを使って撃退する方針のことを意味しておりました。日本領域が攻められたら、国民とその財産、そして国土を守るために武力も使って反撃する。これが自衛隊任務だったわけです。 

白河市議会 2017-03-01 03月01日-01号

また、経済力軍事拡大とともに、周辺諸国とのあつれきを生んでいる中国、さらには、中東諸国を初め、各地で頻発するテロなど、世界情勢不透明感を増しております。 一方、世界経済は、金融安定化政策や景気・雇用対策等による回復基調が続く米国を初め、失業率の低下など雇用の改善が見られる欧州諸国成長率が横ばいで推移する中国など、全体としては回復基調にあると見込まれております。 

会津若松市議会 2016-12-05 12月05日-代表質問-02号

核兵器廃絶平和都市宣言をしている本市は、憲法理念と結びついた人権民主主義確立市民の命や生活重視戦争被害実相を明らかにしながら、軍事による平和ではなく、環境、平和、人権重視する人間のための安全保障施策平和憲法理念を広めるさまざまな取り組みをより積極的に推進すべきと考えますが、見解をお答えください。 住民福祉の向上に向けて伺います。地域福祉計画が策定されました。

二本松市議会 2016-03-23 03月23日-06号

戦争とは一体何か、一言で言えば、戦争をしない、軍事を持たないと定めた憲法9条を破壊し、日本米軍とともに海外戦争をする武力行使をするための法律であります。 自衛隊は、1954年、昭和29年の創設以来、自衛隊任務で1発の銃弾も撃たず、1人も戦死せず、1人の外国人も殺していません。歴代自民党政権は、自衛隊海外派兵拡大してまいりました。

会津若松市議会 2015-12-07 12月07日-代表質問-02号

核兵器廃絶平和都市宣言をしている本市は、憲法理念と結びついた人権民主主義確立市民の命や生活重視戦争被害実相を明らかにしながら、軍事による平和ではなく、環境、平和、人権重視する人間のための安全保障施策平和憲法理念を広めるさまざまな取り組みをより積極的に推進すべきと考えますが、見解をお聞きいたします。 

福島市議会 2015-09-25 平成27年 9月定例会議−09月25日-07号

憲法恒久平和主義のもと、外交防衛政策は決して軍事に頼るのではなく、あくまでも平和的外交努力による国際的な安全保障実現でなければなりません。世界からの信頼を一気に失ってしまうこの危険な安保関連2法を許すわけにはいきません。  また、憲法第99条には、国務大臣、国会議員は、憲法を尊重し、擁護する義務が明記されています。

郡山市議会 2015-06-22 06月22日-04号

この中で山崎自民党幹事長は、不戦国家から軍事行使国家への大転換を意味すると指摘し、安倍政権が使う後方支援について、後方と正面は一体であり、我が国が事実上の武力行使をやる、戦闘行為に加担するという意味合いと同じだ。必ず自衛隊がみずから血を流し、相手方にも血を流させることになると語りました。 自民党政調会長を務めた亀井氏は、私たちの共通認識は、日本が今、最大の危機に直面しているという点だ。

郡山市議会 2015-06-19 06月19日-03号

そうやって高まる対立理由にして、一層の軍事拡大安保法制強化、そして9条改憲理由に利用しています。平和を求めるアジアと世界の人々とともに、戦争への道をとめなければいけません。多くの世論調査でも、ガイドラインや安保法制、そして辺野古基地建設問題での政府の対応に対しても反対の声が勝っています。国会憲法調査会で、3人の学者全員憲法違反と明言し、自民党の重鎮の方々も反対の声を上げています。 

会津若松市議会 2015-06-18 06月18日-委員長報告・質疑・討論・採決-05号

そもそも砂川事件裁判日米安全保障条約前提とし、日本軍事米軍軍事を明確に区別した上で日本国内米軍基地の存在について合憲性が問われたものであります。つまりこの最高裁判断日本軍事米軍軍事の明確な区別が前提となっております。結果として、日本軍事と他国の軍事一体となる集団的自衛権は否定された上での最高裁判断なのです。

二本松市議会 2015-06-18 06月18日-06号

しかし、首相のように米国の要求で軍事強化すればするほど、相手強化をし、とめどない軍拡競争に陥ります。これでは、一触即発の危険が高まるばかりで、しかも米国のように世界一の軍事を持ったとしても、テロ拡散は抑えられません。 かつて県知事を務められた佐藤栄佐久氏は、米国の9.11同時多発テロが発生したとき、憎しみがテロを生み、テロ紛争拡大し、やがて戦争に発展することが懸念されると述べました。

須賀川市議会 2015-06-18 平成27年  6月 定例会-06月18日-06号

さきの12日には、元自民党幹部の4氏が日本記者クラブで記者会見し、安倍政権が強行する安全保障関連法案について、不戦国家から軍事行使国家へと大転換を意味するや国策を大きく誤ることになる、さらには、多くの国民世論が納得していないままで、数を頼んで一方的に強行採決すれば、大きな禍根を残すなどの声明をそれぞれ発表し、法案反対の意思を表明しました。  

福島市議会 2015-06-08 平成27年 6月定例会議-06月08日-03号

紛争軍事で解決しようとすれば、解決どころか、さらなる泥沼にはまり込んでしまうことは、中東地域紛争を考えれば自明のことではないでしょうか。紛争戦争にしない外交努力こそが今求められていると思います。安倍内閣憲法破壊を許さず、世界に誇る憲法第9条を守り抜き、第9条を生かした平和な日本を、いろんな考えの違いはあっても、この1点での協力、協働が広がることを願っております。  

伊達市議会 2014-12-16 12月16日-05号

集団的自衛権行使を通じて、アメリカとの同盟関係強化することが抑止力を高め、それにより日本戦争に巻き込まれる危険が低下すると言われることもありますが、日本抑止力という名目で軍事強化することは、近隣諸国のさらなる軍備増強を招き、対立緊張の度合いを高めかねません、アメリカは、自国とは異なる政治体制をとる国に対して、根底的な不信感を持ち、自国と異なる政治体制の転覆の機会があるときは、イラク戦争

須賀川市議会 2014-09-25 平成26年  9月 定例会−09月25日-05号

憲法の徹底した恒久平和主義のもとにおける外交防衛政策は、軍事によるものではなく、あくまでも平和的方法による国際的な安全保障実現でなければなりません。  政府憲法解釈の変更によって集団的自衛権行使を容認しようとすることに対し、立憲主義及び徹底した恒久平和主義に反するものとして強く反対し、この請願の趣旨をもっともとすることで賛成するものです。  

福島市議会 2014-09-22 平成26年 9月定例会議−09月22日-06号

憲法の徹底した恒久平和主義のもとにおいての外交防衛政策は、決して軍事によるのではなく、あくまでも平和的方法による国際的な安全保障実現でなければなりません。世界各国相互に密接な経済的依存関係を有する今日、軍事に頼るのではなく、平和的方法による地域的な共通安全保障を追求することこそが現実的です。

郡山市議会 2014-06-26 06月26日-06号

憲法の徹底した恒久平和主義のもとにおける外交防衛政策軍事によるのではなく、あくまでも平和的方法による国際的な安全保障実現でなければなりません。世界各国相互に密接な経済的依存関係を有する今日、平和的な方法による地域的な共通安全保障を希求することが現実的です。そして、世界に先駆けてあらゆる戦争を排した日本国憲法先駆的意義世界に示し続けることは重要であり、国の務めと考えます。 

郡山市議会 2014-06-20 06月20日-05号

国同士外交とは、軍事、宣伝力、国力で決定されるのが通例になってきております。今、まさに日本生命線であるシーレーン、東シナ海では、いつ偶発的に軍事衝突が起きてもおかしくない状態になっております。日本生命線シーレーンを守っている大変な緊張状態の中で、領海、領空の守りについている海上保安庁、自衛隊員の皆様には大変頭の下がる思いです。