16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

須賀川市議会 2018-03-06 平成30年  3月 定例会−03月06日-05号

そこで、事業所自衛消防組織自主防災組織結成状況と啓発についてお聞きいたします。  さらに、平成25年12月には、命を守る地域防災力強化として、消防団中核とした地域防災力充実強化に関する法律が定められております。  そこで、消防団中核とした地域防災力充実強化に関する法律に基づく、その後の取組についてお聞きいたしまして、1回目の質問といたします。

福島市議会 2010-06-17 平成22年 6月定例会-06月17日-03号

また、企業においては、一定の危険物を取り扱う事業所については、消防法において自衛消防組織を設置しなければならないということもあるし、また石油コンビナート等の業務を行う特定業者においても、石油コンビナート防災等災害防止法によって自衛消防組織を設置することが義務づけられているということでございます。

いわき市議会 2008-06-12 06月12日-05号

また、地域の安全と密接な関係にある事業所におきましても、自衛消防組織等自主的な防災組織を編成しているところであります。このため、消防機関を初め、国・県防災関係機関等との連携により、関係団体等に対して、防火防災に係る知識や技能等の習得を図る研修会講習会、さらには、総合防災訓練への参加等を呼びかけているところであります。

南相馬市議会 2008-03-10 03月10日-03号

さらに、そうはいっても、なかなか人口等も少なくなってきておりますので、最初に答弁しましたように各事業所にこの自衛消防組織などの結成などもお願いしながら、その地区地区対応してまいりたいと考えてございます。 ○議長高野光二君) 5番、竹野光雄君。 ◆5番(竹野光雄君) それでは、続いて②の女性消防隊育成についてお伺いします。  

いわき市議会 1997-12-09 12月09日-03号

行政側自衛消防組織のある各企業を訪問して、消防団活動への協力要請をすべきと思料いたしますが、御所見をお伺いいたします。 大きな6番目の質問は、競輪事業についてであります。 昭和26年の開設以来、46年間に一般会計へ 743億円を繰り入れ、道路・橋りょうの整備公営住宅建設など生活基盤整備、産業の活性化、さらには小・中学校校舎などの建設に大いに貢献しているところであります。

南相馬市議会 1997-03-10 03月10日-01号

今日の社会構造変化生活水準高度化による危険物増加危険施設増大に的確に対応するため、広域消防機能の一層の強化地域消防団との連携を密にするとともに、自主消防組織及び自衛消防組織育成強化を図り、予防消防を推進してまいります。 さらには消防機動力強化を図るため、小型動力ポンプ付積載車を購入するほか、防火水槽の新設、法被やヘルメットを年次計画整備してまいる考えであります。 

いわき市議会 1995-03-07 03月07日-03号

また、阪神・淡路大震災規模地震が発生した場合は、多くの建物の倒壊や道路の損壊、火災及び負傷者同時多発等により、通常の体制では対応が困難となることから、自主防災組織事業所自衛消防組織などによる初期消火や救出、救助、さらには消防団小型動力ポンプ等の活用を図り、消防活動を行うとともに、大規模災害に移行する場合は、県や市町村の枠を超えて広域的な消防相互応援体制の運用を図ってまいりたいと考えております

いわき市議会 1987-06-15 06月15日-02号

現在の自衛消防組織は「火災を主眼」とした組織でありますので地震による同時多発災害に対処できる組織化が必要になります。第2に、大規模火気使用設備菅理であります。これらの設備は、大量のガス燃料を用いており地震時における火気使用設備の転倒、移動または配管の破損等によりガスの漏洩が危惧されるところであります。第3に、避難路安全確保であります。

いわき市議会 1978-12-12 12月12日-02号

したがいまして、今後ますます企業自衛消防組織さらには共同防災組織といったものの強化を図っていく必要があろうかと考えます。 次の御質問でありますが、津波の問題でございます。御指摘のように、震度6-7の烈震、激震のような大地震には津波の伴うことがありまして、当市においても過去100 年間に波高1メートルを超えた津波が3件ほどあったわけであります。小名浜地区で記録されておるわけであります。 

  • 1