573件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

須賀川市議会 2020-05-12 令和 2年  5月 経済建設常任委員会-05月12日-01号

次に、中小企業、小規模事業者の方を対象といたしました信用保証補助でございますが、こちらにつきましては、既に借入れを行っております市制度融資につきまして、返済期間などの融資条件の変更に伴いまして増額となる信用保証料について補助するものでございまして、上限20万円を補助するような内容となってございます。  

喜多方市議会 2020-03-26 令和2年第2回臨時会(1日目) 本文 開催日:2020年03月26日

6款1項3目農業振興費168万7,000円の減額補正でありますが、農業振興対策経費で融資を活用した農業用機械等の導入に対する補助について、国の補正予算の担い手確保・経営強化支援事業補助金に採択になったことにより、令和元年度予算として計上し、実施することによる減額であります。  次ページをお願いいたします。  

福島市議会 2020-03-25 令和 2年 3月定例会議−03月25日-07号

また、繰越明許費の補正は、緊急経済対策資金融資制度信用保証補助等の事業費を令和2年度へ繰り越して使用するため、追加または変更するものであります。  債務負担行為の補正は、福島県緊急経済対策資金融資制度資金の融資に対する利子補給債務負担行為により行うため追加するものであります。  

福島市議会 2020-03-11 令和 2年 3月定例会議-03月11日-05号

こうした中で今分かっている限りで申し上げますと、民間事業者の資金繰りに関する支援については、既に決定したもので日本政策金融公庫によるセーフティーネット貸付けや市中金融機関による資金融資などの支援メニューがあります。  また、県においては特別資金融資制度を3月5日に創設されております。

須賀川市議会 2020-03-09 令和 2年  3月 産業建設常任委員会-03月09日-01号

令和元年度須賀川市豪雨対策特別資金融資制度でございますが、昨年11月11日よりこの制度を運用開始してございます。特別融資によりまして、資金調達の支援を行っているところでございます。限度額が3,000万円以内、返済期間は10年以内、貸出利率、固定1.5%以内ということで、優遇措置の内容といたしましては、信用保証補助といたしまして上限35万円までを市が負担してございます。

福島市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会議-03月09日-03号

また、仙台市は3月6日、影響を受けている中小企業に対して信用保証の全額負担、融資枠の拡充を決めました。  福島市内では、飯坂温泉での団体客のキャンセル旅館が休業になったとか、5月に予約をしてあった合宿がキャンセルになったとか、宴会がなくなり、コンパニオンの方の仕事がなくなった等々聞き及んでおります。  感染の拡大による観光業などへの影響を調査し、把握すべきだが、見解を伺います。

福島市議会 2020-03-06 令和 2年 3月定例会議-03月06日-02号

被災された事業所への支援といたしましては、本市では福島県緊急経済対策資金融資制度豪雨災害特別資金の利用に伴う信用保証料、支払い利子補助を行っており、令和2年2月28日現在、16件の申請があり、信用保証料580万9,000円余、また令和3年度分までの支払い利子667万円余の補助を行っております。  

喜多方市議会 2020-03-04 令和2年第1回定例会(4日目) 本文 開催日:2020年03月04日

この認定を受けることにより、補助金の優先採択や低利融資、信用保証料の特例等の支援制度を活用し、事業を展開することができるようになります。市といたしましては、国、県の支援制度情報提供や申請書の作成において助言等を行うなど、事業化へ向けた支援を行ってまいりたいと考えております。  

喜多方市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2020年03月03日

(2)番、宮城県山形県、この質問書を書いた時点ではなかったのですが、福島県でも雪不足に対する支援、融資枠の創設と利子補填が発表されていますけれども、喜多方市では独自の対策、除雪業者待機分の前払いを除いて行う予定はないかを伺います。  (3)番、雪不足による渇水の可能性とその対策について伺います。

喜多方市議会 2020-03-02 令和2年第1回定例会(2日目) 本文 開催日:2020年03月02日

消防団協力事業所制度等について」という資料の中の下段の左ですが、「自治体による支援策の実施状況」にあるのですけれども、県制度融資信用保証料割引と。これは県でやっていることなんですが、この制度はどのようなものか把握していますか、伺います。 ◯議長(齋藤勘一郎君) 答弁を求めます。  

須賀川市議会 2020-02-20 令和 2年  3月 定例会−02月20日-01号

被災した市内事業者への支援につきましては、昨年11月に信用保証補助利子補給の優遇措置を付した市独自の豪雨対策特別資金融資制度を創設したところでありますが、その取扱い期間を令和2年度まで延長してまいります。  また、市といたしましては、被災者生活支援災害復旧、農林業、商工業への支援、防災減災対策の強化などについて要望書を取りまとめ、先月、県へ提出いたしました。

須賀川市議会 2019-11-28 令和 元年 12月 定例会-11月28日-01号

市では、いち早く利子補給や信用保証補助を伴った豪雨対策特別資金融資制度を創設し、市内事業者の再生に向けた支援を実施しているところであります。  今後も引き続き、国の中小企業組合等共同施設災害復旧事業(いわゆるグループ補助金)を活用するなど、被災事業者の支援に取り組むとともに、被災事業者のニーズを的確に把握しながら、国、県に対し、その支援策について要望してまいります。  

須賀川市議会 2019-11-15 令和 元年 11月 産業建設常任委員会-11月15日-01号

次に、台風19号農業被害の被害証明書ということで、農家経営安定資金等の融資を申し込むに当たり、被害証明書が必要となる農業者に対し証明書を交付することとしてございます。  3ページを御覧ください。  被害状況の主なものの写真ですが、まず、左上ですが、舘ケ岡地区の仁井田大堰が被害を受けてございます。その下になりますが、市野関地区のキュウリのビニールハウスが全壊ということでございます。

須賀川市議会 2019-10-25 令和 元年 10月 決算特別委員会−10月25日-01号

◎商工労政課長(須田勝浩) まず、(11)番、中小企業経営合理化資金保証融資事業でございますが、まず、実績でございますけれども、融資件数が2件、融資金額としては780万円となってございます。29年度からの増減でございますけれども、昨年度から比較しますと、件数で6件の減、あと融資額としましては、1,704万円の減となってございます。  

福島市議会 2019-09-17 令和元年9月17日決算特別委員会経済民生分科会−09月17日-01号

21款3項2目商工費貸付金元利収入17億4,001万7,724円は、中小企業融資制度に伴う中小企業振興預託金及び貸付金の元利収入であります。  同じくその下の項目です。5項2目雑入3,725万5,260円のうち、その下にあります雑入、一番下ですが、1,053万9,323円の主なものは、中小企業信用保証料早期返済に伴う戻し入れでございました。