1354件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2022-12-12 12月12日-総括質疑-05号

訪問給食サービス事業でございますが、在宅のひとり暮らし高齢者等を対象に弁当を宅配することで、安否確認と健康補助目的とした事業でございまして、おおむね65歳以上のひとり暮らしの世帯等を対象に、食事の調理が困難な者で、かつ自立支援の観点からサービスの利用が適切であると判断される方に給食の配送サービスをしているものでございます。 ○議長(清川雅史) 斎藤基雄議員

会津若松市議会 2022-06-17 06月17日-一般質問-02号

前回の質問において歩行訓練士の育成には、県の事業でもハードルの高い要件、大変難しいものであるということは理解したところではありますが、視覚障がいを持った方々の生活支援自立支援、相談支援体制とその環境整備は喫緊の課題であるため、早急な歩行訓練士の育成が必要であるとの考えに至りました。そのため視覚障がいの方の生活支援環境整備の改善が必要であるとの考えから、再度質問をさせていただきます。 

南相馬市議会 2020-03-25 03月25日-06号

同じく、1項社会福祉費のうち、3目障がい者自立支援費についてであります。30相馬地方広域市町村組合民生費負担金について、基幹相談支援センターが鹿島区役所に設置されたが、従来は相談支援事業所が相談を受けていた。基幹相談支援センターを設置した理由についてただしたところ、基幹相談支援センターは、直接市民からの相談を受けつける事業所ではない。

福島市議会 2020-03-12 令和 2年 3月定例会議-03月12日-06号

また、庁内関係部局との連絡、連携強化を図るため、生活困窮者自立支援庁内連携連絡会議を本年度から設置したところであります。  今後とも引き続き、相談者に寄り添った対応を心がけるとともに、効果的で実効ある生活保護制度の運用を行ってまいります。 ○議長(梅津政則) 山田裕議員。 ◆2番(山田裕) 高齢者の問題では、ひとり暮らしの方への配慮が必要だというふうに思います。  それで、伺います。

南相馬市議会 2020-03-12 03月12日-05号

◆12番(田中一正君) 通告をしておりますので、3款民生費、1項社会福祉費、3目障がい者自立支援費、30相馬地方広域市町村組合民生費負担金、新規事業でございますが、市町村との窓口の連携についてお伺いいたします。 次に、3款民生費、1項社会福祉費、5目老人福祉費、F5介護従事者養成事業、就職率の実績についてお伺いいたします。 

須賀川市議会 2020-03-10 令和 2年  3月 文教福祉常任委員会-03月10日-01号

従前より、市社会福祉議会で運営されておりました障がい者の相談支援事業所と高齢者支援の拠点であります中央地域包括支援センターに加えまして、現在、社会福祉課に設置しております生活困窮者を対象といたしました自立支援相談窓口、健康づくり課内の子育て世代包括支援センター、また須賀川、岩瀬地方の障がい者支援の拠点として、本市、鏡石町、天栄村の3市町村共同で新たに開設いたします須賀川地方基幹相談支援センター、そしてこれらの

南相馬市議会 2020-03-10 03月10日-04号

市としましては、まずは農福連携のメリットを認識することが重要と考えますので、地域自立支援議会の就労支援部会と農業経営改善支援相談委員を通じまして、農福連携についての周知を図っていく考えでございます。 ○議長(今村裕君) 12番、田中一正君。 ◆12番(田中一正君) そうですね、ぜひそのようにスムーズに農福連携ができるように進めていただきたいと感じてございます。 

福島市議会 2020-03-09 令和 2年 3月定例会議-03月09日-03号

次に、青少年健全育成の推進につきましては、新規事業として、就労意欲を高め自立支援を行う仕事体験事業に200万円を計上したほか、地域における子どもの居場所づくり支援事業に300万円、ユースプレイス自立支援事業に350万円などを計上したところであります。 ◎建設部長(菊田秀之) 議長建設部長。 ○議長(梅津政則) 建設部長。      

郡山市議会 2020-03-09 03月09日-06号

また、2020年度予算の「ひとり親家庭自立支援の促進」の母子生活支援事業には、新たに母子生活支援施設広域入所措置として、地域社会への適応が困難なホームレス状態やDV等による生活困窮母子世帯に対し、母子の安全を確保するため、県内外に設置されている母子生活支援施設を活用し、住まいの提供と自立支援を図るとしています。 

喜多方市議会 2020-03-05 令和2年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2020年03月05日

予算書157ページ、ユースプレイス自立支援事業業務委託料でございますが、この問題は何回か質疑させていただいておりますので、事業の内容については大体理解しているつもりですが、現在の実態がどうなっているのかをお伺いいたします。  また、ここに通うまでが大変だと思いますので、新しい人に対する働きかけをどのようにするのか検討するということでございましたので、それがどうなっているのかをお伺いいたします。  

白河市議会 2020-03-04 03月04日-02号

(2)社会福祉課関係事業であるひきこもり自立支援事業・第6期白河市障がい福祉計画等策定事業の概要について。あわせて、白河市内のひきこもりの実施の把握は今後どのように進めていくのかについて。 (3)健康増進課関係事業である野菜健康応援プロジェクト事業の概要について。 (1)から(3)までまとめて答弁願います。 ○菅原修一議長 鈴木保福祉部長

棚倉町議会 2020-03-04 03月04日-01号

次に、17ページになりますが、3款1項1目社会福祉総務費262万4,000円の増額につきましては、説明欄6行目、自立支援更生医療給付事業費の増、下から4行目、自立支援給付障害児通所支援等事業費の増及び一番下の国保特別会計事務費繰出金の減等、確定見込みによるものであり、2目老人福祉費447万2,000円の減額につきましては、説明欄3行目、介護保険特別会計繰出金の減及び一番下の福祉基金積立金の増額のほか

平田村議会 2020-03-04 03月04日-01号

中には、社協のほうの弁護士相談のほうをお勧めしたり、あるいは県社協が実施しております自立支援安心サポート事業を活用いたしまして、その相談支援員さんと村職員協力しながら、本人の問題に寄り添いながら、その方によりよい解決方法を提案して支援を行っております。

会津若松市議会 2020-03-03 03月03日-一般質問-03号

また、本市におきましても、これまで障がい者計画に基づき、まちづくり講演会や地域自立支援議会ワークショップ等において市民の皆様に対する障がいの理解促進に努めており、今後も継続して取り組んでまいります。 次に、外出支援事業についてであります。本市では、タクシー等の公共交通機関の利用料の一部を助成することで社会参加のきっかけをつくることを目的に実施しております。

南相馬市議会 2020-03-03 03月03日-01号

まずはじめに、3款民生費、1項社会福祉費、3目障がい者自立支援費、F2障がい者福祉計画策定事業についてでございます。各計画における当事者の意見の扱いについて伺うものでございます。 次に、3款民生費、1項社会福祉費、5目老人福祉費、58社会福祉法人による利用者負担軽減措置事業補助金についてでございます。2点ございます。1点目は、各事業所ごとの所要額及び増額について伺います。 

郡山市議会 2020-03-02 03月02日-03号

さらには、当該会議の中で、より活発な意見交換がなされるよう、市内に居住する児童扶養手当受給者資格のある全ての独り親世帯約3,300世帯を対象に現在の生活状況や悩み、不安等の把握、支援策としての住まいの提供や児童虐待、DV被害者への対応、自立支援等のニーズを把握する目的で、昨年8月に意向調査を行い、当該調査結果も提示したところであり、これらを基に様々な意見が出されたところであります。