159件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

会津若松市議会 2016-03-22 03月22日-委員長報告・質疑・討論・採決-06号

この勘違いと高慢こそが公務員汚職根本原因である。市民より高い給料をもらい、市民より数倍のボーナスをもらい、市民の数倍の退職金をもらい、市民より何万円もの高い年金をもらい、優遇、厚遇されてきた。この結果がこれである。市民は、市職員信頼できるだろうか。市民は、市長の姿勢を信頼できるか。そういう職員市長のつくった政策が市民の声や願いを本当に反映しているはずもない。

須賀川市議会 2009-03-05 平成21年  3月 定例会−03月05日-02号

国政のこととはいえ、以前にも市長に申し上げましたが、福島県政汚職事件を間近で見てこられ、政党の役職にあった立場から、信頼回復についての熱い思いも語っておられた経験をお持ちの市長に対し、市民生活における安心・安全、さらには信頼できる行政執行を願う立場質問をさせていただきます。  まず、大きな1点目、緊急経済対策におけるソフト事業の拡充についてであります。  

福島市議会 2008-11-07 平成20年11月臨時会-11月07日-01号

福島市は、福島県の一連の汚職事件を受け、高落札にならないように適正な入札制度に向けて改革を推進し、平成17年度の平均落札率は97.17%だったものが、平成19年度には平均落札率は91.5%まで下がりました。中には75%という落札もあり、結果として低価格での落札が多数となり、入札の仕組みの見直しがこの間行われてきました。  しかし、今回の入札は前述のとおり高い落札率になっております。

南相馬市議会 2008-09-22 09月22日-03号

大分県の教員採用汚職事件は全国に大きな波紋を投げかけました。採用試験で不正な点数操作により合格した教員採用取り消しにするまでに至りました。このような点を踏まえ、東北6県でも不正防止策を強化する動きが広まっております。この事件教育界だけではなく、公務員採用全般にわたる問題と認識するものであります。

須賀川市議会 2008-09-09 平成20年  9月 定例会-09月09日-02号

大分県で教員採用汚職事件がありました。口ききから始まり、贈収賄点数の改ざんが行われ不正採用が起きたと。その後、関係者は処分され、該当者採用取り消しとなりまして、教育会を揺るがす大きな不正採用事件となったわけであります。  さて、この不正採用教員だけではないだろうと言われております。自治体行政職員採用についても、昔からあるのではないかとうわさされております。

いわき市議会 2008-07-29 07月29日-03号

4番目は、大分県の教員採用汚職事件についてであります。 大分だけにとどまる問題だろうか。多くの本市市民が抱いている疑問であり、対岸の火事とすべき事例ではないと考えております。これほどの汚職も珍しいとの書き出しで、西日本新聞のコラムではこう報じています。大分県の小学校教員採用試験をめぐる贈収賄事件のことだ。

喜多方市議会 2008-06-09 平成20年第4回定例会(2日目) 本文 開催日:2008年06月09日

入札の問題については、本県発注工事をめぐり、2006年10月、談合汚職事件で収賄の罪に問われた佐藤栄佐久知事逮捕されました。公判も本年6月中に最終弁論が行われ、年内にも判決が言い渡される見通しになっているそうであります。県政腐敗の温床となった発注をめぐる談合再発防止に向けた改革基本方針が打ち出され、指名競争入札を廃止し、一般競争入札が全面的に導入され、1年がたちました。

いわき市議会 2008-03-03 03月03日-02号

さて、我が国の現状を見ますと、地球温暖化問題に限らず年金記録漏れや食品偽装問題、防衛省汚職事件など、昨年の世相をあらわす漢字、偽に示されるようなさまざまな不祥事件が発生し、また、原油高や株の下落、新潟県中越沖地震などの自然災害や、連日のように報道される凶悪な事件等により、国民生活の中に大きな不安感が蔓延しているように感じられてならないのであります。

二本松市議会 2007-12-21 12月21日-06号

そのほかに、防衛省汚職にも見られるように、年間4兆数千億円もの軍事費に大胆にメスを入れるべきであります。大企業への特権的減税に応分の負担と軍事費削減という2つの聖域にメスを入れることなしに、住民の暮らしも、地方財政も守れないと考えます。地方自治法第1条には、地方公共団体は、住民福祉の増進を図ることを目的とすると述べています。

いわき市議会 2007-12-13 12月13日-05号

巷間、新聞テレビ等で大変最近皆様の耳や目にも入ってきている、世界にも冠たる日本しにせ料亭吉兆の名をくむ船場吉兆、あるいは大手メーカー、名店のさまざまな食品にかかわる偽装問題、国におきましては年金のさまざまな問題・課題、さらには防衛省事務方トップ逮捕劇にまで発展しました汚職問題、まさに日本国民が等しく偽りに惑わされた、そんな1年であったのかなという気がいたしますが、この議場の外、本日は残念ながら雨

白河市議会 2007-12-12 12月12日-03号

お金のためには何のためらいもなく、人を、社会を欺く詐欺事件偽装事件や「政治とカネ」にまつわる汚職事件などが後を絶ちません。決して悪いことをしてはいけない人が悪いことをしたり、決して起こってはならないことが起こっております。日々私たちは魂を痛めております。 また、国も地方財政赤字は増大し、国家財政地方財政は深刻であります。現実に北海道夕張自治体は破綻いたしました。

二本松市議会 2007-12-12 12月12日-04号

入札制度改革は、公共事業購入品発注する側の政府、地方自治体市長公務員公営企業職員などの主導で行われる官製談合と、業者が行う談合防止を図るためと透明性を高めるために、指名入札制度から一般入札制度導入が進められ、福島県においても県発注工事をめぐる官製談合汚職事件を機に、入札制度改革が進められたところであります。

白河市議会 2007-09-11 09月11日-02号

官吏使命感なく汚職を繰り返している。教育は廃れ、軍備は緩みすぎている。このように言えば、彼らはその方策は金がないから出来ないと言う。そして、益々綱紀が乱れ政令が廃れていく。ここにおいて、一日超然として理財の外に立って義を明らかにして人心を正し、賄賂を禁じて官吏を清くし、古道を尊んで教育を再興し、士気を奮って軍備を整えることを考えよ。施政において天地を貫き、古今において変わらぬ義を明らかにせよ。

本宮市議会 2007-03-12 03月12日-02号

昨年の公共工事談合事件を発端とした佐藤栄佐久知事汚職事件による逮捕、起訴という大変不名誉な事件は、我々県民を失望させ、そして大きな憤りを抱かされたことは、まだ記憶に新しいところであります。その後、和歌山、宮崎と知事による汚職事件が相次いで摘発され、公共工事入札制度というものが大きくクローズアップされたわけであります。 

喜多方市議会 2007-03-07 平成19年第1回定例会(3日目) 本文 開催日:2007年03月07日

さらに、設計価格の算出についてでありますが、県の基準単価、これを参考にして市の設計単価としているということでありますが、いろいろ経済の変動、あるいは談合汚職等の問題がありまして、国も県も見直しが、それが今迫られているのではないかというふうに申し上げたいところであります。本当に今までの単価が適切であったのかと。

郡山市議会 2007-03-07 03月07日-06号

昨年は県の談合事件県政汚職事件などの問題があり、入札制度見直し話題となった年でもありました。福島県では、昨年12月、行財政改革推進本部において、一般競争入札全面的導入を柱とする「入札等制度改革に係わる基本方針」を決定し、公正で透明性の高い入札制度を構築し、県民信頼される清廉・公正な県政を確立することとしております。