25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

須賀川市議会 2019-03-15 平成31年  3月 予算常任委員会−03月15日-01号

それに複合施設だということ、これらのメリットを最大限に生かすためにはどういった在り方がいいのかといった場合に、社会教育に基づく公民館ですと、いわゆる民間営利には貸せないと。若しくは政治宗教、こういった活動にも貸せないということで、まちなかでの活動の需要にこれではやっぱり対応できないだろうということで、その位置付けとして、社会教育に基づく公民館という位置付けを外したということでございます。  

須賀川市議会 2018-03-07 平成30年  3月 総務常任委員会-03月07日-01号

中央公民館の担っていた事業につきましては、市民交流センターのほうで引き続きやってはいきますけれども、ただ、その位置付けが中央公民館、中央公民館というのは社会教育に基づく公民館であったんですが、市民交流センター事業としてやっていくことによって、社会教育だけではなくて公民館も巻き込んでできますよというようなスキームになってございますが、中央公民館が持っていた役割といいますのが各公民館の取りまとめであったり

須賀川市議会 2017-12-18 平成29年 12月 教育福祉常任委員会-12月18日-01号

中央公民館の機能につきましては、本定例会の総括質疑の大倉議員さんのほうからも御質疑あったように、従来の社会教育にとらわれず、幅広い事業展開していくということで、中央公民館事業としてではなく、市民交流センター事業として貸し館事業、更には事業の展開を進めていくということでしてございます。  

須賀川市議会 2017-12-07 平成29年 12月 定例会-12月07日-02号

3点目の中央公民館の機能についてでございますが、市民交流センターに導入する公民館機能に関しましては、社会教育に基づく公民館をそのまま移管するのではなく、総合機能をより発展させ、社会教育の場としての役割に加え市民交流や地域づくり、更にはコミュニティ活動の拠点としての役割もあわせ持つ施設とする考えであります。

須賀川市議会 2017-10-02 平成29年 10月 教育福祉常任委員会-10月02日-01号

続きまして、第4条の構成でございますが、こちらは第5条で関係条例のほうにそれぞれ委任をするという形をとる形でしておりますけれども、中央公民館の在り方につきましては、今回、大河内議員さんのほうからも御質問がございましたが、中央公民館につきましては、社会教育に基づく公民館機能をそのまま市民交流センターのほうに移管するということではなくて、社会教育を包含した幅広いコミュニティ機能とした施設ということに位置付

須賀川市議会 2017-09-26 平成29年  9月 定例会-09月26日-03号

次に、市民交流センターにおいては、社会教育に基づく公民館機能をそのまま移管するのではなく、その機能をより発展させるため、貸し館や各種事業については、市民交流センターの事業として行う考えであります。社会教育を包含した幅広い多様な事業を展開し、貸し館に関しては民間への貸出しを可能とする考えであります。  

須賀川市議会 2017-06-19 平成29年  6月 教育福祉常任委員会−06月19日-01号

さらに、一番下の米印でありますが営利目的とした場合ということで、今回は前にも何回か御説明しておりますけれども、いわゆる公民館の場合ですと社会教育の関係上、営利目的には使用できないということでございましたが、今回は地方自治法に基づく公益施設という位置づけの貸し館ということでありますので、当然、市民の方とともに民間の方にもどんどん利用していただいて、若しくは官民共同で利用していただくということで、その

喜多方市議会 2015-09-08 平成27年第7回定例会(3日目) 本文 開催日:2015年09月08日

次に、社会教育における政治的な中立性の確保につきましては、公民館において、特定の政党の利害に関する事業を行い、又は公私の選挙に関し、特定の候補者を支持する行為禁止社会教育第23条第1項第2号に規定されており、政治的中立性を確保することとされております。  

須賀川市議会 2015-05-08 平成27年  5月 震災復興対策特別委員会-05月08日-01号

◆委員(森新男) あとは13ページ、この(2)の使用料金、貸し館とあるんですが、民間事業者への使用許可も可能としますと、社会教育に基づく公民館としてではなく、先ほどの説明だとこれでは法的に問題があるということのようですが、自治法に基づく公共施設としての位置づけであるということなんですが、これをもっと詳しくちょっと教えていただけませんか。

喜多方市議会 2015-03-04 平成27年第2回定例会(4日目) 本文 開催日:2015年03月04日

次に、社会教育委員の会議のあり方でありますが、社会教育委員は、社会教育第15条第1項の規定に基づき設置しており、学校教育及び社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者及び学識経験者の中から委員を委嘱し、社会教育に関する諸計画の立案、必要に応じた調査研究などの職務をお願いしております。  

喜多方市議会 2014-03-17 平成26年第2回定例会(7日目) 本文 開催日:2014年03月17日

社会教育の一部改正に伴い、喜多方市社会教育委員の委嘱の基準条例で定めるため、所要の改正をしようとするものでございます。今般社会教育が改正されまして、これまで法で定めていた基準条例で定めるというふうに改正されましたので、関連条文を含めて整理を行うものでございます。  第2条中、「20人」を「20人以内」に改めるということで字句の整理でございます。  

会津若松市議会 2014-02-27 02月27日-議案提案説明-01号

議案第30号 会津若松市社会教育委員条例の一部を改正する条例についてでありますが、これは社会教育の一部改正等に伴い、所要の改正措置を講じようとするものであります。 議案第31号 会津若松市歴史資料センター条例についてでありますが、これは会津若松市歴史資料センターの設置に伴い、条例を制定しようとするものであります。 

須賀川市議会 2012-03-22 平成24年  3月 定例会−03月22日-05号

本案は、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律施行に伴い、社会教育図書館法及び博物館法の一部が改正され、これまでの法令で規定されていた公民館運営審議会委員の委嘱の基準並びに図書館議会委員及び博物館議会委員の任命の基準条例委任されたことから、須賀川市公民館条例須賀川市図書館条例及び須賀川市博物館条例において所要の改正を行うものであります。

須賀川市議会 2012-03-15 平成24年  3月 教育福祉常任委員会−03月15日-01号

地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律通称第2次一括法によりまして、社会教育図書館法及び博物館法の一部が改正されまして、公民館運営審議会委員等の各委員の委嘱基準につきまして、各地方公共団体条例に定めることとされまして、その基準につきましては文部科学省省令で定める基準を参照することとされました。  

喜多方市議会 2012-03-09 平成24年第3回定例会(6日目) 本文 開催日:2012年03月09日

社会教育の一部改正に伴いまして、喜多方市公民館運営審議会の委員の委嘱の基準法律から条例に落とし込まれましたのでその改正、あわせまして、松山公民館を今改修しておりますが、その使用料の額を改正するために条例の改正をしようとするものでございます。  本文に戻りまして、第13条につきましては、運営審議会の規定でございます。

喜多方市議会 2012-03-07 平成24年第3回定例会(4日目) 本文 開催日:2012年03月07日

それで、社会教育第29条で、公民館公民館運営審議会を置くことができると、置くことができるということは必須条件ではありませんけれども、公民館運営審議会は館長の諮問に応じ公民館における各種の事業の企画実施につき調査、審査するものとするというふうに明記されています。

須賀川市議会 2012-03-01 平成24年  3月 定例会-03月01日-01号

本案は、社会教育図書館法及び博物館法の一部が改正され、これまで法令で規定されていた公民館運営審議会委員の委嘱の基準並びに図書館議会委員及び博物館議会委員の任命の基準が、地方公共団体条例委任されたため、須賀川市公民館条例須賀川市図書館条例及び須賀川市博物館条例において所要の改正を行うもので、本年4月1日から施行するものであります。  

須賀川市議会 2012-02-27 平成24年  2月 議会運営委員会−02月27日-01号

これは、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律、いわゆる地方分権一括法施行に伴いまして、社会教育図書館法及び博物館法の一部が改正されまして、これまで法令で規定されていました公民館運営審議会委員の委嘱の基準並びに図書館議会委員及び博物館議会委員の任命の基準、これが条例委任されたことから、それぞれの条例において所要の改正を行うものでございます。

  • 1
  • 2