1640件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

郡山市議会 2022-12-09 12月09日-05号

東日本大震災原発事故発生を契機として、ごみ排出量が顕著に増え、その後、排出量逓減傾向にありますが、水害地震など災害に起因した災害ごみ排出の余韻なのか、高止まり感があることは否めません。市当局は、我が市のごみ排出量が多い原因をどのように分析しているのか伺います。 次に、ごみ排出量減量がもたらす効果について伺います。

本宮市議会 2022-12-01 12月01日-01号

火災や水害などの様々な自然災害に備え、自主防災組織の設立の促進と既存組織活性化を図ること。 「健やかに元気に暮らせるまちもとみや」を目指し、がん、心疾患などの生活習慣病の予防に向けた知識の普及及び健診結果に応じた保健指導に取り組むこと。 子育て環境充実を図るため、地域で活動する団体の支援や、子育て家庭の多様なニーズに対応した事業を実施すること等であります。 

本宮市議会 2022-09-16 09月16日-05号

和船につきましては、9月11日、日曜日を期限として、1か月以上にわたり鋭意捜索を進めてまいりましたが、発見には至らなかったため、今補正予算に提案させていただくもので、昔から水害に遭ってきた本市において、消防団水防訓練の歴史、伝統を守り、また、水防に対する意識の高揚を図るとともに、水害の恐ろしさを後世へしっかりと引き継ぐために必要なものであります。

矢祭町議会 2022-09-13 09月13日-02号

防災についての水害対策ですけれども、ここでは今、簡単にでいいですけれども、緊急防災計画はできているのか、これはいかがですか。 ○議長藤田玄夫君) 町民福祉課長大森秀一君。 ◎町民福祉課長大森秀一君) ただいまの質問でございますが、緊急防災避難計画というのは、その下にある高齢者弱者避難支援策というようなことでよろしいですか。 ◆3番(大森泰幸君) はい。

二本松市議会 2022-09-12 09月12日-04号

なお、本市では今年度事業として、まるごとまちごとハザードマップの作成を進めておりますが、この事業では、自らが生活する地域水害危険性を実感できるよう、居住地域をまるごとハザードマップと見立て、阿武隈川浸水想定区域内における道路沿いの電柱に最大浸水深を標記した看板を設置して、日常時から看板を確認いただくことで、防災意識向上災害時の迅速な避難行動につなげられるものと考えております。 

郡山市議会 2022-09-12 09月12日-02号

前6月議会でも水害対策についていろいろお尋ねしました。その議論の中で、郡山市の考えていること、それから私の考えていることで共通の部分、一致できる部分があると思って、そのことについてから話を進めていきたいと思います。 

本宮市議会 2022-09-08 09月08日-04号

現職市長として、次期選挙の出馬についてでありますが、市長におかれましては3期目満了が間近になってまいりましたが、就任以来、1期目に東日本大震災と未曽有原子力発電所事故による放射能被害への対応をはじめ、2期目においては本市を襲った水害への対応、3期目においては新型コロナへの対応と心休まることのない大きな事故対応自然災害対応と、本市にとって、今まで経験のない大きな事案が発生したこの11年8か月でなかったかと

郡山市議会 2022-06-23 06月23日-04号

機会としては、本年であれば5月に開催された水害サミットがよい機会なのではないかと考えます。ハード、ソフト両面での防災力向上が図られてきた本市こそ、全国の他市町村の方々が学べるものも多いのではないかと考えます。水害サミットの誘致に向けた取組について、当局の見解をお伺いいたします。 ○塩田義智議長 緑川建設交通部長

郡山市議会 2022-06-22 06月22日-03号

これは水害地震の影響により廃棄物の量が増加したことも一因と考えられますが、本市ごみ排出量は依然として多い状況となってございます。 また、本市ごみ処理に係る費用につきましても、定期的に行う施設修繕等経費も含めますと、1年間で約30億円を要しており、施設維持管理費用の削減や脱炭素社会の実現のためにも、ごみ減量は喫緊の課題であると認識しております。 

矢祭町議会 2022-06-15 06月15日-02号

矢祭町の場合は、どの町も同じようになっているということではないと思いますが、水害に関わった町として、防災倉庫の設置、そして防災の機能の設定ということで進められてきておりますが、実際上、あの防災倉庫の中にどんなものが入っていて、いざそういう緊急事態になったときにどう活用するかということで、住民の中では、今度6月26日ですか、クリーン作戦等があるときに公開したりしながら、消防団方等の関係も含めて、そこで

本宮市議会 2022-06-10 06月10日-02号

これはいろんな方から聞いた話ですけれども、下流の市町村水害が起こるから弁天掘削は行われないんだという話とか、弁天公園は岩山だから掘削が大変だとか、そういうお話がいろいろ聞こえてきました。 もう一度伺いますけれども、過去にも行われていない、行う、さっきシミュレーションという話がありましたけれども、そういう話はなかったんでしょうか。

塙町議会 2022-06-10 06月10日-02号

その中での台風19号でもありましたが、この台風19号の経験を踏まえまして、地域を脅かす水害、土砂災害から暮らしを守る、大規模な災害が発生いたしましても被害を最小限に食い止めるために、県にしっかりと申し入れをして、河川の土砂掘削をお願いします、なかなかやってもらえない。それでは許可をいただければ町でやりたいというお話もさせていただきました。

塙町議会 2022-03-10 03月10日-03号

これは水害に遭うから高台移転です。あそこは人口1万人の庁舎であるけれども、24億円ですよ、見積額。我々が視察した桑折町は23億円です。20億円以下でなんて、役場庁舎ってすごい機能的なものいっぱいつけるので、こども園とはえらい違いです。できるわけがないんです。15億円でできるかできないか、20億円以内でできるんだか。もう一回、町長、判断できないなら総務課長に聞いてください。

塙町議会 2022-03-09 03月09日-02号

これにつきましては、令和3年度、大字塙及び渋井を中心といたします地域水害対策ということで、基本的な計画をしたところでございますが、その計画を受け、今度は下水道事業雨水排水対策下水道を本格的に実施すべく、実施設計委託料として計上してございます。12節委託料におきまして、浸水被害軽減総合計画対策業務委託料3,000万円がそれになります。 

郡山市議会 2022-03-09 03月09日-07号

私は、議長に、ユニバーサルデザインについて、新型コロナウイルス感染症について、危機管理について、水害対策について、子育て支援について、学校図書館について、その他の7項目質問通告をいたしております。議長に通告した内容は、以上です。その他、細かいことについて議長に通告した覚えはありません。この内容に沿って、私は質問をしております。 次の質問に移らせていただきます。 

本宮市議会 2022-03-08 03月08日-03号

水害と地滑りとかの被害がないところ、4番目は日当たり等環境、5番目、子育て世帯の選ぶ要因にも入っているんですが、保育所、小・中学校、病院等が近くにある、職場が近くで住職接近、7番目に食料品などの日用品の買物が利便性を高い。これは、あくまでも車社会中心にして、これは物事を考えていると。住宅取得する人は、こういう地方の場合です。