10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

福島市議会 2018-06-07 平成30年 6月定例会議−06月07日-02号

東京都の生活保護運用事例集によれば、被保護者警察留置された場合の保護の取り扱いは次のとおりとされております。生活保護を受けている方が被疑者として警察に身柄を拘束された場合、最低生活費計上は必要ない。留置場に置かれた翌日付で、全ての最低生活保護費計上を停止する。それから、検察官が被疑者を裁判に訴える、つまり公訴の提起が確認されたら保護は廃止する。

いわき市議会 1989-06-14 06月14日-03号

そういう点からまいりますと、私どもの方では、先ほどの質問の中にもございましたように、未交付あるいは留置をするという前提でのとどめ置きをしたのではございません。つまり、いつでもその被保険者証については、交付前提として、しかも滞納額が多いので将来に渡りましてその滞納額が累積していけばいくほど、納めにくくなってくる。本人の負担がますます過重になる。それを避けるための措置としてとったものでございます。 

  • 1