運営者 Bitlet 姉妹サービス
34件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2018-03-02 会津若松市議会 平成30年  2月 定例会-03月02日−総括質疑−06号 交際費ということについては、総務省の行政実例から申し上げますと、行政執行のために必要な外部との交際上利用する経費でありますということで、本市においては市長交際費支出基準に照らし合わせて判断して支出をしているところでございます。 ○議長(目黒章三郎) 阿部光正議員。 ◆阿部光正議員 齋藤副市長が私の一般質問のときに引用した文があります。最高裁の判例です。 もっと読む
2017-03-06 いわき市議会 いわき市議会 会議録 平成29年  2月 定例会-03月06日−07号 ◎財政部長(伊藤章司君) 地方税法の解説書や行政実例によれば、滞納処分の執行停止は申請によらず職権によって行うものであること、また、その通知は、効力の発生要件ではなく、通知をしなかった場合でも効力に影響しないとされていること、さらに、納税義務の消滅に係る3年間の期間計算の起算日は、滞納処分の執行停止が決定された日と示されていることから、決裁日から効力が発生するものと解されておるところでございます。 もっと読む
2016-11-21 会津若松市議会 平成28年 11月 臨時会(11/21)-11月21日−議案提案説明・質疑・討論・採決−01号 行政実例と言ったのです、松崎議員は。判例と言っていません。 ◆阿部光正議員 行政実例というのをもう一度聞きます。何ですか。 ○議長(目黒章三郎) 私が答えますか。行政実例というのは、国の機関が、ここにも書いてありますけれども、さまざまな地方自治体から問い合わせがあったときに答える、そのような事例でございます。  阿部光正議員。 もっと読む
2016-03-18 須賀川市議会 平成28年  3月 生活産業常任委員会-03月18日−01号 あと、第2点目の工期をなぜ議案の中に入っていないのかという御質問だと思うんですが、これにつきましては、議会に提出する工事請負の議案の内容について、いわゆる行政実例、これは、いわゆる行政機関が法令の適用について疑義が生じた場合に、上級官庁とかに問い合わせをして、それで解釈をいただく行政実例というものがございますが、その中におきましては、契約の目的、方法、相手方、こういったものを明記すればよいと。 もっと読む
2015-06-15 福島市議会 平成27年 6月定例会議−06月15日-05号 条例提案権とは異なりますが、議会の予算修正権における行政実例は、長の提案した予算の中に含まれていない新たな事項を予算に付加するのは、首長の予算提案権の侵害になるとするが、新しい項目の追加でも、実質的に見て予算全体の調和と一体性を破壊しない限り、首長の提案権の侵害にはならないと解すべきというふうに捉えるべきだと私は思います。 ○議長(佐藤一好) 静粛に願います。 もっと読む
2014-06-11 喜多方市議会 平成26年第4回定例会(4日目) 本文 開催日:2014年06月11日 ◯総務部長(坂内孝夫君) この給食費の関係ですけれども、これまでの議論の中でも出たかもしれませんけれども、行政実例として文部省通知回答などで、昭和32年には、「保護者の負担する給食費を公会計上の歳入とする必要はない。 もっと読む
2013-12-10 郡山市議会 郡山市議会 会議録 平成25年 12月 定例会-12月10日−05号 今後、全庁を挙げた政策法務に対する意識の醸成と共有を図り、これまで以上に職員一人ひとりが、民主主義の根幹である法律による行政の原理を深く理解するとともに、行政実例の一つ一つについて検証し、みずからの業務に生かすなど、多様化・複雑化する行政課題や行政需要に対して、適切かつ迅速な対応が図られるように努めてまいります。  以上、答弁といたします。 ○高橋隆夫議長 久野三男議員の再質問を許します。 もっと読む
2013-03-27 須賀川市議会 平成25年  3月 議会制度改革特別委員会-03月27日−01号 逆に言いますと、それ以外は実は認められていないということが行政実例等でも言われておりまして、このため須賀川市議会のほうは委員会規則や委員会傍聴規則というものが実はあるんですが、これらについても見直しをして、いわゆる120条と130条の規則のほうに入れなければならないという議論を、今しているところであります。   もっと読む
2012-09-06 会津若松市議会 平成24年  9月 定例会-09月06日−議案提案説明−01号 審査に当たりましては、裁判例、行政実例はもとより、懲罰制度の趣旨に照らした検討を行うとともに、あわせて言辞自体が有する意味、内容のみならず、そのような言辞が生じた状況等も勘案して、総合的かつ客観的な視点から公正かつ慎重なる審査を進めたところであります。  その結果、5点の言辞については、懲罰事犯に該当するとの判断に至ったものであり、以下その概略を申し上げます。   もっと読む
2012-05-18 会津若松市議会 平成24年  5月 臨時会-05月18日−議案提案説明・質疑・討論・採決−01号 ◆松崎新議員 それでは、これ行政実例が国から出ています。議会を招集する時間的余裕がないことが明らかであるというのは、前日招集告示を行い、翌日議会を招集し、議決または決定したとしても、なお時期を失するような極めて切迫した事態であると言える。 もっと読む
2011-09-16 喜多方市議会 平成23年第7回定例会(8日目) 本文 開催日:2011年09月16日 次に、会計管理者が長の職務を行うことができるのかにつきましては、地方自治法第171条における昭和38年12月19日付の行政実例では、会計管理者の補助組織に普通地方公共団体の長の権限を分掌させることについては長の補助職員に長からの委任により、または長の補助執行としての専決や代決により行わせることはできるとされているということから、喜多方市行政組織規則第5条第2項に会計課に工事検査・契約室及び会計係を置 もっと読む
2011-03-18 喜多方市議会 平成23年第2回定例会(9日目) 本文 開催日:2011年03月18日 地方自治法第213条の繰越明許費の行政実例、凡例、注釈、その辺の部分でありますが、繰越明許をさらに翌年度に事故繰越することは、法律上は可能と思われるが、運用に当たっては特に慎重を期する必要があるということであります。 もっと読む
2010-03-17 喜多方市議会 平成22年第3回定例会(9日目) 本文 開催日:2010年03月17日 なお、この件については、行政実例の昭和28年7月1日で示されております。  なお、この議案については委員会に付託されますので、よろしくお願いをしたいと思います。  これより質疑に入ります。ご質疑ございませんか。 〔29番、山口和男君、自席より、「議長、議事進行について」〕 ◯議長(東條貞一郎君) 29番、山口和男君。 もっと読む
2008-07-29 須賀川市議会 平成20年  7月 議会運営委員会-07月29日−01号 議会先例は、法令、会議規則、行政実例等で明記されていない事例を補完するものであります。資料を用意いたしましたので、事務局から説明させます。 ◎議会事務局(安藤基寛) それでは、資料3になります。資料ナンバー3、議会先例の確認と見直しということで、こちらには議会先例の見直しの基本的な考え方ということで、先例の役割、先例の基準、また先例集作成の留意点というものが記されております。 もっと読む
2008-06-24 伊達市議会 伊達市議会 会議録 平成20年  6月 定例会(第2回)-06月24日−04号 ただ、法律的にいう、その218条の補正と暫定予算についての部分の条文の中の裏づけとして、基本的に、行政実例が載っていまして、当該年度経過後は一切予算の追加または更正(現行法では補正)はできないということで、そうなるとやっぱり法律的にはやっぱり極めてまずかった手続なんだなと。やらざるを得なかったということは、事務を執行するにはやらざるを得なかった。 もっと読む
2008-03-24 いわき市議会 いわき市議会 会議録 平成20年  2月 定例会-03月24日−08号 まず、行政経営部に係る審査では、委員より「昭和33年の行政実例において、市広報紙への有料広告掲載は問題ないとの見解があるものの、市広報紙の広告ということで、行政の信頼性が特定の業者の利益につながるのではとの懸念があるが、何らかの工夫はしているのか」との質疑があり、当局より「本事業は、市行財政改革行動計画における自主財源確保の1つとして、他市でも多く取り組んでいる広報紙への広告掲載をモデル的に実施したものであり もっと読む
2008-03-17 喜多方市議会 平成20年第3回定例会(7日目) 本文 開催日:2008年03月17日 行政実例でもって、それは適当でないということで、今、逆に退職とですね、例えば17ページの予定貸借対照表で、固定負債の引当金、退職給与引当金、これがゼロになっております。  旧喜多方市の水道事業の場合は、ここにずっと積んであったわけなんです。毎年毎年ある一定額を積みまして、この退職手当が出た場合には、それが損益に影響させないんだと。 もっと読む
2007-11-20 伊達市議会 伊達市議会 会議録 平成19年 11月 臨時会(第5回)-11月20日−01号 地方自治法第222条第2項については、「新たな予算を必要とする場合、その予算が確保されるまでの間は、規則の改正を行ってはならない」に抵触するとした議会に対し、市側は県の回答及び行政実例等を示し、抵触しないとして平行線をたどってきた。 もっと読む
2007-06-22 伊達市議会 伊達市議会 会議録 平成19年  6月 定例会(第2回)-06月22日−03号 ◆12番(高橋一由) 私も行政実例もちゃんとチェックしていますよ。最後の部分だけ言いますけど、つまり、規則、規定等の制限の場合には予算が確定していなければならないという意味であり、必要経費が予算計上済みでなければならないということが、その制限でいう第222条の精神なんですよ。改正してはだめですよと、だから。 もっと読む
2007-05-29 喜多方市議会 平成19年第4回臨時会(1日目) 本文 開催日:2007年05月29日 ◯29番(山口和男君) ただいまの答弁でありますが、ちょっと私自身理解ができないのは、一つはこの繰り上げ充用の問題については、今までの行政実例として昭和30年10月10日・19日、これで確定をしているわけであります。 もっと読む
  • 1
  • 2