50件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

須賀川市議会 2020-09-09 令和 2年  9月 定例会-09月09日-04号

温室効果ガス削減は、技術研究開発を始めとして、二酸化炭素の排出を抑える社会の構造、適正な生産管理また法律などの縛りがなくとも、みんなが正しい、公平だとの思いから環境保全社会貢献考えエシカル消費など、あらゆる面での取組が求められます。  そこで、(2)具体的な温室効果ガス削減取組と評価についてお伺いをいたします。  

福島市議会 2020-03-12 令和 2年 3月定例会議-03月12日-06号

平成30年度から、県の第三者認証GAP取得等促進事業活用し、研修会の開催、取得推進パンフレット作成、配布などにより、GAP認証効果認証取得に関わる支援制度を広く周知し、取得促進に努めてきたところであり、今年度は新たに小規模農家向け研修として、市内のGAP取得農家等に出向き、GAPに基づく生産管理についての体験型学習会を開催しているところでございます。  

会津若松市議会 2020-03-02 03月02日-一般質問-02号

酒かすを使った独自の施肥や生産管理など、生産者の努力だけでは解決できない問題があったのか。明らかとなった課題について示してください。 次に、会津という名前を冠にしたAiZ’S―RiCEですが、今般の結果を受け、来年度以降の生産量生産体制、さらには生産者をどのように確保する考えなのか示してください。 さて、全国各地で様々なブランド米が開発され、食用米を取り巻く環境は厳しさを増しています。

福島市議会 2019-09-12 令和元年9月12日経済民生常任委員会-09月12日-01号

においてはどうしても家族経営ということで小規模農家が多いということで、生産法人さんのほうはGAP取得進んでいるのですが、個人的にはどうなのかということで、まだ魅力的なものを感じられていないということもあるので、去年の講演会等質問等があったのですが、小規模農家なり個別農家系のそういった研修や何かも含めて検討してもらえないかということがありますので、取得まではいかないまでも、GAP認識、ちゃんとした生産管理

塙町議会 2018-12-17 12月17日-03号

塙町のダリアがオリンピックに使われることを願い、さまざまな動きや取り組みが進められているかと思いますが、今後の対応ダリア生産管理体制人材育成について伺います。 ○議長大縄武夫君) 町長。 ◎町長宮田秀利君) この件に関しましては、子細を担当課課長より説明をいたさせます。 ○議長大縄武夫君) まち振興課長

須賀川市議会 2018-09-13 平成30年  9月 定例会−09月13日-05号

しかし、その国の社会情勢などを考慮しながら、輸出品として適合する農産物生産管理が、すなわちGAPが最重要課題です。農産物輸出では、国際水準GAP認証必要不可欠要素です。本県では昨年「ふくしまGAPチャレンジ宣言」を行うなど、GAP取得について積極的な取組を進めていますが、本市GAP認証取得状況についてお伺いいたします。 ◎産業部長石堂伸二) ただいまの御質問にお答えをいたします。  

福島市議会 2018-09-13 平成30年9月13日経済民生常任委員会-09月13日-01号

農業振興室生産推進係長 GAP取得農業者に対してどれだけのメリットがあるのだということで、オリパラへの食料供給といいますか、それは大切なことだと思うのですが、本来の目的はGAP自体が、生産管理法といいますか、農業者経営者として正しい生産管理をしていくのだということをもって効率化収益をアップさせるということがまず第1番目にあって、その次にそういった安全な食料を供給するのであればオリパラにも供給できますよということなものですから

郡山市議会 2018-03-12 03月12日-08号

(2)事業者は過剰包装しない、生産管理を適切に行うなどの取り組みが必要であると考えますが、事業系ごみ減量対策について、行政として事業者に対しどのように働きかけていかれるのか伺います。 (3)行政の役割について。 ①ごみ処理リサイクルについては、生ごみ等バイオマス資源リサイクルなど、常に最新技術が生まれてきており、その新技術を有効に活用することでごみ減量化にも資することと考えます。

いわき市議会 2018-02-28 02月28日-04号

農林水産部長村上央君) GAP取り組み認証機関が審査し、信頼性の高い生産管理体制のある農場として認証するいわゆる第三者認証GAPの主な種類につきましては、日本標準GAPとして既に国内で多くの農業者等取得が進んでいるJGAPや、欧州へ農産物等輸出する際に取得が必要となるグローバルGAPに加え、一般財団法人日本GAP協会アジア共通第三者認証GAPとしての位置づけを目指しているアジアGAP

会津若松市議会 2018-02-26 02月26日-一般質問-02号

さらに、最新農業ではドローン視覚センサー赤外線センサーを初めとする数々の複雑なセンサーを搭載し、植物の高さや雑草の有無なども検出し、徹底した生産管理が行われます。日本農家では、ICT管理を行っているところはまだ少数ですが、今後はふえていくことが予想されます。これらの農業は、私たちがイメージするものとは随分さま変わりしていくはずであり、ドローンはその鍵を握っていると言えるのです。 

泉崎村議会 2017-12-12 12月12日-02号

パークゴルフ商品なんかも、それも利用したりとか、そのほかレストランあたりもだんだん営業して開拓しつつあるというふうに聞いていますけれども、まだまだ赤字の状況は続きますので、しっかりとその辺、生産管理そして販路まで広げるということを考えてもらいたいと。その一環として6次産業館でそういったコーナーを設けてやりたいというふうに思っています。 ○議長鈴木盛利君) 鈴木清美君。

会津若松市議会 2017-09-11 09月11日-一般質問-02号

私ももうちょっと考えたのは、GAP認証取得した後、その後の生産管理の記録というところがやはり日々の管理ということで農産物生産するのとはまた別でコンピューターをいじった中で管理するのが大変だというところでありますので、そこについてやはりICT活用が必要ではないかと考えますので、再度の認識を教えていただきたいと思います。 あと、農業についてですが、有機農業であります。

須賀川市議会 2017-06-15 平成29年  6月 定例会−06月15日-05号

さらには、県立農業高校12校でもGAP授業を取り入れ、高度な生産管理知識を持った若手後継者を育成するため、本年夏にはGAP授業を始めるようであります。  そこで、これらの取組を絶好の機会と捉え、基幹産業である農業を守り、農家所得収益向上農業経営安定化に資するため、GAP認証制度取得促進への取組本市考えについてお伺いをいたします。

福島市議会 2017-06-09 平成29年 6月定例会議-06月09日-03号

グローバルGAPは、全世界農業者共通のテーマである食の安全リスクの低減、労働安全、環境保全生態系維持の実践を通して、食の安全と持続可能な生産管理を実現するためのものであります。福島県とJA福島中央会は、GAP第三者認証取得数日本一を目指す、ふくしまGAPチャレンジ宣言を打ち出しました。

福島市議会 2017-06-08 平成29年 6月定例会議-06月08日-02号

この認証取得をするにあたって、あるいは認証取得後ですけれども、このGAP農家生産管理の手法を定めたGAP規範作成とか、あるいはチェックリスト作成したりとか、あるいは内部監査を実施したり、あるいはトレーサビリティーを確保するとか、クレームの対応とか、問題が発生したときのマニュアルをつくったり、あるいはそのように作成された文書を記録したり保管したり、農作業以外の煩雑な事務作業もたくさん出てくることになると

二本松市議会 2017-03-02 03月02日-02号

今ご指摘あったとおり、生産管理だけじゃなくて、安全対策やら何やらいろいろ幅広いです。これが難しいということで、福島県が福島県独自のGAP制度をつくろうということで動き出して、福島県がGAP取得したいというところに、いろいろ協力しますよという今状況にきています。まずそこで、まずJGAPというのが日本GAPで、その後、グローバルギャップって世界のが入るわけですけれども。

郡山市議会 2016-09-09 09月09日-05号

したがって、経営規模拡大が進む一方で、一部の生産管理費や資材費作業機械維持費負担増加傾向にあります。さらなるコスト削減必要性が望まれるところです。 JA全農の発表によると、TPPによる国内農家への経営負担軽減のため、安い生産資材提供拡大、いわゆる農薬商品化開発費を抑えた割安なジェネリック農薬後発薬)を開発する方針が打ち出されました。

会津若松市議会 2015-12-07 12月07日-代表質問-02号

その具体的な内容については、ICT農業をかけ合わせれば、スマートアグリとして取り組んでいくとか、それは植物工場であったりとか、センサー活用して栽培、生産管理をしていくと。そしてまた、ICTと健康と福祉を結びつければ、スマートウエルネスというようなことで、適切な予防対策をしていったりとか、それから個人の健康管理をデータ化していくというような取り組みをしていこうと。