34件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

川内村議会 2020-08-14 09月08日-01号

1つ目は、村ならでは資源を生かした魅力的な「しごとづくりとして、福島再生加速交付事業穀類乾燥調製施設整備事業野菜栽培施設整備事業平成30年度に引き続きプレミアム商品券事業実施。 2つ目は、交通通信ネットワーク拡充として、光ファイバー施設管理などの情報通信施設整備運営事業実施。 3つ目は、健康で安心して生活できる環境づくりとして、家庭保育に対する支援事業各種検診事業実施。 

棚倉町議会 2020-06-10 06月10日-01号

次に、福島再生加速交付事業道路等側溝堆積物撤去処理支援事業についてでありますが、令和年度から繰越しました高野近津地区撤去処理業務につきましては、5月から再開しており、また、今年度棚倉山岡地区撤去処理業務につきましても7月に着手し、令和3年3月中旬完了予定として進めてまいりますので、関係する地域皆様のご理解とご協力をお願いいたします。 

川内村議会 2020-02-13 03月10日-01号

まず、歳出予算でありますが、第5次川内総合計画を基に、基本政策1つ目として「村ならでは資源を活かした魅力的な「しごとづくり」としては、観光農林業商工業振興が挙げられますが、主なものとしまして、中山間地域直接支払事業として5,432万円、多面的機能支払交付金事業として2,093万3,000円、福島再生加速交付事業として、醸造施設整備事業4億4,216万3,000円、地方創生推進事業として

川内村議会 2019-08-16 09月10日-01号

1つ目は、「村ならでは資源を活かした魅力的な「しごとづくり」として、高塚高原管理棟改修工事、かわうちの湯源泉掘削工事福島再生加速交付事業穀類乾燥調製施設整備事業平成29年度に引き続きプレミアム商品券事業実施。 2つ目は、「交通通信ネットワーク拡充」として、光ファイバー施設管理などの情報通信施設整備運営事業実施。 

棚倉町議会 2019-06-05 06月12日-01号

次に、福島再生加速交付事業道路等側溝堆積物撤去処理支援事業についてでありますが、昨年度測量調査実施いたしました高野近津地区撤去処理業務を7月に着手し、来年3月中旬を完了予定として進めてまいります。 また、次年度撤去業務実施予定棚倉山岡地区における堆積物測量調査業務につきましても、7月に着手を予定しておりますので、関係する地域皆様のご理解、ご協力をお願いいたします。 

南相馬市議会 2019-03-08 03月08日-04号

鹿島区役所長濱名邦弘君) 現在の福島再生加速交付事業から、今後、通常事業とされます農業競争力強化基盤整備事業へ転換となった場合には農業担い手への農地集積などの負担軽減策を用いても、全体事業費の2%程度の負担が見込まれるものと捉えております。 ○議長今村裕君) 13番、細田廣君。 ◆13番(細田廣君) 事業になればという限定でありますが、2%ぐらいと今答弁をいただきました。

川内村議会 2019-02-13 03月07日-01号

まず、歳出予算でありますが、第5次川内総合計画をもとに、基本政策1つ目として、村ならでは資源を生かした魅力的な仕事づくりとしては、観光農林業商工業振興が挙げられますが、主なものとしましては、中山間地域直接支払事業として4,817万6,000円、多面的機能支払交付金事業として2,103万4,000円、福島再生加速交付事業として穀類乾燥調整施設整備事業1億4,517万円、野菜栽培施設整備事業

南相馬市議会 2018-09-11 09月11日-03号

市長の政治姿勢について      〔改革クラブ〕      (1) 旧避難指示区域内の営農について                     ① 営農再開支援策について                     ② 営農再開に係る担い手不足解消策                       について                     ③ 福島再生加速交付事業について                     

伊達市議会 2018-06-13 06月13日-03号

お質しのとおり、この事業につきましては環境省の除染事業、それから林野庁のふくしま森林再生事業、そして復興庁福島再生加速交付事業を組み合わせて行っております。お質しのとおり、雨乞山ですが、事業期間については、平成28年度から平成31年度までの4年間でございます。 平成28年度森林整備を13.5ha行いました。平成29年度には14.6haを行いました。

川内村議会 2018-02-15 03月08日-01号

でありますが、第5次川内総合計画を基に、基本政策1つ目として『村ならでは資源を活かした魅力的な「しごとづくり』としては、観光農林業商工業振興が挙げられますが、主なものとして、高塚高原管理棟改修事業として4,500万円、かわうちの湯源泉掘削工事事業として3億円、中山間地域直接支払事業に5,200万円、福島営農再開支援事業など4,600万円、多面的機能支払交付金事業として2,150万円、福島再生加速交付事業

郡山市議会 2017-12-01 12月01日-01号

次に、道路除染については、既に作業完了しておりますが、未除染道路側溝については、未除染道路等側溝堆積物撤去・処理事業福島再生加速交付事業において、一部地域から順次、堆積物撤去作業に着手しております。 次に、ため池除染については、市街地にある酒蓋池、荒池、芳賀池土布池1号、土布池2号の5カ所の池底土壌等除去作業について、年内の作業完了を目指し、順調に作業を進めております。 

二本松市議会 2017-09-07 09月07日-02号

また、対策事業取り組み基準となりますモニタリング調査を行っていないため池24カ所において、基礎調査業務委託を行うため、現在、福島再生加速交付事業申請事務を進めており、引き続き年度内の完了予定しております。今後につきましては、詳細調査の結果を踏まえ、地元との調整及び対策工工法検討を行うとともに、継続して放射性物質対策事業により、詳細調査対策工への取り組みを進めてまいります。 

本宮市議会 2017-03-06 03月06日-02号

本市におきましては、この福島再生加速交付事業を活用いたしまして、池の底の土砂が8,000ベクレルを超えているため池、市内31カ所につきまして、放射性物質対策実施する計画で現在進めております。 平成29年度詳細調査実施いたしまして、平成30年に実施設計平成31年以降に対策工事を行う計画で今進めているところでございます。 ○議長渡辺由紀雄君) 2番、石橋今朝夫君。     

  • 1
  • 2