51件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島市議会 2019-03-19 平成31年3月19日予算特別委員会建設水道分科会−03月19日-01号

都市計画道路杉妻町―早稲線改良工事費でありますが、福島中町郵便局西側からNHK福島放送局までの区間、延長240メートルの整備を進めるものであります。平成31年度は、用地取得物件移転補償及び物件調査等を実施する予定で、事業費は1億5,880万円を計上しております。  次に、9ページをお開きください。

福島市議会 2018-09-19 平成30年9月19日決算特別委員会総務分科会−09月19日-01号

広報課課長補佐兼主任 概算なのですが、例えば先ほども言いましたように各番組によりまして、テレビ番組の5分という尺は一緒なのですが、時間帯が違いますので、時間帯によって金額が違うということが1つございますので、福島テレビですと、年間、平成29年度決算が590万円余、テレビユー福島ですと5分番組が170万円余、福島中央テレビですと5分番組が259万円余、福島放送が5分番組が254万円余となっております

伊達市議会 2016-09-08 09月08日-04号

◆15番(高橋一由) 記者会見が行われて、福島民報社、福島民友新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、共同通信社、福島テレビテレビユー福島福島放送、NHK、丁寧に各社を呼んで、市長が先頭に立って、副市長も同席して記者会見が行われた。平成26年6月25日付で伊達除染支援事業協同組合から報告を求めて、数路線について疑わしいという報告が出た。

相馬市議会 2015-09-04 09月04日-03号

KFB福島放送では、震災後、元気の創造をテーマに、ふくしまの元気!応援ふるさとCM大賞が開催されております。これは福島県内の各市町村地域の活力となるコマーシャルを自由な発想で制作、グランプリ等を選出し、同放送局にて放送しております。各市町村、魅力を最大限発信しており、地域活性の一助になっているものと考えます。 

須賀川市議会 2012-09-26 平成24年  9月 定例会-09月26日-05号

主な経歴を申し上げますと、昭和60年3月に桜の聖母短期大学家政科卒業後、株式会社福島放送などに勤務され、退職後は、本市の住宅・土地統計調査勤労統計調査、国勢調査などの調査員を務められました。  次に、柳沼直三さんは、市内滑川字十貫内637番地にお住まいで、昭和27年12月26日のお生まれであります。

須賀川市議会 2012-09-24 平成24年  9月 議会運営委員会−09月24日-01号

昭和39年6月9日のお生まれで、主な経歴といたしましては、昭和60年3月に桜の聖母短期大学家政科をご卒業後、株式会社福島放送に勤務され、退職後は本市の調査業務関係統計調査員などを務めておられます。  続いて、柳沼直三さんにつきましては、市内滑川字十貫内にお住まいで、昭和27年12月26日のお生まれであります。

南相馬市議会 2012-06-21 06月21日-05号

総務部長小澤政光君) 2款1項8目050のデジタルテレビ中継局整備事業補助金関係でございますが、これにつきましてはNHKが独自に整備するほか、整備予定している放送局福島テレビ福島中央テレビテレビユー福島福島放送の4社という状況になっております。 ○議長平田武君) 経済部長。 ◎経済部長藤田幸一君) 2款7項5目050被災農家経営再開支援事業補助金関係でございます。

福島市議会 2011-09-14 平成23年 9月定例会-09月14日-04号

さらには、隣接をいたしますNHK福島放送局とこむこむ館をつないでおりますエキスパンション部分が損壊したものであります。 ◆13番(菅野輝美) 議長、13番。 ○議長粕谷悦功) 13番。 ◆13番(菅野輝美) わかりました。新しい、古いにかかわらず、やはり構造的な問題あるいは特殊的なコンセプトといいますかつくり、それらも今回の場合は皮肉なことに、逆に作用したというふうな印象を受けました。  

喜多方市議会 2010-12-02 平成22年第9回定例会(1日目) 本文 開催日:2010年12月02日

受賞された15名の作品は、10月29日から31日まで、あいづ総合体育館において開催されました第56回福島発明展に出品し、関柴小学校5年生の山田祐希君が福島放送社長賞を受賞されました。  次に、去る9月定例市議会以降、県の補助事業である緊急雇用創出基金事業を活用し、市臨時職員及び業務委託先の社員として16名の雇用を創出いたしました。  

伊達市議会 2009-09-14 09月14日-03号

ぜひ既存学校の施設も含めて、いろいろ耐用年数、今日もちょっと何か太陽光発電の、あれは福島放送でですかね、何かやっていましたけれども、その利用、文科省事業でやるということで、ちょっとテレビでやっておりましたけれども、学校耐用年数とか、いろいろ費用対効果も含めて、ぜひほかの既存小学校についても、検討をお願いしたいと思います。 

川内村議会 2009-02-06 03月09日-01号

この難視聴世帯を解消するため、阿武隈高地に存在する本村と飯舘村、浪江町、葛尾村の4町村が合同で、去る1月28日に県内NHK福島放送局と民報4社に対して、また、去る2月23日には、総務省東北総合通信局に対して要望活動を行ったところでございます。正式な回答はまだ得られませんが、「地デジ対応は、国の施策の中で進行しているので基準に基づいて行動しています。」との口頭での回答でございました。