54件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

いわき市議会 2020-12-08 12月08日-03号

特定政策推進監渡邉一弘君) 本市広域観光への取組といたしましては、浜通りの13自治体等により構成されるうつくしま浜街道観光推進会議いわき市・北茨城市・高萩広域観光行政連絡協議会磐越自動車道沿線都市交流会議に参画し、ホームページ等による広域観光圏としての情報発信誘客に向けての各種イベント実施等に取り組んでいるところであります。

いわき市議会 2019-02-27 02月27日-04号

また、北茨城市や高萩市と本市におきましては、いわゆる常磐3市として、災害時における相互応援協定を締結するとともに、共通する政策課題などについて、円滑な施行と促進を図ることを目的とした常磐市長議長会議や、広域的な観光誘客推進するため、いわき市・北茨城市・高萩広域観光行政連絡協議会設置するなど、3市による連携を図っているところでございます。

本宮市議会 2018-12-07 12月07日-03号

あと、行政区長さんに市が行政連絡をお願いするような職務というのは多少違いがあると思うんです。ただ、前にも申し上げたとおり、いろいろな形で今、行政区の人口も少なくなってきている観点から、そういうつながりの強化を求めるというか、そういう施策をすべきだと思います。 ちょっと調べて見ますと、職責によって行政区長さんの手当なんというのも結構差があるんですね。

本宮市議会 2017-12-07 12月07日-02号

現在、本宮市の自主防災組織は23団体あると伺っていますが、今年度本宮行政区長及び行政連絡員設置等に関する条例の一部が改正され、現行の地域コミュニティ活動のための行政交付金世帯割、事業割に、新たに自主防災組織設立している行政区が行う防災訓練に関する事業に対して、自主防災組織割1万5,000円、3万円、4万5,000円が追加されました。 

本宮市議会 2015-09-04 09月04日-02号

考え方として、行政区長さんがそういうことを、地域懇談会で出すというよりも、出すということ自体が、本市の場合に行政区長さんと地域の方々のいろんな要望等は、行政連絡ノートとか何かでそういうやりとりをしていると。それが機能していないのか、そういうやりとりがあったとしてもなかなか要望どおりにやってもらえないので、市長が出席する懇談会にそういう思いを出すのか、そういう形なのか。

郡山市議会 2014-03-12 03月12日-06号

また、地域課題の解決のため市との連絡に要する通信費交通費の一部に充てていただくため、町内会長に対し行政連絡謝礼金として加入世帯数に応じて年間1万5,000円から3万円を交付しているところであります。 今後におきましても、町内会負担軽減を図るため、資金の面でも支援措置を講じてまいります。 以上、答弁といたします。 ○高橋隆夫議長 小野総務部長。    

本宮市議会 2013-06-13 06月13日-02号

市長公室長移川英也君) 先ほど議員がおっしゃったようにアンケートとか地域懇談会は、これは別に実施をさせていただいておりますが、通常行っておりますのは提案箱のご意見をいただくということで、これらについては24年度でございますが16件、それから市の公式ウェブサイト意見・提案書き込み、これについては60件、それから手紙などの意見をいただているのが9件、それから行政連絡ノート等で各行政区長さんから連絡

福島市議会 2013-03-14 平成25年 3月定例会-03月14日-07号

このシステムは、住民に対する災害情報の周知や行政連絡のために整備された無線網であります。  そこでお伺いいたします。本市における防災行政デジタル無線整備進捗状況をお伺いいたします。 ◎政策推進部長冨田光) 議長政策推進部長。 ○議長粕谷悦功) 政策推進部長。 ◎政策推進部長冨田光) お答えします。  

福島市議会 2012-12-13 平成24年12月定例会-12月13日-03号

そこで、町長町議会議長行政連絡員連合会長などが発起人となり、全町民で組織する桑折放射能対策推進町民会議設立に至りました。この町民会議では、安心して住み続けられる平穏な日常生活を取り戻し、豊かな恵みの大地を再生させるため、町民みんなで除染や仮置き場の設置健康管理推進などについて真剣に考えたり、活動に取り組んでいくことを目指しますとあります。

本宮市議会 2012-09-07 09月07日-02号

行政制度なんですが、本市行政区長及び行政連絡員設置等に関する条例、これを見れば、行政区内の戸数が、恐らく50戸未満から700戸前後ぐらいと大きく差があるんではないかというふうに思われます。また、本宮地区においては、合併前の町内会組織がそのまま行政区に移行したというケースが多く見られるのではないかと思います。 

本宮市議会 2012-09-04 09月04日-01号

なお、行政区長及び行政連絡員、地区振興活動費につきまして、平成23年度から統一して交付いたしました。 3つに、白岩コミュニティセンター集会施設として使用するため、改装工事を行いました。 次に、基本目標3の「共に支えあう優しいまちづくり」でございますが、1つに、待機児童を解消するとともに、延長保育や預かり保育など、保育ニーズに対応しながら子育て支援を行ってまいりました。 

福島市議会 2012-06-14 平成24年 6月定例会-06月14日-03号

政策推進部長冨田光) 八代市の例は最近の合併の例のようでありますので、最近の合併の市町村では、合併以前の状況を保持するために、各地域ごと特別職公務員という形で行政連絡員等を配置する例が多いというふうには聞いております。  福島市の場合ですと、合併から相当経過しておりますということと、飯野との合併におきましても、行政連絡員という特別公務員制度については廃止をしております。

本宮市議会 2011-09-05 09月05日-01号

なお、行政区長及び行政連絡員、地区振興活動費につきましては、それぞれ合併以前の方法で実施してきたことから、平成22年度中に調整を行い、平成23年度から統一して交付することといたしました。 次に、基本目標3の「ともに支え合う優しいまちづくり」でございますが、1つに、待機児童を解消するとともに、延長保育や預かり保育など保育ニーズに対応しながら子育て支援を行ってまいりました。 

本宮市議会 2011-06-13 06月13日-02号

市のほうで行政区長さんとの連絡行政連絡ノートというのもあるそうですが、そういう以外にも何か効果があるような感じを受けました。 市政懇談会等でそういういろいろな問題を探ることも結構なんでしょうが、それを頻繁におやりになることによって、行政区長とのその役割のすみ分け、これについてどうあるべきか考えさせられるところがございます。 

本宮市議会 2011-03-09 03月09日-01号

2つ目に、今年度から行政区長さんや行政連絡員の皆さんへの報酬、さらには町内会行政区に対します地域振興のための交付金を統一させていただきました。まちづくりには地域振興が最も重要となってまいりますので、今後とも行政への協力をお願いしながら、交付していきたいと考えております。 次に、基本目標3の「共に支えあうやさしいまちづくり」であります。