18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

伊達市議会 2019-06-13 06月13日-04号

立命館大学野田正人教授の「児童虐待増加要因と特徴」という考察があるのですけれども、そのまとめのところ、終わりにということで、状況は、先ほど数も聞きましたけれども、当然増えていると。これは先ほどのいじめなども同じなのですけれども、増加傾向にある。その理由については、先ほども述べたとおりでありますけれども、児童虐待が増えているかについては、筆者はやはり増加していると考えている。

本宮市議会 2016-06-10 06月10日-03号

これは大変恐縮なんですけれども、立命館大学調査した結果でございます。 それじゃ、貧困というのはどのように見ているかというと、国民生活基礎調査の最新のデータ、これと照らし合わせて、最低限に生活に必要な年収を1人当たり160万円というふうに見積もっていると。これ以下の方々貧困者というような位置づけでございます。その結果として高齢者の25%が貧困と、このような状況が出ていると。 

いわき市議会 2016-03-02 03月02日-04号

市内には、立命館大学が立地し、多くの留学生外国人講師等が在校・在住しており、その中には母国語と英語、そして日本語が堪能で日本の生活習慣や文化に理解が深い方々がいます。その能力を生かし、災害時の外国人被災者への通訳・翻訳支援避難所における支援活動、平常時の外国人への災害に対する啓発を行うなど、外国人みずからが消防団員となり外国人被災者支援を行う機能別団員として任命しています。 

会津若松市議会 2015-12-07 12月07日-代表質問-02号

また、会派公明党としても、ことしの10月26日に大阪市で開催されました人口減少社会課題公共施設政策のポイントという立命館大学森裕之教授のセミナーを受講してまいりました。これらに基づき、本市における公共施設マネジメントに参考になると思われる点について質問をしてまいります。 習志野市では、公共施設等の改築、改修、その他整備に要する経費の財源に充てるために、公共施設再生整備基金を設置。

南相馬市議会 2015-09-07 09月07日-01号

政策検討会議アドバイザー制度大学知的資源議会改革に活用し、政策立案機能の強化と人材育成を目指して、平成23年11月に龍谷大学と、また平成26年1月に立命館大学と、平成26年4月に同志社大学政策学部大学院総合政策科学研究科とそれぞれパートナーシップ協定を締結してございます。 この協定の双方のメリットは、議会側では、大学教員による政策検討会議での専門的意見の陳述、研修講演による調査研究支援

伊達市議会 2014-06-12 06月12日-04号

一部では人間社会同様リストラの波が押し寄せているということなのですけれども、この中にご当地キャラに詳しい立命館大学中村教授の話として、意義づけもなくとりあえずうちもという自治体では育っていかないのではとおっしゃっているのです。だからしっかり意義づけをつけて、この恋のキューピッド役という意義をつけて取り組んでいけばいいのではないかなと私も思いましたので、提案をさせていただきました。

いわき市議会 2014-02-25 02月25日-03号

福島県は、昨年12月に、京都市に本拠地を置く学校法人立命館が運営する立命館大学と、本県の復興に向け、特に関西方面や世界への情報発信拠点として協定を締結され、早速ことし2月に、被災地復興状況を確認するため、留学生8人ら計14人がスタディーツアーに参加され、県内復興状況を見て回ったということでありました。

いわき市議会 2013-11-08 11月08日-06号

吉田尚君は、昭和30年9月30日生まれで、昭和56年3月、立命館大学を卒業し、昭和57年4月、東白川郡鮫川村立富田小学校教諭となり、その後、県内の各小学校教諭などを歴任、平成16年4月、いわき市立湯本第三中学校長平成18年4月、福島教育庁教育指導領域学習生活指導グループ主任指導主事平成20年4月、福島教育庁学習指導課主幹兼副課長、平成21年4月、福島教育庁会津教育事務所長平成22年4月、

須賀川市議会 2013-06-11 平成25年  6月 定例会−06月11日-02号

これまた朝日新聞でございまして、紹介をさせていただきますが、最近、立命館大学石倉教授が県の保育協議会などと協力して、昨年末からことし始めにかけて県内保育所保育士これらを対象にしてアンケートを行った。その結果が出されております。読んでみて、現状がすっきりと読み取れるようになっております。  

川内村議会 2011-08-19 09月13日-01号

その一方、除染は、安斎育郎という立命館大学名誉教授は、「国の除染方法でも森林除染優先順位は低いが、困難でも絶対に取り組まなければならない課題だ」と強調して、「森林の腐葉土を除去することで一定の除染効果が期待できる」というようなことも言っておりますので、学者の中では、いろいろそういう分かれた意見が出ていますが、川内村の場合だと、やはり森林除染していただかない限りは、数値的には確かに水質検査等でそういう

いわき市議会 2006-12-13 12月13日-04号

◆25番(蛭田克君) 今ほど、私は、子供たち生活習慣の崩れというのが1つの大きな課題であると申し上げましたが、子供たち生活習慣の確立に向けて、山口県山陽小野田市では、陰山英男立命館大学教授とともに、全小学校で、父兄とともに生活改善学力向上プログラムに取り組み、その中で、早寝早起き朝ごはん、夜9時就寝運動を展開しているとのことであります。

南相馬市議会 2004-03-15 03月15日-04号

私が昨年お聞きした講演の中では、立命館大学安齋育郎教授お話などは大変な原発問題では示唆をしているところでございまして、ぜひ御推薦申し上げておきたいと思います。 いずれ、安全神話にだけのっとった時代ではありません。町民の負託に応えるのであれば、様々な角度から検討があって然るべきだと思いますので、そういう視点で講師の選定もぜひしていただきたい。 

南相馬市議会 1996-09-26 09月26日-04号

次に、文学資料館にかかる資料収集事業の計画についてのおただしでありますが、発端は平成4年頃に井田川出身立命館大学教授である清野先生から埴谷氏のお話をいただき、検討した結果、亡くなられました島尾氏とともに本町ゆかり文学者として資料を収集し、町民の共有の財産として後世に伝えようということで、事業に着手をしたと認識しております。 

  • 1