1034件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福島市議会 2020-03-06 令和 2年 3月定例会議-03月06日-02号

市で申請を受け付け、県で交付していた身体障害者手帳交付事務などが市に一元化され、交付までの期間が短縮したほか、産業廃棄などの事務においては市に窓口が一本化されたことにより、市民からの相談に対し一体的に対応できるようになるなど、市民サービスの向上が図られました。  3つ目は、風格ある県都としての都市機能の強化と広域連携推進であります。  

相馬市議会 2020-03-05 03月05日-02号

繰越明許費、款1、項2、埋立処分場管理運営事業、金額500万円について、執行部より、産業廃棄埋立処分場の増量に係る環境影響評価調査業務であり、年度内に事業完了することが見込めないことから、繰越しを行うものであるとの説明がありました。 それに対し委員より、次年度に繰越しということだが、事務手続上問題ないかを問う質疑があり、それに対し執行部より、問題はないとの答弁がありました。 

二本松市議会 2020-03-03 03月03日-04号

また、災害廃棄物処理のために産業廃棄処理業皆様も迅速に対応していただいております。このように、災害応援協定を結んでいる業界団体皆様からの現場の情報は正確であり、信頼性の高いものであると思います。 そこで3点目に、スマートフォン等を活用して、災害応援協定を結んでいる地域業界団体情報を共有するシステムの導入も有効と考えますが、当局の見解をお聞かせください。

会津若松市議会 2020-03-02 03月02日-一般質問-02号

事業系ごみ減量推進には、排出者理解が必要不可欠であることから、パンフレット等の配布は有効であると認識しておりますが、一般廃棄物産業廃棄の違いといった基本的な事項やごみ分別区分表記方法など、様々な項目の検討や整理も必要となることから、当面は古紙類に特化したチラシにより対応していく考えであります。

棚倉町議会 2019-12-24 12月24日-02号

また、このまま町が所有し、改修または撤去する場合は、膨大なテニスコート改修費もしくは解体撤去費産業廃棄処理費などの費用が予想されますが、現状のまま譲渡することで、これらの経費を削減できることから、本議案を提案するものであります。 それでは、議案内容をご説明申し上げます。 まず、1の土地の所在地、地目、地籍でありますが、所在地は棚倉町大字仁公儀字ソナ地45番地8、同じく45番地9。

二本松市議会 2019-12-12 12月12日-05号

そして、ただ法律上、一般ごみ廃棄物家庭ごみというのは、行政でやるのが法律上決まっているわけですから、ただ産業廃棄については、多分、委託できると思うんですよね。そういった部分で、逆に委託をして、場所代をいただいて、そしてその収入を得るという手もあるのではないかと思うんですよね。そういうところも、もしその協議の中で発言できたらば、言っていただければなと思います。

南相馬市議会 2019-12-11 12月11日-04号

産業廃棄処理について      〔改革クラブ〕      (1) 廃棄物処理施設等設置について                     ① 太陽光パネル破砕選別施設につい                       て                   (2) 2019年問題について                     ① 再生可能エネルギー固定価格買取                       

いわき市議会 2019-12-09 12月09日-02号

また、臨時集積所への再度のごみ出し産業廃棄不法投棄などを抑制するため、12月2日からは戸別回収の受け付けを開始したところであります。 一方、仮置き場搬出した災害廃棄物については、家電製品や木製品については、リサイクル事業者へ、また、畳などの可燃ごみについては、北部及び南部清掃センターへ搬入し、焼却処理を進めているところであります。

二本松市議会 2019-12-09 12月09日-02号

大規模な仮置き場を設置した場合、仮置き場から離れた場所に居住する被災者については、運搬に関する負担が大きくなることや本市以外の災害廃棄物、あるいは災害に関係のない産業廃棄等が大量に運び込まれるおそれがあること。また、仮置き場周辺地域理解が必要となることなどから、総合的に判断をさせていただいたところであります。 

本宮市議会 2019-12-05 12月05日-02号

それから先ほど部長答弁もありましたように、産業廃棄処理業者さんとの打ち合わせも進めております。ですから、1つ、2つではなくて、複数の中でできるだけ早く、災害廃棄物処理を、搬出を済ませるべく進めてまいりたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。 ○議長渡辺由紀雄君) 16番、作田博君。     

伊達市議会 2019-11-29 11月29日-02号

また、伊達市として独自に、また県に10月24日に梁川地域の仮置き場からの搬出の課題の調整ということで、産業廃棄処理業者団体であります産業資源循環協会、そういったところの業者を通じて産業廃棄処理、もしくは産業廃棄分別を行いながら、早期に仮置き場からの搬出を完了させたいというふうに考えております。 ○議長(高橋一由) 安藤議員。 ◆20番(安藤喜昭) 残り3秒です。 

塙町議会 2019-11-19 12月12日-01号

平成29年度に旧こんにゃく試験地建物改修の際に改修いたしましたPCBの産業廃棄処理委託特別管理産業廃棄処理委託事業完了による事業費確定によるものであります。 19節負担金、補助及び交付金251万4,000円の減額であります。多面的支払交付金、2地区の新規集落を予定してございましたが、本年度申請がないということが確定いたしましたので減額するものでございます。 

須賀川市議会 2019-10-10 令和 元年  9月 定例会−10月10日-05号

減額の大きなものとして、仮設土め工事通称山どめと言いますが、山どめ工事取りやめで約550万円、それからくいの引き抜き工事取りやめ、103本の引き抜き予定でありましたが、12本の残置となり減額の310万円、それから増加といたしましては、産業廃棄処理の増がありまして約510万円の増で、その339万円余りの減額ということになっております。  

郡山市議会 2019-09-25 09月25日-03号

1点目は、田村町糠塚に建設予定産業廃棄最終処分場についてです。ことし2月に郡山市から設置許可された最終処分場の当初事業計画では、建設工事には3年程度かかるとして事業開始を2021年度としていました。設置許可から半年を過ぎても現地では、住宅建設以外には目に見える着工の動きはなく、事業者事業計画に何か大きなふぐあいでも生じたのではと思っていた矢先、一部マスコミでその内情なるものが報道されました。

いわき市議会 2019-09-18 09月18日-03号

総務部長岡田正彦君) おただしのありました組織管理運営自体に関する業務や、財産の差し押さえ、許認可等権力的業務につきましては、本市におきましては、総務部職員課における行政組織職務権限職員の定数に関する業務財政部税務課市民税課資産税課及び債権管理課並びに税務事務所における市税の徴収及び賦課等に関する業務生活環境部廃棄物対策課における一般廃棄物処理施設及び産業廃棄処理施設設置等