8件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

二本松市議会 2019-02-28 02月28日-02号

課税要件が充足されている場合は、法律で定められたとおりの税額を徴収しなければならないこととされております。徴収に当たる徴税吏員には、法律が定める要件を満たしているかどうかの要件妥当性の判断が求められており、適正な事務執行に努めているところであります。 以上、答弁といたします。 ◎市民部長中村哲生) 議長市民部長。 ○議長本多勝実) 市民部長

須賀川市議会 2018-05-31 平成30年  6月 定例会-05月31日-01号

1つには、障がい者、未成年者等に対する個人市民税非課税措置に関して、非課税要件となる前年の所得金額を125万円から135万円に引き上げるものであり、平成33年1月1日から施行するものであります。  2つには、基礎控除及び調整控除の見直しに伴い、前年の合計所得金額に応じて控除額が逓減、消失する仕組みを導入するものであり、平成33年1月1日から施行するものであります。  

須賀川市議会 2015-06-12 平成27年  6月 総務常任委員会-06月12日-01号

個人住民税の場合は、1月1日に住所を有する者に課税されることとなっていることなど、所得税課税要件と異なるところもあり、海外転出した場合の取扱いについて今後検討を要することから、当該特例譲渡所得計算規定によらないとするものであります。  施行期日平成28年1月1日であります。  

白河市議会 2009-12-10 12月10日-03号

穂積総務部長 登壇〕 ◎穂積総務部長 課税自主権とは、地方自治体が住民等の理解を得ながら、法定税法定外税にかかわる税目や税率などの課税要件について、自主的あるいは自立的なみずからの条例で決定できる権利であります。新たに行政ニーズに対応するための財源確保策として活用を図ることは、地方分権を推進する上でも大変重要なものであると考えております。 ○十文字忠一議長 飯村守議員

いわき市議会 2007-09-10 09月10日-02号

これらの規定を受けまして、本市においては、いわき税条例第13条等を初めとした規定において課税要件等を定めているところでございます。したがいまして、個人住民税は、地方自治法地方税法、福島県税条例いわき税条例等を根拠として課税しているということでございます。 ◆26番(遊佐勝美君) 個人住民税課税において、税率など制度について他市町村と違いはあるのか伺います。

福島市議会 2005-03-11 平成17年 3月定例会-03月11日-06号

課税すべき外国人把握につきましては、個人市民税について申し上げますと、市内在住外国人就労者賦課期日及び住所などの課税要件を満たしている場合には課税対象となりますので、各事業所から提出される給与支払い報告書及び本人の申告に加え、各種課税資料収集等に基づき適正な把握に努めており、特に外国人対象としての把握は行っておりません。 ◆17番(小熊与太郎) 議長、17番。

福島市議会 1999-03-11 平成11年 3月定例会−03月11日-03号

次に、地域振興券交付事業についてのご質問でありますが、初めに、地域振興券を申請する際の問題点といたしましては、15歳以下の児童の場合交付対象者は世帯主であり、世帯構成によりましては必ずしも親に交付されるとは限らないこと、また65歳以上等の対象者の場合は課税要件の点でわかりにくかったことなどが主な問題であったと考えております。  

いわき市議会 1987-09-08 09月08日-03号

この中には、当然として課税要件を具備しているものについては地方税法第294条の第1項により、いわき税条例第13条第1項で市内住所を有する個人市内に事務所・事業所または家屋数を有する個人市内住所を有しない者については所得割または均等割が課されることになっておりますが、当市内個人市民税の未申告者への対応についてお聞かせいただきたいのであります。 

  • 1