190件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

喜多方市議会 2020-03-26 令和2年第2回臨時会(1日目) 本文 開催日:2020年03月26日

しかし、これが継続審議という形の中で令和3年まで今回踏み込まれています。この予算的な担保についても含めて、まだまだ審議をされていないと私は理解しております。つまり、これは委員会に付託を省略するという形になっております。ここで審議しなければ中身についてはわからないとなっていくのではないかと思います。  

二本松市議会 2020-03-04 03月04日-05号

平成30年3月に被災者生活再建支援法改正案が衆議院に提出されておりますが、上限額については加算支援金上限額を400万円に引き上げる内容でありますが、現在も継続審議になっております。住宅再建に係る加算部分を手厚く支援することは、被災地の復興にも効果があると考えますので、私も早期成立を願っているところであります。 

いわき市議会 2019-09-17 09月17日-02号

その後、継続的に審議会を開催しながら、セグメント懇談会など、さまざまな機会を捉えて、より多くの市民皆様を初め、市議会皆様とも意見交換を行うとともに、庁内におきましては、市総合計画策定委員会による継続審議のほか、新たに、若手職員で構成するワーキンググループを設置するなど、新たな計画の検討を本格化してまいります。 

伊達市議会 2018-12-19 12月19日-06号

なお、継続審議となりました伊達市第2次総合計画基本計画変更についての議案につきましては、今後、特別委員会の中で丁寧に説明してまいりたいと考えております。 さて、来年1月4日には、本庁舎と分庁舎に分散している全ての本庁機能を集約し、新たな伊達市役所がスタートします。今回の増築工事が、真に市民サービスの向上につながるよう、鋭意努めてまいりたいと考えております。 

塙町議会 2018-12-17 12月17日-03号

以上の理由により、賛成は時期尚早であり、住民の民意を広く理解し、今後、継続審議を求め、反対討論といたします。 議員各位の賛同を求め、よろしくお願い申し上げます。 ○議長大縄武夫君) 次に、原案に賛成者の発言を許します。 12番、藤田一男君。     〔「反対討論」と言う人あり〕 ○議長大縄武夫君) 反対は出ましたので、賛成討論があってから、また反対。     

福島市議会 2018-12-13 平成30年12月13日建設水道常任委員会−12月13日-01号

慎重な導入であればあるほど導入すべきときのメリットであるとか、デメリットがあるから、慎重にやるべきだという、そういう判断をすべきなのだと私らの会派では集約をしまして、条件つきで今言ったように将来的に導入することには賛成なので、そういった考え方を踏襲しながら、もしできるのであれば我々は継続審議という形でお願いできないかという話でまとまりました。

二本松市議会 2018-12-12 12月12日-04号

現在、国会で、この法案継続審議となっており、早期成立することが強く求められています。同時に、私たちはこの法案早期成立のため奮闘するものであります。このような状況を踏まえ、以下、質問します。 第1の質問は、市の原発事故による損害賠償請求についてです。県内では、農産物の価格低下風評被害が続いています。

喜多方市議会 2018-09-13 平成30年第9回定例会(5日目) 本文 開催日:2018年09月13日

公共施設等運用権を含む本改正案については、参議院において継続審議となっていることから、市民への安全かつ安定した水道水の供給を基本に、本市水道事業の健全な経営や基盤強化の観点から、今後の国会での議論を注視してまいります。 ◯議長佐藤一栄君) 一般質問の途中でありますが、昼食のため暫時休憩いたします。  

いわき市議会 2018-09-12 09月12日-04号

2月議会で、災害公営住宅の市独自の家賃減免制度をさらに充実させることを求める請願書が出され、現在も継続審議になっております。前議会、6月議会常任委員会では、この請願審議のときに、執行部はこのように言っていました。収入超過者に対して、自宅再建などをどう考えているのかというアンケートについて検討している。

福島市議会 2018-09-10 平成30年 9月定例会議−09月10日-03号

継続審議となって、今後さらに議論が大きくなってくるということが予測されますが、大きな負担となってくる水道管老朽化更新等民営化で乗り切りたいというのが政府の本音だと思います。  しかし、既に民営化した国では、命にかかわる水事業をもうけの対象にしたことが失策だったとし、再び公営での事業へと戻す事例が発生をしています。

南相馬市議会 2017-12-20 12月20日-06号

その他の議案及び9月市議会定例会継続審議となっておりました平成28年度各会計決算認定などに係る議案について御議決及び承認を賜り厚く御礼申し上げます。 さて、平成29年度は「市民みんなで飛躍する年」と位置づけ、地域の絆づくり安心生活の再生、未来を担う人を育む環境の充実や若い世代の定住の促進に向けた事業などに取り組んでまいりました。 

白河市議会 2017-09-29 09月29日-05号

まず、この請願も、6月定例会での継続審議でした。今回、前も述べましたとおりに、福島県の現状は、先ほど深谷議員が言われたとおりだと思います。小学校も中学校も30人程度でございます。 子供のことを、子供の数が減少しているということを考えれば、35人よりも減ってくることも予想されます。まして少子化ですから、これから今後とも人数が減ってくるかと思います。

喜多方市議会 2016-09-05 平成28年第5回定例会(2日目) 本文 開催日:2016年09月05日

会議では、待機児童現状や課題について理解を深めていただいたところでありますが、結論についてはすぐには出せないとのことから、継続審議とし、第四保育所と第一保育所廃止計画の見直しにつきましても、第2回目以降の会議においてさらに検討することとしたところであります。  

会津若松市議会 2016-09-05 09月05日-一般質問-02号

例えば札幌市などにおいても、検討されたようでありますけれども、実際に業務を受注する事業者反対というような中で、議会に上程されたのだけれども、継続審議というのが長引いてそのままになってしまったというか、成立しなかったというような事例もありますし、それから先ほど兵庫県加西市の例を言いましたけれども、兵庫県の篠山市でも実はことしのこの9月定例会に公契約条例提案しようとしていたそうでありますが、しかし事業者