247件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2022-06-17 06月17日-一般質問-02号

市内国道県道市道などの歩道道路に植栽されている植物、街路等が何の樹木なのか、何の花なのかが市民にはわからないのではないかと考えます。せっかくきれいな花や樹木があるにもかかわらず、ただきれいで終わっているのは残念であり、市内樹木や花に対して興味が湧くような取り組みをすることで、まちなかを歩く楽しみにつなげることも必要ではないかと考えます。

福島市議会 2019-12-06 令和 元年12月定例会議−12月06日-02号

関係部署のそれぞれの役割、業務内容につきましては、路政課が国、県との連絡調整住民相談総合窓口を担当し、道路保全課交通政策課など各施設管理部署街路剪定路面清掃、追い払い等を実施しております。  また、環境課ごみ減量推進課被害防止対策調査研究に、農業企画課有害鳥獣対策に取り組んでおります。 ○議長梅津政則) 石原洋三郎議員

本宮市議会 2019-09-19 09月19日-05号

また、委員から、糠沢字光が丘地内の歩道維持工事内容についてただしたのに対し、執行部からは、仁井田・白岩線歩道において、街路の根により路面が隆起し、通行の支障となっているため、根の除去を行い、支障箇所の解消を行うものであるとの答弁がありました。 次に、議案第90号及び第91号並びに第92号について執行部から説明を受け、審査いたしましたが、特に報告すべき質疑意見等はございませんでした。 

福島市議会 2019-09-18 令和元年9月18日決算特別委員会建設水道分科会-09月18日-01号

黒沢仁 委員  次の道路緑化費というふうなことで、街路等の管理委託業務をしているというふうなことで、これは大体何社ぐらいのあれに業務委託しているのか、まずお聞かせください。 ◎道路保全課維持係長 こちら年間利用委託ということでやっておりまして、福島市を5地区に分けてやっております。ですので、5社ということになります。

福島市議会 2019-09-13 令和元年9月13日建設水道常任委員会−09月13日-01号

当然街路までみんなくっついてくるよね。この街路は、これ里道にあったやつだから、造成業者が植えたのだか何だかちょっとわからないのだけれども、例えば計画の段階で街路はこういったものをとか、そういったきちっと、あなたのほうではわからないのだよ、多分。都市政策部絡みになるのかな。その辺の指導をきちっとしていかないとおかしくなってしまうのでないかな。

本宮市議会 2019-09-09 09月09日-03号

これができないのだったらば、街路剪定というのは、あれ何で業者にやらせているんですか。あれだって地域の方々にお願いすればいい話になりますよ。そんな話じゃないので、当然のことながら、公共事業という部分も考えていく必要性があるのかなということを申し上げておきたいと思います。もう一度答弁お願いいたします。 ○議長渡辺由紀雄君) 建設部長

福島市議会 2019-09-06 令和 元年 9月定例会議-09月06日-02号

また、選手、来場者を受け入れるにあたっての道路整備などにつきましては、会場周辺道路道路標識の改善を行うとともに、道路舗装修繕街路剪定路面清掃を行うほか、福島駅前広場へのマルチビジョン設置や、福島駅西口の大ひさし改修福島周辺案内標識の多言語化を実施するなど、開催に向けて受け入れ体制を整えてまいります。  

喜多方市議会 2019-06-11 令和元年第5回定例会(3日目) 本文 開催日:2019年06月11日

そういったことを考慮しながら、この空間の再構成を検討していきたいということで、市民との協働という中で、そういった花壇ということもあろうかと思いますが、一方で、あそこの街路もありまして、その根の盛り上がりとか、そういったこともあって、今そこを対処しているということで、そういったことも含めながら、維持管理コストも含めた持続可能な再構成を検討したいと考えております。

福島市議会 2019-06-06 令和 元年 6月定例会議-06月06日-02号

なお、現在実施している取り組み内容といたしましては、定期的な対策として、各施設管理者による街路剪定施設清掃、時期的な対策として、忌避製品を使用したムクドリの追い払いなど、引き続き国や県との連携を図りながら進めてまいります。 ○議長半沢正典) 斎藤正臣議員。 ◆11番(斎藤正臣) 庁内対策会議、今後実施予定のその会議出席予定者をただいまの答弁についてお伺いいたします。

須賀川市議会 2019-05-08 令和 元年  5月 建設水道常任委員会−05月08日-01号

その樹木管理についての関連なんですが、市道街路伐採、危険な樹木に関しては伐採するということが予算化されているかと思いますが、その辺りの進捗状況をお願いします。 ○委員長関根保良) ただいまの横田委員質疑に対し、当局の答弁を求めます。  関連というようなことであります。よろしくお願いします。

福島市議会 2019-03-18 平成31年3月18日予算特別委員会建設水道分科会-03月18日-01号

こちらは、主に東京オリンピックパラリンピック競技大会に関する事業費のうち、おもてなし道路整備事業におけるあづま総合運動公園周辺舗装修繕工事費街路剪定除草業務委託費及び防災安全交付金事業費における除雪関連事業費並びに道路維持費における土どめ側溝維持修繕費の増によるものでございます。  次に、同款同項4目道路新設改良費で、昨年度に比べ1億1,961万5,000円の減でございます。

須賀川市議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会−12月20日-06号

この事故を受けて、例えば東京都はどのように考えたかというと、都内の大木を全部伐採してしまいましょうということには当然ならなくて、街路診断マニュアルを作成して、落下事故のないようにしっかりと管理をするという方向にかじをとりました。神宮外苑イチョウ並木や三鷹の武蔵野ケヤキ並木なども含めて、危ないから伐採するということではなく、どのように残していくべきかという発想です。  

郡山市議会 2018-12-10 12月10日-04号

項目4、街路伐採方針について。 郡山市の街路伐採が進んでいます。街路は、夏の暑い日に日差しを遮り、温暖化の影響で上昇している気温や日差しによる熱中症から市民を守り、都市部の問題であるヒートアイランド現象を緩和します。また、車通りの多い幹線道路では、排気ガスや騒音を和らげ環境を維持する効果もあります。もちろん二酸化炭素も減少させます。災害時は落下物から人命を守る効果も考えられています。

相馬市議会 2018-12-06 12月06日-02号

1点目として、市内街路の植えかえの現状と今後の方針についてですが、市内にも多くの街路があり、以前にも美観や管理の問題について、特にユリノキに関しての指摘があり、今後計画的に、落葉しない常緑樹などに植栽するとの答弁があり、その後、一部の市街地においてはハナミズキ等に植えかえをしたようであります。しかしながら、いまだに景観を損なう街路が多く見受けられます。

喜多方市議会 2018-12-03 平成30年第10回定例会(2日目) 本文 開催日:2018年12月03日

1つは、道路国道県道市道及び林道の沿道やいわゆる道端です、街路、植木付近除草支障木、危険な木と思われる立ち木の伐採、枝払い並びに縁石付近の土砂の除去現状人口減少高齢化の進んでいる集落や地区間の今後の維持管理の方法、体制について伺います。  次に、河川についてであります。  景観防災減災の点からも、河川環境整備は重要であり、また急がなければならないと思います。

須賀川市議会 2018-10-30 平成30年 10月 生活産業常任委員会-10月30日-01号

市村喜雄) ある意味では、昔、国道118号をまちの中に通した、あれは中心市街地まちづくりのために通したというよりは通過交通のためにつくったような道路で、今は並木町にあるわけで、それはそのまま手付かずのままになっているし、あとは丸田翠ヶ丘線においても、これもそういう意味では通過交通のための、車社会のための道路整備で、初めは区画整理でやる予定道路整備の形になったりしているし、南部地区なんかも、要は、街路