1497件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

矢祭町議会 2021-06-16 06月16日-02号

やはり写真を撮るのは若者なので、若者に来てもらって、SNSに投稿して矢祭山に来て、赤い橋を写真に撮って、そこでおいしいものを食べたとなると、それがSNSに載っただけでわっとすぐ人が集まるので、これは今の世の中の営業の仕方としてすごいことなので、ぜひ何とかしてほしいなと思います。 

いわき市議会 2021-03-18 03月18日-01号

例えば、若者流出が多いと言っていましたけれども、そこも戻したい、子育て支援もやっていくという考え方1つとしてあると思うんですけれど、例えば、若者流出はしようがないと、ただ、流出する前の世代を、要するに子育て世代を取り込んで、ある程度そこを増やして多少の流出は仕方ないみたいな、どっちかにやらなくてはいけないとなったときですね。

福島市議会 2021-03-12 令和 3年 3月定例会議-03月12日-07号

◆10番(佐原真紀) 改めて新成人が一堂に集える機会の創出を支援することは、つらいコロナ禍を乗り越えている若者たちにとって最大のプレゼントになるのではないかと思います。  私ごとではありますが、18歳から福島を離れ、東京で就職しておりましたが、成人式には生まれ育ったこの福島に帰省し、学生時代友人たちと再会できたことが心に残るよい思い出になっています。

福島市議会 2021-03-11 令和 3年 3月定例会議-03月11日-06号

結婚生活支援事業は、結婚に伴う経済的負担を軽減することで、結婚に踏み切る若者増加とその市内定住促進する事業であります。  具体的には、新婚世帯住宅取得費用として30万円を、賃貸住宅の場合には敷金、礼金、引っ越し費用等初期費用として15万円、家賃として月2万円を上限として支援するものであります。  

平田村議会 2021-03-09 03月09日-02号

◆5番(高橋七重君) 2つ目総務課から説明のあった若者転入者住宅取得支援結婚生活支援に係る質問なんですが、県の事業を利用し、さらにそこに村独自の支援を上乗せして、若者定住施策を取るということはよいと思うのですが、さらに支援策を足してみてはどうでしょうかということなんですが、まず、これらの事業は、家を建てるわけですから、ほとんどの人は、頭金を用意してローンを組むということになると思うんですね

会津若松市議会 2021-03-05 03月05日-総括質疑-06号

吉田恵三議員 この事業が、今の答弁踏まえますと、いわゆる若者等の地元教育機関への進学、あるいは就職、これを促進をさせていく。それに伴って、結果として社会動態での人口減少等の抑制を図っていくと。本市は、合計特殊出生率も2.2という、明確に将来的に打ち出している。かなりこれハードルは高いというふうに思います。

福島市議会 2021-03-05 令和 3年 3月定例会議−03月05日-02号

本市では、農業農村振興を図るため、平成28年6月に令和2年度までの5年間を計画期間とする福島農業農村振興計画を策定し、若者希望を持てる農業の確立を本市農業の目指す姿としました。新規就農者については昨年までの4年間で目標は達成したものの、農業就業人口減少高齢化の進展、耕作放棄地増加傾向に歯止めがかからない状態が続いております。  

会津若松市議会 2021-03-03 03月03日-一般質問-04号

さらには、市内の企業で生き生きと働く若者学生PR部AiZSモーションのメンバーをはじめ、多くの市民皆様に出演していただいているシティープロモーションテレビ広報番組「会津の宝探し∞(アペイロン)」につきましても、番組放送後にユーチューブで配信し、一定程度視聴者数を獲得していることから、今後も市民皆様にとって分かりやすく利便性が高い情報発信に努めてまいります。 

平田村議会 2021-03-03 03月03日-01号

若者本村への移住及び定住促進することで、地域活性化人口減少対策につなげるために、定住促進住宅取得支援事業では、住宅取得補助に加え、転入者加算子育て加算、また、村内事業者が施工した際の加算などの事業費720万円、東京圏から本村移住し就業した場合の移住支援金給付事業160万円、結婚に伴う新生活スタートアップに係る新居の家賃引っ越し費用等支援する結婚生活支援事業150万円の3つの新規事業

会津若松市議会 2021-03-01 03月01日-一般質問-02号

近隣市町村では、定住促進を図るために定住住宅に関する条例を制定し、子育て住宅及び若者住宅の設置といった施策を行っております。本市においても空き家バンク推進等定住策に力を入れていることは理解できますが、まだまだ若者定住促進に向けてできることはあると考えられます。そこで、提案と質問をいたします。 

福島市議会 2021-03-01 令和 3年 3月定例会議−03月01日-01号

コロナ禍における地方移転の機運を生かして、オフィス移転若者等の移住定住にも取り組みます。  首都圏からの本社オフィス移転とともに家族そろっての移住促進するため、オフィス開設支援と併せ、温泉、農業、果物が満喫できるゆとり満喫エールパスポートを活用するほか、移住応援サポーターによる相談など、移住希望者のライフスタイルに沿った総合的かつ積極的な支援を実施します。

会津若松市議会 2021-02-25 02月25日-議案提案説明-01号

また、郷土の魅力に気づいていただくことを目的とした市民向けシティプロモーションについては、認知度が向上していることから、継続して取り組むことで市民皆様自らが郷土に住み、愛着を持ち、ふるさとをよくしていこうという自負心である「シビックプライド」を醸成し、若者地元定着へとつなげてまいります。 

いわき市議会 2020-12-16 12月16日-06号

ワーケーションによる観光誘客推進を図るため、また、ポストコロナ時代災害時における新たな行政サービス提供体制の構築に向け、オンライン窓口機能を搭載した車両を活用し、地域へ出張する「移動市役所」のモデル的な取組推進するため、さらに、ウィズコロナ時代に対応した新しいシティセールス取組として、「香り」を活用した本市ブランドイメージの醸成や、本市地域資源を活用したオンラインツアーのほか、次世代を担う若者

郡山市議会 2020-12-11 12月11日-05号

いじめ増加に加え、コロナ禍における精神的ストレス若者や子どもにも及んでおります。本市教育委員会が今年8月に出した事務点検評価報告書(以下「報告書」)におけるいじめ防止等啓発事業評価については、活動の見直しを検討する必要があるとされています。 そこで伺います。報告書で指摘を受けた見直しを、今後どのように取り組んでいくのか伺います。 ○七海喜久雄議長 小山学校教育部長

いわき市議会 2020-12-09 12月09日-04号

私は、災害防災復興分野研究者として、防災士として、引き続きまして度重なる震災・災害で傷んだふるさとの一日でも早い復興と被災された方の生活再建へ向けての取組、またプロスポーツビジネスの世界で培った経験やネットワークを生かし、生まれ育ったいわき市の発展と安心・安全のまちづくりの実現、次世代を担う若者ふるさとを離れることのない環境づくりを目指す、そして市民の命と生活を守ることを信条に、一意専心の志

会津若松市議会 2020-12-09 12月09日-一般質問-04号

この機会学生、生徒に使い方を習得してもらえれば、若者意見が市政に反映されることにもつながると考えますが、見解をお示しください。 次に、地域課題解決のためにデジタル地域通貨にポイントを付与する制度の研究についてお尋ねいたします。会津大学では、本年7月から学内の食堂や売店で通用するブロックチェーン技術を使ったデジタル地域通貨として、白虎が使われています。