5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

南相馬市議会 2009-12-08 12月08日-03号

いずれにいたしましても、排水能力が、現実的には基盤整備能力が4時間という規定等が技術的にはあるわけですが、現実的には地域にご迷惑をかけていますので、より技術的な方法を構築して、研究させていただきたいと思います。 ○議長小林チイさん) 2番、田中一正君。 ◆2番(田中一正君) 当人によりますと、ほ場整備を行ってから水害が発生するようになったということでございます。 

郡山市議会 2003-06-20 06月20日-02号

引き続き第2回を今月12日に開催し、池周辺排水等状況や池の能力昨年7月の台風6号時の内水検証などの現状についての確認と、池への流入排水路逆流防止、国道4号横断排水路のしゅんせつ、池の水位調整上流部での調整池整備状況など、対策に向けた検討がされました。今後におきましても協議を重ね、地元との連携を密にし、被害の軽減対策等協議に努めてまいりたいと考えております。 

郡山市議会 2002-03-18 03月18日-07号

この古川池を含めた徳定川の改修につきましては、日大上流部放水路を設け、阿武隈川本川へ直接放流することが、治水効果上最優先とされているものでありますが、ご承知のとおり、上流区域徳定土地区画整理事業が停滞しておりますので、現在、準用河川徳定河川改修事業として能力を確保するため、古川池から越水する低い箇所の盛土工事用地協力をお願いをしているところであります。

福島市議会 1996-03-12 平成 8年 3月定例会−03月12日-04号

また、農地につきましては、基盤整備事業の中で畦畔などを高くし、能力を高め、排水路などに地下浸透性を考慮した組み立て水路を用いるなどの対策を引き続き講じてまいる考えでありますので、ご了承願います。 ◎市民生活部長岡實君) 議長市民生活部長。 ○副議長中村冨治君) 市民生活部長。      

いわき市議会 1989-09-11 09月11日-02号

さて、大型開発により土地能力に大きな変化を来し、これが原因で水害地帯になっているような地区が市内で散見されるようになりました。私は、去年6月にもこのことに触れ、白書見直しについて質問をいたしましたが、今回のたび重なる台風の襲来で意を強くしました。水害白書見直しは、急務と思われるが、再度このことについて伺いたいと思います。 

  • 1