714件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島市議会 2021-03-05 令和 3年 3月定例会議−03月05日-02号

地元新聞の記事によりますと、2月25日の衆議院予算委員会分科会赤羽一嘉国土交通相は、停止中の観光支援事業GoToトラベルについて、緊急事態宣言が全て解除されても、新型コロナ感染が落ち着いている地域で部分的に再開することを検討する考えを示した。割引の大枠は当面維持し、段階的に見直す方針も明らかにしたとあります。  そこで、質問です。

会津若松市議会 2021-03-03 03月03日-一般質問-04号

また、消費喚起については、昨年の緊急事態宣言時は本市では感染者が出ていなかったこともあり、解除後少しずつ人も回復しましたが、今回緊急対策期間解除後に至っては人出が戻らないといった話も聞こえてきます。それは、やっぱり昨年より状況が深刻になっていることだったり、それだけ市民の方が警戒しているからだと思います。

平田村議会 2021-03-03 03月03日-01号

県は、2月14日で自粛要請解除しました。しかし、3月は人の動きが活発になる季節でもあります。したがって、この時期に感染者を出さない、ウイルスを封じ込めるためには、いつでもどこでも何度でもPCR検査を受けられるようにする社会的検査を実施する必要があると思います。 特に、感染すると重症化しやすい高齢者デイサービスセンターなどの介護従事者は必要ではないかと考えます。

会津若松市議会 2021-03-01 03月01日-一般質問-02号

派遣という働き方は、リーマンショック以降、派遣先の業績が落ちたり、都合が悪くなれば契約を解除されるといったイメージがついておりますが、派遣法の改定により幾つか改善された部分がございます。大きなポイントを申し上げますと、同一労働、同一賃金であります。この法律は、いわゆる正社員と派遣社員との格差の固定化を回避し、働き方を多様化することで労働人口不足の現状を打破しようという取組であります。

郡山市議会 2020-12-11 12月11日-05号

利用者の人数が施設の面積に応じて一律50%まで制限されていたのが9月19日に解除されても、コロナ対策を施した上での利用となるために、実質50%の制限での利用となっているのが実態です。しかし、施設利用料金は、制限前の利用料金と変わっておりません。公共施設は、コロナ禍が続く一定期間減免するのが妥当かと考えますが、当局の見解を伺います。 ○七海喜久雄議長 佐久間財務部長

福島市議会 2020-12-10 令和2年12月10日文教福祉常任委員会−12月10日-01号

山田裕 委員  フィルタリングでガードするのだという話ですけれども、この間パソコンや何か学校でも使っているという話でしたが、今の子供って優秀な人もいて、フィルタリング解除するというようなことも考えられると思うのです。この間の経過の中でそんな事例があったのかどうかちょっとお伺いしたいと思います。 ◎学校教育課長 今現在でそのような報告等は上がってございません。

矢祭町議会 2020-12-10 12月10日-03号

その100ベクレル以内の基準値以内で、3年連続で基準値以内であれば制限解除の相談ができるということだそうです。 そこで必要となるのが、屠殺後1時間以内の場所に処理施設が必要だということだそうです。ですので、これまで県のモニタリング検査では、今年10月に3回調査した結果は、69、16、80というような数値でした。100ベクレル以内でした。

いわき市議会 2020-12-07 12月07日-02号

このような中、本年2月、国の出荷制限を受けていた最後の1種コモンカスべが制限解除され、福島第一原子力発電所の半径10キロメートル圏内を除く海域において、全ての魚種出荷が可能となったことから、現在、本格操業に向け、水揚げ量の増大を図るため、各漁業協同組合において、諸課題の整理が進められているところであります。 ◆21番(鈴木演君) 次に、漁業協同組合の合併について伺います。 

会津若松市議会 2020-12-07 12月07日-一般質問-02号

まず、Go To トラベル関係で、今後の観光支援策ということでございますが、先ほども副市長のほうから答弁ありましたように、トラベル事業が開始後市の入り込み、特に東京の自粛解除以降は、かなりいい数字が出てきております。とはいえ、年間を通していくと大体半分ぐらい、前年比50%ぐらいかなというふうに見通しているところであります。これから冬を迎えて、そもそも入り込みが下がる時期でございます。

福島市議会 2020-12-07 令和 2年12月定例会議-12月07日-03号

市といたしましては、5月の国及び県の緊急事態宣言解除を受けて、各団体に対して、手洗い、せきエチケットの励行など基本的な感染防止対策を徹底すること、3密を避け、人と人との距離をできるだけ確保すること、体操を行う際の発声に注意すること、体操前後のお茶会は極力行わないことなど、感染拡大防止に留意した活動方法について周知を行ってきたところであります。  

本宮市議会 2020-12-07 12月07日-03号

市では7月議会に、感染症による外出自粛解除されたことから、市民消費のマインドの高揚、地域経済活性化を図るため、プレミアム商品券、もとみや市民応援商品券が発行されました。こちらのプレミアム商品券の発行の成果、また、反省点について、お聞きいたします。 ○議長渡辺由紀雄君) 産業部長。 ◎産業部長増子宗一君) このエール商品券成果反省点でございます。 

矢祭町議会 2020-09-08 09月08日-02号

◎町長(佐川正一郎君) ただいま片野議員質問の中で、役場におけるコロナウイルス感染症対策ということで、4月16日に矢祭の役場の、緊急事態宣言を受けてから5月25日の解除する前まで、役場の2交代制勤務ということで、始まったのは、やっぱり隣の茨城県の常陸太田市で市役所職員が感染したということで、非常に大子町も我々もそういった懸念をしたわけでございますから、当時、誰でも感染すると2週間はもう外出禁止というような