6245件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2031-06-20 06月20日-総括質疑-05号

さらに、特例業務、これは大規模災害への対処のほか、重要な業務であって、特に緊急に処理することを要するものとされておりますが、これらの業務に従事する場合におきましては、前段申し上げましたような上限を超えて時間外勤務を命令することができることなどとする改正を予定しております。これら改正の内容については、いずれも国、県に準じた改正を基本に検討しておるところでございます。 以上でございます。

会津若松市議会 2025-06-19 06月19日-一般質問-04号

また、防災知識を持った防災士の活用によって、市民災害に対してより安心な暮らしを進めることができると考えます。 今年6月からスタートしました洪水、土砂災害の警戒レベル気象庁自治体が出す情報によって、住民がとるべき行動をよりわかりやすくしました。6月1日から6月30日は、土砂災害防止月間になっております。

会津若松市議会 2022-12-12 12月12日-総括質疑-05号

また、雨水幹線の整備につきましては、災害対策として重要であり、公益性が高いものとなっております。このことから、公営企業会計の移行によりまして、健全な事業運営を図ることで、言いかえればライフラインの維持を通して公共の福祉を一層増進してまいりたいというふうに考えております。 ○議長(清川雅史) 原田俊広議員

会津若松市議会 2022-09-19 09月19日-一般質問-04号

財政調整基金は、災害等の不測の事態や各年度におけるさまざまな特殊事情への対応などに活用するものであり、毎年経常的に実施しなければならない学校給食事業の保護者負担としている費用の財源に活用することはなじまないものと考えております。 次に、県に対する学校給食費無料化制度の創設要望についてであります。

会津若松市議会 2022-06-17 06月17日-一般質問-02号

災害危険区域の周辺に住む住民の方でさえこのように受けとめ、不安を抱いていることを市は認識すべきであり、改めて災害想定内容を知っていただくための説明会を開催すべきと考えますが、認識を示してください。 次に、災害危機が迫り、命の危険が予想される状況になる前に、危険を知らせる速やかな情報伝達が求められます。伝達手段としての防災情報設備は、現在どのように配備されているのか、正確な情報を示してください。

会津若松市議会 2020-12-20 12月20日-委員長報告・質疑・討論・採決-06号

、この条例は市長初めとする特別職水道事業管理者の期末手当の年間支給月数を0.05月分引き上げようとするものですが、議案第159号 会津若松市議会議員議員報酬等に関する条例の一部を改正する条例で述べたものと同様の理由と、それに加えて、いまだ8年前の東日本大震災と原発事故からの復興途上という中で、米中貿易摩擦の長期化など、世界経済の先行き不透明感が続き、10月の消費税増税に伴う消費の落ち込みと自然災害

会津若松市議会 2020-12-11 12月11日-一般質問-04号

他方、市役所内部の連携について見ると、災害時に自力での避難が困難な方々について、円滑かつ迅速な避難の確保を図るため特に支援を必要とする方々の把握と、避難の支援などをするために健康福祉部と連携を図っていることも、政策分野26の庁内連携の事例から理解ができます。昨今の自然災害は、過去に例を見ないほど甚大な被害を及ぼすことが多く、その自然災害の威力に現実として厳しい結果が突きつけられています。

会津若松市議会 2020-10-03 10月03日-委員長報告・質疑・討論・採決-06号

以上、論点となりました以外にも、国の森林環境譲与税の配分割合の考え方、二酸化炭素の吸収や水源涵養、災害防止などの公益的機能を持つ森林整備の考え方、森林整備を担う林業従事者の確保などについて質疑応答が交わされた経過にありますが、本案については特に異論のないところから、原案のとおり可決すべきものと決せられた次第であります。 

会津若松市議会 2020-09-17 09月17日-一般質問-02号

災害は、大切な家族を初め、自宅、地域のつながりや伝統文化が奪われ、被災者一人一人の喪失感ははかり知れないものがあります。自然災害はいつ起こるかわかりません。起きたときにまず自分の身を守っていくことが重要です。本市では、市民がよりわかりやすいように防災ガイドブックを作成してくださいました。

須賀川市議会 2020-05-12 令和 2年  5月 経済建設常任委員会-05月12日-01号

◎農政課長(鈴木行宏) それでは、農政課から昨年10月に発生いたしました台風第19号豪雨災害に係ります農地施設復旧の状況について御報告いたします。  経済環境部配付資料の1ページ及び2ページのほうを御覧ください。  こちらにつきましては、表のつくりといたしまして、工事種別、それから工事金額等の区分により記載しております。  

棚倉町議会 2020-05-11 05月11日-01号

次に、報告第11号、令和元年度棚倉町事故繰越しの報告についてでありますが、令和元年度一般会計予算において、災害現場で発生した災害ごみが年度内処理できなかったため、台風災害対策事業費665万8,000円を令和2年度へ繰り越したことにより報告するものであります。 

須賀川市議会 2020-04-27 令和 2年  4月 総務常任委員会−04月27日-01号

(5)災害対策・住民の安全安心確保の項目でございます。  災害が起きた際、災害の種類によって、広域連携中枢都市圏の中でどの市町村がどの市町村を支援するかということをあらかじめ定めておき、災害に即時かつ柔軟な市町村間の支援体制を整える必要がございますため、この太枠の項目の表現を一部変更したいということが、この度の連携協約の一部変更の要旨でございます。  

須賀川市議会 2020-04-22 令和 2年  4月 議会運営委員会−04月22日-01号

───────────────────── ◇ ──────────────────── ○委員長(鈴木正勝) 本日の議題は、お手元に配付しております次第に記載のとおり、(1)は、議長諮問事項である議会災害対応の件と先の市議会議員選挙の件についてであり、(2)は、その他として、先月開催いたしました視察報告会の振り返りについてであります。  

喜多方市議会 2020-03-26 令和2年第2回臨時会(1日目) 本文 開催日:2020年03月26日

9款1項5目災害対策費103万円の補正でありますが、防災対策経費で県市長会及び県市議会議長会からの台風19号に伴う見舞金を災害対策金に積み立てるものであります。  次ページをお願いいたします。  10款5項4目文化財保護経費につきましては、埋蔵文化財発掘調査経費に係る委託金を分割して収入することによる財源内訳の変更であります。  次ページをお願いいたします。  

福島市議会 2020-03-25 令和 2年 3月定例会議−03月25日-07号

平成23年1月4日には新庁舎東棟が開庁し、その後、西棟の建設に着手する予定であったものの、東棟が開庁して間もない3月11日、東日本大震災が発生するとともに、その後の東京電力福島第一原子力発電所事故により、本市は地震被害の復旧と原子力災害からの復興を余儀なくされ、西棟建設は延期されることとなりました。