77件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

棚倉町議会 2020-03-09 03月09日-03号

次に、違法薬物についての指導教育教職員内容理解につきましては、小学校6年生と中学校3年生において、薬物乱用防止教室保健体育授業で実施しており、さらに、学級活動の時間においても、薬物乱用防止に関する学習を行っております。 また、教職員は、授業等を実施するに当たっては、綿密な教材研究を行った上で、その内容理解しながら指導しております。 

二本松市議会 2020-03-02 03月02日-03号

そこで、本市薬物乱用防止取り組みについて、4つ伺います。 1つ、本市小中学校における薬物乱用防止教室開催状況伺います。 2つ、文部科学省平成30年に通知を出している薬物乱用防止教育の充実についての留意事項の中に、都道府県教育委員会等においては、教職員に対する研修機会の拡充を図ることとありますが、本市教職員に対する研修等はどのように行っているか、伺います。 

本宮市議会 2018-12-07 12月07日-03号

現在、本市中学校におきましては、保健などの授業の中で、がん教育に特化するわけではございませんが、健康な生活疾病予防について理解を深めること、その中で疾病予防習慣生活習慣病喫煙薬物乱用、感染症などについての学習をしている状況でございます。 以上です。 ○議長渡辺由紀雄君) 12番、川名順子君。     

福島市議会 2018-03-14 平成30年 3月定例会議-03月14日-07号

◆29番(佐久間行夫) 次に、薬物乱用防止対策についてお伺いをいたします。  新聞報道によれば、横浜税関が2017年に密輸の摘発により管内で押収した不正薬物の量は、前年の約2倍となり、約851キロで、現在の統計方法となった1994年以降で過去最大となったことを横浜税関小名浜税関支署が2月23日に発表しております。

二本松市議会 2016-03-07 03月07日-04号

小中学校では、がんに関する学習といたしまして、小学校では体育保健領域で、中学校保健体育保健分野で食事、運動、休養及び睡眠などの望ましい生活習慣や、喫煙、飲酒、薬物乱用などの行為が健康を損なうことなどを学習しています。 特に中学校では、常習的な喫煙により、肺がん心臓病など、さまざまな病気を起こしやすくなることを教えております。 

いわき市議会 2015-12-08 12月08日-03号

市教育委員会といたしましては、未成年の喫煙については体に大きな影響を及ぼし、ニコチンの作用などにより依存症になりやすいこと、さらには、喫煙がきっかけとなり薬物乱用につながることも危惧されることから、今後とも、体育保健体育授業に限らず、学校教育活動のさまざまな場面で、児童生徒喫煙の弊害についての指導を行ってまいりたいと考えております。

福島市議会 2015-03-13 平成27年 3月定例会議-03月13日-07号

薬物乱用は、心身の健康のみならず、人格の形成にも重大な影響を与えることから、児童生徒薬物への正しい知識と理解を深めさせ、誤った情報に惑わされることなく、みずからの判断で適切な健康管理行動選択ができるよう指導していくことが重要であると考えているため、薬物に対する規範意識の向上を学校教育全体を通して行うとともに、保健所等関係機関との連携を図り、薬物乱用防止教室、これを中学校において必ず実施するよう

福島市議会 2015-03-11 平成27年 3月定例会議-03月11日-05号

現在、文部科学省並びに県教育委員会主催による薬物乱用防止教育指導者講習会を県内7地区で、対象校種参加対象者を指定して隔年開催しております。本市教育委員会において把握している講習会を受講した教員の数でありますが、平成27年度以降延べ75名となっております。 ◆31番(須貝昌弘) 議長、31番。 ○議長佐藤一好) 31番。

郡山市議会 2014-12-08 12月08日-03号

しかし条例制定により、条例制定した地域から販売業者が撤退するケースもあることから、条例制定薬物乱用防止に有効な手段だと考えますが、見解を伺います。 次に、家庭から発生するごみ処理方法クリーンセンターへの持ち込みごみがあります。現在の方法は、行政センターなどで廃棄物搬入確認券2枚に記入し、担当者の押印をいただき、各クリーンセンターへ搬入し、処分可能のごみであれば無料で処理できるという方法です。

福島市議会 2014-12-05 平成26年12月定例会議-12月05日-02号

今、危険ドラッグ販売や所持を規制する条例が各地の自治体で成立しておりますが、鳥取県は成分を特定せずに、危険薬物として包括的に規制できる改正薬物乱用防止条例を成立させ、ことしの11月17日より施行しました。インターネット販売業者がこういった地域への発送を避けたり、専門店が撤退したりする動きもあり、自治体独自の規制が徐々に効果を上げていると言われております。  

喜多方市議会 2014-12-02 平成26年第6回定例会(3日目) 本文 開催日:2014年12月02日

鳥取県では、危険ドラッグに対する規制強化を図るために、薬物乱用防止に関する県条例を改正して根絶に当たっております。他の自治体においても独自に規制する仕組みを導入するなど、法律や条例を駆使した取り締まりが行われております。  例えば店頭の製品の回収、不動産業者に、賃借人危険ドラッグ販売することを禁じる条項等を盛り込ませるなど、未然に防ぐ対策を講じている現状であります。そこで伺います。  

いわき市議会 2014-09-08 09月08日-02号

保健福祉部長園部義博君) 現状では、市内における危険ドラッグ販売使用事案確認をされていないものの、インターネットによる販売首都圏等での規制強化に伴う販売店等地方都市への流入も懸念されますことから、いわき地区薬物乱用防止指導員等の協力を得ながら、監視の強化を図るとともに、万一、危険ドラッグ販売等情報が寄せられた場合などには、店舗への立ち入り調査を行うなど、迅速に対応してまいりたいと考