2484件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

矢祭町議会 2021-06-18 06月18日-04号

事業課長古市賢君) こちらにつきましては、矢祭町の総合計画の中で商工振興等の具体的な施策等基本方針等が記載されておりますので、そちらが施策方針ということになるかと思います。 ○議長藤田玄夫君) 7番、鈴木正美君。 ◆7番(鈴木正美君) 基本方針は、もう既に前々から策定されて進んでいたと思うんですけれども、別に、これがなくても今までも支障がなかったということですよね。

矢祭町議会 2021-06-16 06月16日-02号

それでは、次に矢祭町の総合計画についてというところで、国道349号下関・小田川間の様子が大分見えてきましたけれども、今後、交通量が増えることが予想されるため、国道118号のバイパス化は必須だと考えます。現在の国道118号を拡張するのは困難であると思いますが、第7次・第8次総合計画までに新しい道路を計画しないと、国道118号は毎日渋滞に悩まされると思います。

福島市議会 2021-03-16 令和 3年 3月定例会議-03月16日-08号

さきに開会の総合計画まちづくり基本ビジョン審査特別委員会におきまして、正副委員長互選の結果、委員長に31番半沢正典議員、副委員長に5番斎藤正臣議員がそれぞれ選任された旨、議長手元まで報告がありました。  日程に従い、議案第44号の委員会における審査の経過並びに結果の報告を求めます。  総合計画まちづくり基本ビジョン審査特別委員長、31番。 ◎31番(半沢正典) 議長、31番。

福島市議会 2021-03-12 令和 3年 3月定例会議-03月12日-07号

         菅野辰之 ───────────────────────────────────────────── 議会事務局出席者   局長          横田博昭     次長兼議事調査課長   渡邉洋也   総務課長        寺島正嗣 ───────────────────────────────────────────── 議 事 日 程   1 一般質問   2 議案第44号審査のため総合計画

矢祭町議会 2021-03-12 03月12日-04号

また、課題としては、どこを開発していくかという設計を始める段階において、この点でもどういう設計で、どういうふうになっているのか、矢祭長期的展望に立った町づくり観点で、それがいいのかどうかと分かった上での第6次総合計画のスタートという点では、まだまだ議会の中でも、議員の積極的な意見を取り入れるべきだというふうに思える、そういう予算になっているというふうに思います。 

福島市議会 2021-03-10 令和 3年 3月定例会議−03月10日-05号

議会で提出した新総合計画策定過程においても検討されておらず、市としては慎重な対応が必要と考えます。  一方、中心市街地活性化は急がなければならない課題であり、駅東口開発事業中心に、高次都市機能の集積と回遊性の強化を図り、県都の玄関口にふさわしい多様な交流の拡大とにぎわいを創出してまいります。 ○議長梅津政則) 渡辺敏彦議員

矢祭町議会 2021-03-10 03月10日-03号

それでは、第6次総合計画について伺いたいと思います。 総合計画にはいろいろと聞きたいことがあるんですが、一番はやっぱりこのYプロジェクトですか、8年間で2組というようなことでございまして、見直していかなければならない問題でありますが、全然考えてはいないのかというような。これは本当に費用対効果でやっている事業だと思うんですね。ですから、ぜひとも今後続けていく場合にはどのような考えでいくのか。

福島市議会 2021-03-09 令和 3年 3月定例会議-03月09日-04号

総合計画まちづくり基本ビジョンでは、全体を網羅する重要な視点一つとして多様性尊重を掲げ、総合計画における全ての施策人間尊重視点を反映させたものとしております。  また、個別施策の4におきましても、男女共同参画人権尊重の推進において、多様な意見視点重要性を認識し、暴力やハラスメントなど重大な人権侵害をなくし、安心して安全に暮らせる社会づくりに努めることとしております。  

平田村議会 2021-03-09 03月09日-02号

令和3年度の主な事業についての中で、第5次平田村総合計画後期基本計画に触れています。 そこで、伺います。 ①空き家対策を含む居住環境整備公営住宅建て替え事業が含まれておりません。 ②魅力あふれる観光振興に、ジュピアランド整備として駐車場、つり橋が含まれております。過去からの財政負担は10億円以上であります。

福島市議会 2021-03-08 令和 3年 3月定例会議-03月08日-03号

時を同じくして、次の10年を見据えての大事な5年間を具現化する我がまちの第6次福島総合計画が、大震災を体験し、コロナ禍を経験して、いよいよ春より実行されます。この総合計画は、心の復興人間復興を原点に、誰一人も取り残さない取組であっていただきたいと願うものであります。その誰一人も取り残さない観点から幾つかお伺いいたします。  

会津若松市議会 2021-03-05 03月05日-総括質疑-06号

また、他の計画との関連につきましては、当然上位計画の市の総合計画に基づきまして計画策定してまいりたいと考えてございますし、策定に当たりましても、昨日も議論がありましたが、観光分野をはじめとする様々な分野、こちらと連携を取りながら策定作業に当たってまいりたいと考えているところでございます。 以上でございます。 ○議長清川雅史) 斎藤基議員

相馬市議会 2021-03-05 03月05日-03号

相馬総合計画主要テーマ一つに、生き抜く力を育む学校教育充実という施策が上げられております。子供たちに生き抜く力を身につけるために教育委員会では様々な取組が実施されております。 その一つキャリア教育がございます。令和2年12月定例会一般質問の中で、5番議員キャリア教育について質問しておりました。 

会津若松市議会 2021-03-04 03月04日-総括質疑-05号

大竹俊哉議員 会津若松市第7次総合計画の中の、第2編基本計画、第3章政策施策政策分野7、歴史文化のうち、施策の2、地域歴史文化を育む環境づくり美術品等展示収蔵機能の研究、検討、市民文化祭の開催など、各種文化振興事業を通して地域文化団体への支援、協力を行うとともに、気軽に鑑賞できる芸術文化事業を展開し、地域文化資源を活用した芸術魅力発信収蔵美術品鑑賞機会充実に努める、そのように

相馬市議会 2021-03-04 03月04日-02号

市といたしましては、当該事業相馬総合計画「相馬市マスタープラン2017」や相馬復興計画に位置づけている低炭素・脱炭素社会の実現に大きく寄与するものであると考えており、事業の意義や効果を広く市内外に発信するとともに、視察や学習機会を提供することで、市民はもとより多くの方々に理解を深めていただくよう取り組んでまいりたいと考えています。 次に、相馬港の活用についてお答えいたします。 

会津若松市議会 2021-03-03 03月03日-一般質問-04号

昨日のご答弁でも申し上げましたが、今庁内ワーキンググループ作業をしていまして、地域の枠組みについて可視化をしようということで、その作業の中で個別計画、実は総合計画42の政策分野あるのですが、その中で24の個別計画における地域の定義といいますか、地域の分類があるということで、作業の中で見えてきたところでございます。