11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

二本松市議会 2016-03-07 03月07日-04号

まず1点目の市内の国道県道市道別延長歩道整備率についてですが、直轄国道延長は12.291キロメートル本数が1本です。 県管理国道延長は61.363キロメートル、路線数は2本です。 県道延長は157.032キロメートルで、路線数が28本です。 市道延長は、2,035.694キロメートル、路線数が4,457本であります。 

福島市議会 2012-03-27 平成24年 3月定例会−03月27日-08号

例えば国土交通省地方整備局では、全国事務所全国統一基準に基づき直轄国道直轄河川ダム海岸等、港、空港整備維持管理危機管理対応訓練等を行っているが、今回の大震災の場合は、素早く被災地までの輸送ルートを啓開し、全国地方整備局から直接、被災した地方自治体連絡要員技術支援要員通信機器各種災害対策車両等を大量に派遣するとともに、仮設事務所をはじめとした様々な支援物資の搬入や設置等

伊達市議会 2012-03-27 03月27日-04号

例えば国土交通省地方整備局では、平時は国と地方自治体との役割分担の中で、全国を視野において生命と生活の安全・安心と農業・工業を支え、生産、物流等経済活動を寸断させないため、全国事務所全国統一基準に基づき直轄国道直轄河川ダム海岸等、港、空港整備維持管理危機管理対応訓練等を行っていますが、今回の大地震の場合は、素早く被災地までの輸送ルートを啓開し、全国地方整備局から被災した地方自治体

棚倉町議会 2011-02-21 03月10日-01号

今回の占用料の額の改定につきましても、県に準拠した内容で同様の改正をしようとするものではありますが、今回の改正に至った流れについて若干ご説明申し上げますと、まず国においては、近年における地価が全国的に下落していることや、地下に対する賃料の変動等を考慮しまして、国が管理する直轄国道占用料改定を行いました。

南相馬市議会 2002-09-18 09月18日-03号

国、県に対する早急な整備要望とあわせて、私が去る6月の本市議会において質問いたし、提案いたしました福島市から原町市間の県道原川俣線国道13号線に格上げ、国道昇格化を図り、国直轄国道緊急避難道路として国の責任において整備を図るよう、広域的な課題と位置付けして関係する自治体とともに一体となって、早急に取り組む必要があるものと強く考えるものでございますが、市長の考え方をお伺いいたします。

相馬市議会 2002-09-09 09月09日-01号

私は、去る8月27日、郡山市で開催された福島市長会議において、地方住民福祉の観点から国民生活の向上を目指し、施行命令が出ている区間を確実に整備するとともに、新たな地方負担が発生しないよう配慮しながら、従前の直轄国道事業等に悪影響が生じないよう緊急提言すべきであることを申し上げ、県内市長さんたちの力強い賛同をいただきました。

いわき市議会 1998-06-15 06月15日-02号

国道については、直轄国道一般国道号常磐バイパスが建設省において未供用区間整備促進が図られており、一般国道49号平バイパスも暫定2車線ではありますが全線供用されております。 また、中山間地域幹線道路となる県管理国道も着々と整備が進められております。さらに、県道や主要な幹線市道についても、年次計画により着実に整備が図られております。 

  • 1