275件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

須賀川市議会 2019-03-07 平成31年  3月 定例会-03月07日-05号

子育て世代など現役世代まで支援を広げ、全世代を支援する社会保障への転換、高齢者にも経済力に応じた負担を求め、支え手に回ってもらおうというものになっております。今回の消費税の10%への引上げで、予定されていた一連の改革、いわゆる社会保障と税の一体改革が実施に移されることになります。そこで、平成27年度から平成29年度における年金医療介護の3分野における現状について、3点お聞きします。  

須賀川市議会 2018-12-20 平成30年 12月 定例会−12月20日-06号

年金引下げに苦しむ年金生活者、実質賃金の低下に苦しむ現役世代営業不振に苦しむ自営業者などなど、アベノミクスの4年間はいつまでたっても道半ばのままです。富める者はますます富み、中間層の多くが貧困層になってしまう社会です。格差社会の弊害が各所に噴出しています。こうした多くの市民の苦しい生活状況の中で、市民代表である市長や我々議員の報酬を、今は引き上げるべきではありません。

いわき市議会 2018-09-11 いわき市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月11日−03号

65歳以上の方が対象となる第1号被保険者については、ただいま伺っておりますので、現役世代である40歳以上65歳未満の医療保険加入者が対象となります第2号被保険者数についてお伺いをいたします。 ◎保健福祉部長(高沢祐三君) 本年8月1日現在で申し上げますと、第2号被保険者数は10万9,165人となっております。

白河市議会 2018-06-18 平成30年  6月 定例会-06月18日−03号

このうち障害年金は、現役世代も含めて受け取ることができる年金であり、障がいの原因となった病気やけがの初診日に年金加入していたこと、障害認定日に法令で定める障害等級に該当していること、保険料の納付要件を満たしていることの全てを満たした場合に、申請に基づき受給資格を得ることとなっております。  

郡山市議会 2018-03-19 郡山市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月19日−09号

貯蓄余力が少なく、年金収入も少ない非正規労働者現役世代で増加し、予想される高齢期貧困者の拡大も懸念されており、その対策は不十分です。  また、親の収入により子どもの成績、進路、1日1人当たりの食費などに格差があり、両親の年収1,000万円超の子の4年制大学進学率に対し、年収400万円以下の場合は半分以下という調査報告もあります(みずほ総合研究所)。  

福島市議会 2018-03-09 平成30年 3月定例会議-03月09日-04号

配偶者子供もいない、ひとり暮らしの高齢者現役世代に比べて経済的に困窮しやすく、家族の支援も望めない状態で、健康面でも不安定になりがちです。買い物や通院、食事がままならず、孤独死のリスクも高まります。独居高齢者が陥る悪循環を食いとめる対策を急がなければなりません。見守りサービスや家事支援などを行っておりますが、独居高齢者の増加に追いつかないのが現状でございます。  

いわき市議会 2018-03-08 いわき市議会 会議録 平成30年  3月 産業建設常任委員会-03月08日−01号

今、ラトブ総合図書館では、平の町なかの発展というのを展示されておりますけども、ああいったものを見るたびに、このビルをつくるために何百人、何千人の方が活動されたんだという思いを思うと、我々現役世代が何とかいいものにしていかないといけないと改めて思いをいたすところでございます。  

いわき市議会 2018-03-07 いわき市議会 会議録 平成30年  3月 政策総務常任委員会-03月07日−01号

そういったことを考えますと、その時点での現役世代の方だけに負担していただくものではなくて、将来世代の方にも市税負担のような形で、間接的に御負担いただくというような考えもございますし、また、本庁舎等の耐震改修事業費に関しては、きょう総務部の質疑の中でもあったとお聞きしておりますけれども、緊防債などを活用いたしますと、充当率100%で交付税措置が70%含まれていることもあるので、実質的に持ち出しというのは

本宮市議会 2018-03-01 本宮市議会 会議録 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月01日−01号

所沢市議会では、市内の20代から50代までの現役世代を無作為に抽出し、参加者を募集しました。預かり保育の実施やお茶の用意、会場装飾やBGMを流すなど、市民参加しやすい、話しやすい雰囲気づくりを行います。  進行役であるファシリテーターは早稲田大学の扇原教授に依頼しました。

いわき市議会 2018-02-28 いわき市議会 会議録 平成30年  2月 定例会-02月28日−04号

◎市長(清水敏男君) 国の人づくり革命につきましては、これまでの制度や慣行にとらわれない新しい仕組みづくりに向けた基礎を築き、子育て世代子供たちに、大胆に政策資源を投入することで、社会保障制度をお年寄りも若者も安心できる全世代型へと改革し、子育て介護などの現役世代の不安を解消し、希望出生率1.8、介護離職ゼロの実現を目指すものであります。  

福島市議会 2017-12-20 平成29年12月定例会議-12月20日-04号

平成29年5月26日に参議院本会議で可決されました、地域包括ケアシステムの強化のための介護保険法等の一部を改正する法律では、介護保険料の世代間の公平性を確保するとともに、制度の持続可能性を図る観点から、現役世代並みに所得のある利用者の負担割合が、2割負担から3割負担へと見直されたものであります。

本宮市議会 2017-09-19 本宮市議会 会議録 平成29年  9月 決算審査特別委員会-09月19日−03号

3款後期高齢者支援金等につきましては、後期高齢者医療制度に基づきまして、75歳未満の現役世代が負担する支援金を事務費と合わせ社会保険診療報酬支払基金へ支出したものでございます。  次に、4款前期高齢者納付金等につきましては、65歳以上75歳未満の前期高齢者保険者間で偏在するため、加入率による保険者間財政調整に拠出したものでございます。  次に、36、37ページをごらんいただきたいと思います。  

本宮市議会 2017-03-15 本宮市議会 会議録 平成29年  3月 予算審査特別委員会-03月15日−04号

そこで、市の負担が約13億2,000万円ほどでありますが、現役世代の要望の事業であれば、市の負担の40%以上は基金を積んで、そして現役世代が負担するべきでないのかなと。  ということは、今4億円でありますから、さらに2億円ほど積んでいくべきではないのかなと、私はこのように思います。時代が変わったときには、新しい施策、政策が必要なので、今のままでの事業が必ず継続していくとは限らない。  

須賀川市議会 2017-03-15 平成29年  3月 予算常任委員会-03月15日-01号

上段5款後期高齢者支援金等、1項後期高齢者支援金等、1目後期高齢者支援金11億641万3,000円は、後期高齢者医療への現役世代からの支援金で、実績見込み等を勘案し計上したところであり、前年度と比較して3,208万9,000円の減であります。  特定財源は記載のとおりであります。  次に、2目後期高齢者関係事務費拠出金7万6,000円は、社会保険診療報酬支払基金への事務費拠出金であります。  

福島市議会 2017-03-14 平成29年 3月定例会議−03月14日-07号

農業の担い手育成については、新たに創設された青年農業者に対する給付金なども活用し、若者が農業分野で活躍することも期待しつつ、現役世代引退した退職者の新規就農にも大きな期待を寄せるものであります。  本市の退職者の就農状況について、本市の就農支援の取り組みも含めてお伺いいたします。 ◎農政部長(松谷治夫) 議長、農政部長。 ○副議長(宍戸一照) 農政部長