977件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

泉崎村議会 2020-03-12 03月12日-02号

質問のありました八雲ニュータウン自治からの要望に対する今後の取組についてでありますが、要望事項といたしましては、八雲ニュータウン内の個人宅ではないのり面等の土地に係る除草の件、それから空き地となっている個人宅地の除草の件、代執行手続きへの移行の件であります。 

南相馬市議会 2020-03-12 03月12日-05号

現在市営住宅では一部の入居者の家賃未納や迷惑行為団地自治活動の不参加など他の入居者から苦情を数多く受けているような状況でございます。その中で家賃滞納の実情としましては、今年の1月でございますが3カ月以上の未納者が約200戸、入居者の15%がこのような状況になっております。そのうち分納誓約を守っている人、分納していただける人がその200件のうちの約1割でございます。

郡山市議会 2020-03-10 03月10日-07号

また、1月30日に開催した市民町内会長との懇談会において、自治を通した感染症予防のための注意点に関するチラシを配布するとともに、本市の公共施設125か所での「今からできる!新型コロナウイルス感染症予防対策」と題したポスターの掲示や、テレビ4局での広報の放映など、市民に身近な方法による周知啓発を図ってきたところであります。 

郡山市議会 2020-03-09 03月09日-06号

行政センター単位の自治町内会、区長会による取組としての優良事業活動が発表され、参加者の意見交換会も行われました。しかしながら、中には地域内で実施されている行事に関する発表のみで、意見は何も出ず、最後に市長より感想の一言があるだけという場面もありました。 

南相馬市議会 2020-03-06 03月06日-02号

この死者18名の中には、行政防災行政無線や自治関係者の避難の勧告等に促され、危険が迫っている中、避難所へ歩いて避難しようとして濁流に巻き込まれて死亡というものがありました。記憶にある方もいるかと思います。 避難の在り方については、昨年の台風第19号襲来後の令和元年10月15日の参議院予算委員会でも取り上げられました。

喜多方市議会 2020-03-05 令和2年第1回定例会(5日目) 本文 開催日:2020年03月05日

なお、この対象要件の中で今考えてございますことが、居住地域自治加入し、地域活動に協力できる方という要件もつけさせていただきたいと考えてございます。  ということで、あくまで地域のためになるような部分も入れながら、間口も中古まで広げながらということで考えてございますので、現状のところはこのまま進めてまいりたいと考えているところでございます。  

伊達市議会 2020-03-05 03月05日-04号

昨日も答弁申し上げましたが、梁川地域の統合の進め方ということで議員のほうからありましたが、やはり我々とすれば、子どもの学校教育環境の面からして、保護者の方々からの同意を得て、地域を運営する自治代表者の方々とも十分連携をしながら説明会を開催していきたいというふうに考えているところでございます。 以上でございます。 ○議長(高橋一由) 丹治議員

会津若松市議会 2020-03-04 03月04日-一般質問-04号

職員自治地域議会消防団活動などの地域活動等に参加することは、職務で培ってきたスキルなどを地域に還元できるとともに、逆に地域活動等で得たものを職務に生かすことにもつながると考えられます。また、市民の生の声や地域の現状を見据えるよい機会となると考えますが、市は積極的に職員地域活動を推奨していくのか、認識をお示しください。 以上で壇上での質問を終わります。

白河市議会 2020-03-04 03月04日-02号

でも、五箇中学校の今回の統合に関しての話合いは、五箇地区は7自治があるんですけれども、7自治で1回ずつだけなんです、初めだけで。そして、地元としては、指定された日に用事があって行けない、でも、1回限りではないだろう、また、話合いの場があるんだろうと期待していたんですけれども、結局地元にはそれっきりで、あとないんです。

伊達市議会 2020-03-04 03月04日-03号

また、これまで統合について進めてきた経過から、まずは保護者の皆様の同意といいますか、そういった方向性を確認した上で、各地域住民の方々への説明を開催してまいりたいと考えておりますが、それぞれ各地域の実情などもあるかと思いますので、各自治代表の方と調整し、開催してまいりたいというふうに考えているところでございます。 以上でございます。 ○議長(高橋一由) 佐藤清壽議員

二本松市議会 2020-03-03 03月03日-04号

それから、限界集落ですが、18自治等に増えたということでございますが、私、以前質問したとき、27年でしたかな、質問したときは限界集落2集落しかなかったわけでございますが、その後、増えまして、5年間で16集落増えたということでございますが、どんどん人口が減少する高齢化社会になる、自治の運営がなかなか容易でないというようなことは、だんだん多くなってくるので、行政からの指導等も必要なのかなというふうに

郡山市議会 2020-03-02 03月02日-03号

安積永盛駅の西口広場につきましては、安積町自治からの要望のとおり帝京安積高校や日本大学工学部、日大東北高校に通学する皆さんの乗用車による通学の送迎に加え、尚志高等学校、坪井病院等の医療機関バスによる送迎など、朝夕の乗降者に対する交通安全対策が急務であったことから、このたびの当初予算で安積永盛駅西口広場改良の3,500万円の予算が計上されて、ようやく緒に就くことができました。

郡山市議会 2020-02-28 02月28日-02号

また、1月30日に開催をいたしました市長と町内会長との懇談会におきましても、自治を通じた感染症予防のための注意点に関するチラシを配布するとともに、本市の公共施設125か所にポスターを掲示するなど、啓発を行ってまいりました。 今後も感染症拡大状況の推移を踏まえ、記者会見を含め、時宜を得た情報発信に努めてまいりたいと存じます。 以上、答弁といたします。 ○七海喜久雄議長 川前光徳議員。    

棚倉町議会 2019-12-24 12月24日-02号

◆9番(佐川裕一) 避難行動要支援者の方についてお聞きしたいんですけれども、避難所を、近隣住民への周知及び災害時要援護者の避難所の移動は、自助もしくは共助だというふうに、そういったお話だというふうに思うんですけれども、例えば、寝たきりの高齢者がいる家庭や、ひとり暮らしの班とかに入って自治とかに入っていないようなお年寄り、また、そういったアパート住民の方とか、そういった方に対して、避難所への場所の周知

いわき市議会 2019-12-19 12月19日-06号

本補正予算案は、給与改定や人事異動等のため、また、台風第19号及び10月25日の大雨により甚大な被害を受け、自治等の回覧機能が回復していない地区について市政情報を発信するなどのため、所要額の補正を行うもの、さらに、浸水被害を受けた小川支所について、新庁舎が竣工するまでの期間、仮設庁舎を設置するため、債務負担行為を措置するものであります。 

白河市議会 2019-12-13 12月13日-03号

◆大竹功一議員 今、部長から御答弁あったので、それに近いことで、もう一度くどいようですがお話しさせていただくと、やはり高齢者の方々が今回もなかなか動けなかったという反省点から比べれば、やはり今、言われたように、各自治とか町内会とか、あとは消防団とか、そういう方々をうまく使って市のほうで協力を求めるということが、ひとつ必要ではないのかなと思います。 

白河市議会 2019-12-12 12月12日-02号

そしてまた、各庁舎等に掲示とか、それから、あと、各自治等にも、町内会等にも説明するというようなことでしたけれども、各町内会の集会所であったり、自治の集会所にも置いておくばかりじゃなく、もし掲示する場所があるのであれば掲示して、より周知を図るようにお願いしたいというふうに思いますけれども、その件について答弁をお願いいたします。 ○菅原修一議長 川瀬市民生活部長

いわき市議会 2019-12-11 12月11日-04号

◆6番(柴野美佳君) 去る11月11日に、行政自治などで浸水現地検証が行われました。それに先立ち、市長も現場視察をされたと聞き及んでいます。現地検証の際、地域住民からは、浸水したポンプ場の早期復旧、調整池や雨水タンクの整備、暗渠になっている箇所の点検改修、排水路の点検改修などの要望がなされました。 こうした地域の声に対して本市はどのような対策を講じていくのか伺います。