512件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

喜多方市議会 2019-03-06 平成31年第2回定例会(4日目) 本文 開催日:2019年03月06日

要するに、TPPや日米貿易協定に農産物自由化路線に、安倍農政に反対し、農村の維持と農を軸にした循環型地域振興と喜多方市づくりを進める。この点で明確に反対だと、だめですよと、政策の転換を求めるべきと思います。明確な答弁を求め、壇上からの私の質問といたします。 ◯議長(佐藤一栄君) 答弁を求めます。  

福島市議会 2018-12-11 平成30年12月定例会議−12月11日-04号

その上、政府は、やらないと言ってきたFTAをやることにしてしまったため、日米物品貿易協定、TAGなどという名称をつけてごまかそうとしています。そもそも日米共同声明の中に、物品貿易協定、TAGという言葉は存在していません。TPP水準こそ大問題なのに、今はTPP水準を超える譲歩はしないと、もはやTPPをベースラインにして、次々に譲歩しています。

須賀川市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会−09月13日-05号

また、西袋地区認定農業者会で、ジェトロ、日本貿易振興機構での輸出に関する研修をしたときも、時間と経費が膨大にかかることも認識しました。  先頃、県産梨や米を輸出した市及びJAがあり、諸問題をクリアして本格実施に向けた動きもあるようです。  そこで、本県農産物の輸出に当たっての現状と課題についてお伺いいたします。 ◎産業部長(石堂伸二) ただいまの御質問にお答えをいたします。  

喜多方市議会 2018-09-11 平成30年第9回定例会(3日目) 本文 開催日:2018年09月11日

2つ目は、もう一つの柱としてTPP、日欧EPA、日米FTAなど、基本的にグローバル化のもとで自由貿易、自由競争路線を本格的に進んでおります。自民党は、そもそも安倍総理は、選挙公約でTPPには絶対反対であり、ぶれない、うそをつかないということでしたが、政権をとったらTPP交渉に参加しました。  

本宮市議会 2018-03-19 本宮市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月19日−05号

また、TPPの推進等、貿易自由化による関税撤廃は、国内の農林事業、地域産業を衰退させることになります。地方からはっきりと物を言うべきであります。  同時に、国の施策待ちにならずに、自然エネルギーの取り組みや、あるいは農業振興など、市独自の振興対策を見つけ、推進策を図ること。地域活性化対策は、呼び込みを図りながらも基本は内発型であります。市民の願いを充実させること、住環境をよくすることです。  

福島市議会 2018-03-12 平成30年 3月定例会議−03月12日-05号

また、市内企業の海外市場への進出はビジネスチャンスを広げる上で有効でありますが、市場調査や商品開発、また相手国における法規制や取引慣習、知的財産権保護などの専門的な知識が必要となることから、産学連携コーディネーターによる助言、指導に加え、独立行政法人日本貿易振興機構などの専門支援機関に橋渡しすることなどにより支援をしてまいります。 ○議長(半沢正典) 以上で誉田憲孝議員の質問を終わります。  

福島市議会 2017-12-19 平成29年12月定例会議−12月19日-03号

コストの問題に関して、国富の流出や喪失の議論があるが、たとえ原発の運転停止によって多額の貿易赤字が出るとしても、これを国富の流出や喪失というべきではなく、豊かな国土と、そこに国民が根をおろして生活していることが国富であり、これを喪失することが国富の喪失である。この判決は、原発事故を体験した私たちにとって胸にすっと落ちるもので、倫理的にも、現実的にも正論中の正論です。

郡山市議会 2017-12-08 郡山市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月08日−04号

仲介の労をしていただいたJETRO(日本貿易振興機構)、ハンガリー農業省、観光局、ハンガリー駐日大使ほか、ご尽力された関係者に敬意を表したいと思います。  そこで当局にお伺いします。  今後、我が市において、どのようなタイムスケジュールをもってハンガリーの「食べる国宝」と言われるマンガリッツア豚を「郡山の市宝」としていくのか、そのご見解をお伺いいたします。  大きな3番、スポーツ振興について。  

須賀川市議会 2017-06-15 平成29年  6月 定例会−06月15日-05号

世界の動きは、アメリカの産業貿易については保護政策を進めようとしています。イギリスはEU離脱を表明し、ユーロ圏が混沌としてきました。また、移民問題やテロによる不安が助長され、混迷した動きになっております。このような不安から、経済への影響を懸念しております。経済の不安は日本にとってもよい材料とは言えません。早急に国際の調和を進め、経済安定に向け各国の努力を願うものであります。  

白河市議会 2016-12-16 平成28年 12月 定例会-12月16日−04号

「世界の工場」から「世界の市場」と大きく変貌を遂げた中国、中でも最大の経済都市である上海を訪問しまして、今後の貿易をはじめとした経済交流あるいは国を挙げて今、推奨しているインバウンド観光の推進につなげるために、福島県上海事務所、ジェトロ上海事務所、中国大使館上海総領事、大手旅行業者等の関係者と意見交換をしてまいりました。  

郡山市議会 2016-12-09 郡山市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月09日−04号

また、グローバル化の進む中、自由貿易の拡大を示唆するTPPへの参加の今後の進みぐあいなどの大きな問題を抱えています。しかし、これらは、これからの農業が基幹産業として生き残り、地域の特性・地域資源を活用して取り組むことで、今後の農業経営の継続性と強い発展が望まれるところであると考えます。さらに、山・川・田・畑など、自然環境を守る大きな役割もあります。

郡山市議会 2016-12-08 郡山市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月08日−03号

トランプ氏はTPPから脱退とともに日本との二国間貿易交渉を行うと述べていますが、この二国間貿易交渉の出発点がTPP承認案の内容になると見られるからであります。TPP承認案は数多くの問題点がありますが、今回は2つの項目について伺います。  (1)輸入食品の安全性について。  先日、1期議員の研修で、本市の食肉衛生検査所を見学しました。

郡山市議会 2016-12-07 郡山市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月07日−02号

〔村上一郎建設交通部長 登壇〕 ◎村上一郎建設交通部長 初めに、こおりやま市民の翼についてでありますが、こおりやま市民の翼は、郡山商工会議所が事務局を務め、郡山市、郡山地区商工会広域協議会、JA福島さくらの団体を会員とし、ジェトロ福島貿易情報センターや市内旅行代理店等の賛助会員から構成する郡山市福島空港活用推進協議会の主催事業として、平成7年度から福島空港の利用促進と交流、本市の情報発信等を目的に実施

伊達市議会 2016-12-06 伊達市議会 会議録 平成28年 12月 定例会(第7回)-12月06日−02号

それはいいのですけれども、とりあえずグローバル化してこれから資本主義の中というか、自由貿易によって国際的にやっていこうなんていうことにはなりませんよ、アメリカがだめになったらどこにいった、東南アジアのAPECでやると、こちらがだめでこちらがだめで、こんなことをやっているのですから、これからは地産地消をして、この地域が豊かになるような施策をとっていかなかったら、外国を相手に自由貿易でやろうなんていうことは

会津若松市議会 2016-12-05 平成28年 12月 定例会-12月05日−代表質問−02号

極めて不透明な状況になってきましたが、かわって二国間の貿易協定でもありますFTA、経済連携協定に向けて交渉してくるとの報道もあります。いずれにしても社会経済のグローバル化が進み、農業分野においても農産物の関税や食の安全などの交渉は避けて通れない状況であります。また、国内においても農政の大転換機を迎えており、農業を取り巻く情勢は一層の厳しさを増してきており、日々刻々と変化をしています。

須賀川市議会 2016-09-29 平成28年  9月 定例会−09月29日-06号

もし、我が国がTPP協定を批准しない場合、我が国の経済体制である自由貿易制度に対する信用の失墜、つまり世界の自由貿易経済そのものが大きく後退することになります。意見書では、アメリカ大統領選挙に触れられておりますが、大統領選、また選挙後における不確定な状況を前提に米国の状況を待つというのは、日本としての外交の主体性に欠くのではないでしょうか。